この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

モバイル決済サービス

2017/02/21


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、モバイル決済サービスのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2016年のモバイル決済サービスの市場規模は、19億5000万円と見込まれている。

 2015年度はICカードの統一規格「EMV」への対応が進められ、安全性が向上したことにより、クレジットカード決済端末(CAT端末)を導入していた店舗で当該サービスへの乗り換えが進んでいる。

 ベンダー別の市場占有率(金額ベース/見込)を見ると、1位はECモールをはじめとする総合Webサービスベンダーでシェア33.3%。EC店舗への提案だけでなく、CAT端末でクレジットカード決済を行っている店舗に対する置き換えも進めており、当該サービス経由の取り扱い額が急速に拡大している。2位のベンダーは28.2%で、展示会やイベント会場でのスポット利用も進み、稼働台数ベースではトップシェアである。3位は23.1%で、小売業だけでなく、電気・ガス、保険などのサービス業もターゲットとしている。

 手数料が負担でクレジットカード決済を導入できなかった店舗での新規導入や、既存CAT端末導入店舗でのリプレース導入に加え、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催や国土交通省による観光立国構想による外国人観光客の増加に伴い、当該サービスを導入してクレジットカード決済に対応する施設や店舗が増加するとみられ、当該市場は引き続き拡大傾向で推移すると予想される。決済手数料は各社で大きな差はなくなりつつあり、今後ベンダーの淘汰(とうた)が始まるだろう。

モバイル決済サービスシェア

モバイル決済サービスシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

モバイル決済サービス/「モバイル決済サービス」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「モバイル決済サービス」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 誤発送の許されない健康診断結果、佐賀県産業医学協会は自動化でリスクを解消 【ピツニーボウズジャパン】 「IFRS9」コンプライアンスを実現するために必要な8ステップ+αとは 【SAS Institute Japan】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 誤発送の許されない健康診断結果、佐賀県産業医学協会は自動化でリスクを解消 「IFRS 9」コンプライアンスを実現するために必要な8ステップ+αとは

「特定業種向けシステム」関連の特集


 こんにちは。Webマーケティングを担当している長野です。本コラムでは「本気で仕事の生産性を高めるに…



 こんにちは。カウンセラーの咲江です。 前回、前々回とメンタルヘルス対策を行うことで良い結果が得られ…



協創モデル実現に向けて動き出した背景、取り組み事例、今後の展望などについて、NTTドコモ 古川氏にお…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

モバイル決済サービス/ 「モバイル決済サービス」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「モバイル決済サービス/ 「モバイル決済サービス」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009458


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ