ようやく登場!Bluetooth 5で何が変わるのか?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

ようやく登場!Bluetooth 5で何が変わるのか?

2017/03/22


 最新キーワードを5分で理解するこのコーナー、今回のテーマはパーソナルエリア通信の新規格「Bluetooth 5」。Bluetooth 4.2から約2年、メジャーバージョンアップとなったこの規格、間もなく対応機器が続々登場してきます。速度2倍、通信エリア4倍、ブロードキャスト通信容量8倍といいことづくめに見えますが、そのうたい文句をうのみにすると見誤ります。何がこれまでと本当に違うのか、ポイントを押さえておきましょう。

Bluetooth 5

※「Bluetooth 5/ようやく登場!Bluetooth 5で何が変わるのか?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「Bluetooth 5/ようやく登場!Bluetooth 5で何が変わるのか?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

Bluetooth 5って何?

 2016年12月、Bluetooth規格策定組織であるBluetooth SIG(Special Interest Group)が正式に採択したBluetoothの最新コア仕様。Bluetooth 4.0から数えて7年ぶりのメジャーバージョンアップであり、前回のバージョン4.2から約2年ぶりの仕様リリースとなる。
 すでに種々の報道があるとおり、前バージョン(4.2)からの主要な進化ポイントは3点だ。

データレート(通信速度に関連)が倍に当たる2Mbpsと高速化

通信可能エリアが4倍に拡大

ブロードキャスト通信容量が8倍に増大

 しかしこれらの言葉を単純にうのみにすると誤解のもと。それぞれの本当の意味を解説しよう。

1-1

「通信速度2倍」の意味は?

 通信速度の高速化が「最大2Mbps」というところで「あれ?」と思う人もいるかもしれない。2004年リリースのBluetooth 4.0のEDRオプション追加で最大速度は3Mbpsになり、2009年のBluetooth 3.0では無線LANのMAC/PHY層の利用により最大24Mbpsで通信可能なHS(High Speed)オプションが追加されていたはずだ。
 しかし、これらの仕様を採用した機器の利用シーンは実際にほとんど見たことがない人のほうが多いだろう。3Mbpsや24Mbpsという数字は無線LAN規格の高速化の中でかなり見劣りしてしまう。主な適用シーンはキーボードやマウス、スマートデバイス、あるいはスマートデバイスとワイヤレスイヤホンの接続目的に限られ、大量高速データ通信目的での利用はそれほど進まなかったのが実情だ。
 そこでBluetooth SIGは方向転換した。さらなる高速化を断念して「低速でも省電力、遠距離をカバーし、メッシュ接続もできる」規格へと歩むことにしたのだ。そこで登場したのがBluetooth 4.0。別名「Bluetooth Low Energy(以下、BLE/略称)」と呼ばれ、通信速度を1Mbpsに抑えることで消費電力を低減させるものだった。これによりデバイスがボタン電池1個で数カ月以上信号を一方的に送信し続けられる(ブロードキャスト)ほどの省電力性が実現可能になり、ビーコンやBLEタグのような新しい適用領域が開拓されるようになった。
 「通信速度2倍」とは、このBLEの通信速度がバージョン4.2との比較で2倍の2Mbpsになったことを指している。これは以前の高速化とは変調方式が違うのだ。それまではQPSK(4位相偏移変調)による多値化によって一度に多くのビットを送受信する方式が使われてきたが、それが回路を複雑化しコストの高止まりの要因になっていた。また雑音や電波干渉に弱く、到達距離も伸び悩んだ。そこで変調方式をもともと採用していたFSK変調方式に戻し、そのかわり変調速度を倍にすることでデータレートを2倍に向上させた。これはチップ性能を要求するが、スマートデバイスやIoTデバイスに搭載されることによる量産効果でコスト課題はクリアできると考えられたようだ。
 つまりデータレートがこれまでの最高レートの2倍になると誤解してはいけない。従来の高速化オプションとは、利用目的の考え方が違うのだ。具体的に言えば、従来のWi-Fiと競合することを止め、むしろZigbeeやZ-Wave、Wi-SUN、あるいはIEEE 802.11ah(Wi-Fi HaLow)との競合領域を狙った進化である。図1に、各種無線規格の速度と通信エリアに着目したマッピングを示す。

図1 各種無線規格の速度と通信エリアによるマッピング
図1 各種無線規格の速度と通信エリアによるマッピング
資料提供:アンリツ

 図中の「BT ○○」の部分がBluetoothだ。Bluetooth 5の登場によりパーソナルエリア通信のほぼ全体をBluetoothがカバーできると見込まれており、一部でLPWAと呼ばれる(図のオレンジ色)領域とも競合しそうだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/9/30まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 Dyson Supersonic ヘアードライヤー 
●A賞:抽選で1名様
 ASUS エイスース ZenFone 3 ブラック ZE552KL 4GB 64GB (SIMフリー) 
●C賞:抽選で1名様
 SenseAbility Bluetooth Speaker 空中浮遊型Bluetoothスピーカー7色マルチカラータイプ 
●D賞:抽選で3名様
 松阪牛やまと 最高級を手軽に自宅で「松阪牛ギフト券」 
●E賞:抽選で1名様
 サントリー伊右衛門 特茶 500ml×24本

このページの先頭へ
関連キーワード

Bluetooth 5/ようやく登場!Bluetooth 5で何が変わるのか?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Bluetooth 5」関連情報をランダムに表示しています。

Bluetooth 5」関連の製品

遠隔会議用スピーカーフォン「YVC-300」 【ヤマハ】 中・大規模会議 マイクスピーカーシステム「YVC-1000」 【ヤマハ】 iPad用ペーパーレス会議システム 「ZERO COPY Meeting」 【ソフトバンク コマース&サービス】
Web会議 Web会議 その他情報共有システム関連
高性能の適応型エコーキャンセラーを始め、ヤマハが長年培ってきた音声処理技術を数多く搭載。音声とノイズをしっかり仕分けし、スマートフォンの電話利用時にも使える。 マイクとスピーカーを独立させ、低音から高音までクリアに再生できるスピーカーをディスプレイの前に置くことで映像と音声の一体感を生み出し、スムーズなWeb会議を実現。 会議資料の配布・回収が自由自在で、紙資料の良さを十分に生かしたペーパーレス会議システム。資料の配布状態をコントロールできるため、外部流出のリスクも大幅に軽減。

Bluetooth 5」関連の特集


3cmしか飛ばない電波を使う高速無線通信「TransferJet」。認証も暗号化もいらず速度はUSB…



高輝度、小型化、低価格路線をひた走るビジネスプロジェクタ。一方、小スペースでの大画面投射、スマホ対応…



今話題の小型・軽量・低価格PC。果たして企業で導入する価値はあるのか?今までとは違う新しいモバイル、…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Bluetooth 5/ ようやく登場!Bluetooth 5で何が変わるのか?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Bluetooth 5/ ようやく登場!Bluetooth 5で何が変わるのか?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30009383


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ