仕事を奪う略奪者なのか…業務効率化に寄与する「RPA」の現実

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

仕事を奪う略奪者なのか…業務効率化に寄与する「RPA」の現実

2017/03/15


 AIやIoTに続くキーワードとして最近注目されているRPA(Robotic Process Automation)。このRPAと呼ばれるソリューションは、業務の効率化に大きく貢献してくれるものとして多くの期待を集めているが、一部ではAIの議論同様に「我々から仕事を奪っていくのでは」と過激に反応する方もいるようだ。これはある意味真実ではあるものの、本質的な答えとは言えない。そこで今回は、RPAがそもそもどういった位置づけにあるのか紹介していきながら、RPAのソリューション動向について概観していきたい。

RPA

※「RPA/仕事を奪う略奪者なのか…業務効率化に寄与する「RPA」の現実」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「RPA/仕事を奪う略奪者なのか…業務効率化に寄与する「RPA」の現実」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

安部 慶喜

戦略ビジネスユニット 執行役員 安部 慶喜(Yoshinobu Abe)

アビームコンサルティング株式会社 企業サイトへ
アナリストファイル #091

 製造業、卸売業、サービス業、運輸業、銀行、保険、エネルギー業界等、各種業界向けに、経営戦略立案、制度・業務改革、組織改革、ERP導入、法制度対応、成功報酬型コストリダクション、新規事業支援等、幅広い領域でコンサルティング業務に従事。 RPAサービス全体責任者として、多数の企業へのRPA導入を実現。



1

RPAの基礎知識

■RPAの世界

 RPAは、文字通り“ロボットを用いて業務プロセスを自動化するための仕組み”であり、これまで人間が行ってきた作業を人間に代わって実行してくれる業務自動化技術、およびツール群を指す。ともすれば生産現場で動く工業ロボットやPepperなどの人型ロボットのようなイメージを持つ人もいるが、RPAはあくまでソフトウェアそのものであり、サーバーやPCなどコンピュータの上で動作する。ただし、財務会計パッケージや営業支援ツールなど、いわゆる業務特化として正規化されたソフトウェアとは異なり、人が行う業務はすべてこのRPAの対象となってくるのが特徴だ。ようは、人がやっている作業と同じことを行うという意味で、RPAは仮想労働者(デジタルレイバー:Digital Labor)とも評されている。もっとわかりやすく言えば、“絶対に命令通りにしかしない、ものすごく処理速度の速い部下”というのがRPAの本質だ。  

 実はAIとの違いもよく話題になりがちだが、RPAの大きなくくりの中にAIやIoTなどの一部が入ってくる部分はあるものの、現段階ではAIが持つ機能を使ってRPAに何かの判断をゆだねることはない。命令されたプロセス通りに動いていくものがRPAであり、いわばAIが頭脳であればRPAは手足といったイメージだろう。実際にAIとRPAを組み合わせる例としては、機械学習を行うAIエンジンに対して手足となるRPAが情報を与え、そしてAIからもたらされた答えを業務で使う際に再びRPAを利用する、といった例がわかりやすい。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

RPA/仕事を奪う略奪者なのか…業務効率化に寄与する「RPA」の現実」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「RPA」関連情報をランダムに表示しています。

RPA」関連の製品

Windows操作ロボット 「WinActor」 【NTTデータビジネスブレインズ】 製造業向け クラウド対応ERPパッケージ i-PALET生産管理 【BSNアイネット】 RPAを「ブラックボックス」にさせない、RPAを利用するための最適解 【株式会社クレオ】
その他PCソフト関連 ERP その他開発関連
さまざまなアプリケーションを自動化可能な純国産RPAツール。ユーザー部門でも直感的に操作が可能なGUIを装備。コンパクト設計でスモールスタートにも最適。 製造業向けに特化したERPパッケージ。個別受注/見込み生産の両形態に対応し、生産進捗状況が一目で確認できる。IoT/M2MデータやRPAなどと連携したシステム構築も可能。 RPAを「ブラックボックス」にさせない、RPAを利用するための最適解

RPA」関連の特集


RPAの活用現場では、想定以上にコストがかかる、ロボットが止まる、他人が作成したロボットをメンテナン…



全社約7000人の従業員を抱える電通では、全社を対象とした大規模導入を行い、約600もの業務へのRP…



現在の人事管理システム、そもそも制度や組織面の課題はどこに? 自社の人事労務管理の課題や要望について…


RPA」関連のセミナー

自動化の戦国時代!今だからこそ運用業務の自動化! 【主催:アシスト】  

開催日 12月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「システムの多様化」「人手不足」「ユーザ要求の増加」...皆様が行っている運用業務が今後どうなっていくか想像してみてください。環境が変化する中、皆様が抱える運用…

電子帳簿保存セミナー 大阪開催(午前の部・午後の部) 【JFEシステムズ】  

開催日 11月9日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

スキャナ保存規制緩和から3年、約1500件の申請・承認がされ、取引紙書類の電子化の取組みは多くの企業で進んでいます。本セミナーでは、午前の部・午後の部と分け、最…

AutoMate(RPA)ハンズオンセミナー 【NDIソリューションズ】  

開催日 10月5日(金),11月2日(金),11月9日(金),11月16日(金),11月21日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

政府主導で、提唱されている『働き方改革』は、一億総括躍社会の実現に向けた最大のチャレンジです。ICT分野では、多くの企業がそれを実現するための手段として、AI・…

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

RPA/ 仕事を奪う略奪者なのか…業務効率化に寄与する「RPA」の現実」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「RPA/ 仕事を奪う略奪者なのか…業務効率化に寄与する「RPA」の現実」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30009377


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ