この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ70超の店舗ネット環境をたった1人で運用できるのか

2017/01/18


 離れた場所にある店舗・支店のネットワーク環境を整え、維持することは、意外と手間がかかるものだ。とりわけ、新店舗を次々とオープンするような成長企業の場合、ネットワークを用意して端末のセッティングを行うだけでかなりの労力が必要になる。また、全店舗に共通の業務アプリケーションなどを使っている場合、更新作業を行うのもひと苦労だ。
 
  こうしたケースで威力を発揮するのが、インターネットを通じてネットワークや端末を管理できるサービスだ。店舗に足を運ばずにネットワーク環境の構築・管理やトラブル対応ができるため、情報システム担当者の負担が大幅に軽くなる。その分、情シスが本来打ち込むべき仕事に集中することができるというわけだ。

※「無線LAN/全店舗のネット管理は1人で十分」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「無線LAN/全店舗のネット管理は1人で十分」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

株式会社スマイルズグループ
従業員数/正社員約290人、アルバイト約1670人(2016年12月末現在)※株式会社スープストックトーキョー含む
売上高/84億5300円(2015年3月期)
事業内容/飲食店・小売店の経営、食料品などの企画・製造・販売など
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

クラウド管理型ネットワークソリューション「Cisco Meraki」
シスコシステムズ
企業サイトへ


課題 導入システム 効果

 情シス部門の人員が少ない中で多くの店舗がオープン。各店のネットワーク環境の構築・維持を省力化 したかった。

 クラウド管理型ネットワークソリューション「Cisco Meraki」(シスコシステムズ合同会社)を導入。

 情シス担当者1人分の工数が削減。基幹業務システムの更新など、本来手がけるべき仕事に集中できるようになった。


1

ネット管理を省力化し「情シスの本業」に打ち込みたかった

 スマイルズは、食べるスープ専門店「Soup Stock Tokyo」を運営することで広く知られている企業だ(現在は子会社のスープストックトーキョーが運営)。他にも、ネクタイ専門店「giraffe(ジラフ)」、セレクトリサイクルショップの「PASS THE BATON(パスザバトン)」、ファミリーレストラン「100本のスプーン」などを展開している。

図1 スマイルズが展開するブランド群とコンセプト、創業からの歴史
図1 スマイルズが展開するブランド群とコンセプト、創業からの歴史
資料提供:スマイルズ
■店舗のネットワーク環境はトラブルが続出、サポートに限界

 同社ではもともとWindows搭載タブレットやPOSシステム、食材の発注に使うハンディターミナルなど、店舗ごとに5台前後の端末を設置。店内の無線LANを通じて本部のシステムと接続する仕組みを採用していた。ところが、経営企画本部 情報システム部 副部長 兼 経営企画室の佐藤一志氏によれば、以前のネットワーク環境には「かなり問題があった」そうだ。ハンディターミナルなどの機材が古かったこともあり、佐藤氏が率いる情シス部門には、毎日のように「ネットがつながらない!」「端末が使えない!」などの苦情が寄せられていたという。   

   ネットワークのトラブルを効率よく解決するためには、問題がどこにあるのか切り分けを行うことが大切だ。例えば、店内の無線LAN環境や、店舗と本部をつなぐインターネット回線が問題なく機能していると分かれば、問題は端末にあるだろうと推測できる。ところが、店舗スタッフはITの知識が不十分な人が多く、佐藤氏が本部からヒアリングしても現場の状況がうまく説明できないケースが目立った。また、本部から各店舗のネットワーク状況を確認する手段もなかったため、佐藤氏はやむを得ず、週に何度も店舗に足を運んでトラブル対応をしていたそうだ。   

   また、スマイルズでは業務効率を向上させるため、仕事のやり方をしばしば変更する。それに応じて社内アプリケーションの更新も頻繁に行うのだが、その作業にもかなりの手間がかかった。さらに、同社では新規店舗を続々とオープンさせていて、新規店舗のネットワーク環境構築に手間がかかるのも悩みの種だったのだ。

コラム:たった2人で社内のネットワーク環境を管理していた

 「私がスマイルズに入社したのは2010年。それまで当社では、店舗のネットワーク環境構築は専門業者に任せていました。ところが、そのやり方には思わず頭をひねってしまう部分が少なくなかったのです。例えばある店舗では、無線LANのアクセスポイントが棚の中に設置されており、棚のトビラを閉めると電波が拾えなくなる状態でした。また、別の店舗ではアクセスポイントが通路近くの床に置かれていたため、蹴飛ばされて頻繁に故障していたのです。

 当時は、私を含めたった2人でネットワークやシステム、アプリケーションの企画・開発・運用保守を行っていました。さらに、情シス部門には、ECの仕組みを新たに構築したりオンプレミスで使っていた業務システムをクラウドに移したりするなど、やるべき

仕事が山積みだったのです。それなのに、頻繁に店舗を訪れてトラブル対応をしなければならないのは苦痛でしたね。こうした業務をできるだけ省力化し、本来打ち込むべき仕事に集中したいと考えていました。

 以前、シスコシステムズが提供していた『OfficeExtend』というサービスなら、こうした問題を解決できたはずでした。これは主にSOHOや在宅向けのサービスで、遠隔地への社用コラボレーション環境を提供するソリューションでした。ところが、これが廃盤になってしまい*、どうしたらいいのかと困っていました」(株式会社スマイルズ 経営企画本部情報システム部副部長兼経営企画室 佐藤一志氏)

情報システムを一手に引き受ける佐藤氏
情報システムを一手に引き受ける佐藤氏
「新店舗でのネットワーク構築や、各店舗で使われている端末の管理、ネットワークトラブルへの対応など、情シスが担当する仕事は膨大でした。これらに時間を取られると、情シスが本来打ち込むべき仕事がどうしてもおろそかになってしまう点が問題でした」(佐藤氏)


* 現在は「Cisco Aironet 1810」シリーズでOfficeExtendアクセスポイントサービスを提供している


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

無線LAN/全店舗のネット管理は1人で十分」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

無線LAN」関連の製品

Ruckus Wireless Smart Wi-Fiソリューション 【ジェイズ・コミュニケーション】 ペーパーレス会議システム「SONOBA COMET」 【CIJ】 セキュリティアプライアンス Aterm SA3500G 【NECプラットフォームズ】
無線LAN ファイル共有 その他ネットワークセキュリティ関連
クライアント端末/パケットごとに電波の強度分布を変化させることで、常に最適な状態での通信を実現する無線LANソリューション。
簡易なサイトサーベイにて導入可能。
参加者のいずれか1台のタブレット端末(iPad)を“発表者”として、資料を共有できるペーパーレス会議システム。 既存ネットワーク構成を変えずに簡単に導入可能。分かりやすい価格設定で中小規模の法人ユーザ向けに最適なUTM(セキュリティアプライアンス)。

無線LAN」関連の特集


企業に無線LANを導入するとどんなセキュリティリスクが待ち受けているのか!?無線LANの危険な側面に…



不慮の事故で突然死んでしまった時に、PC内の誰にも見られたくないファイルを自動で削除してくれる!そん…



営業秘密の漏洩経路…50.3%が“中途退職者”という事実。複雑化した「特権ID」、見て見ぬふりしてい…


「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

無線LAN/ 全店舗のネット管理は1人で十分」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「無線LAN/ 全店舗のネット管理は1人で十分」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009384


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ