ISDN移行から考えるネットワーク最適化のススメ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

ISDN移行から考えるネットワーク最適化のススメ

2017/02/15


 1988年に始まったディジタルネットワーク網サービス「INSネット64」を皮切りに、多くの企業に導入が進んだISDN(Integrated Services Digital Network)サービス。総合ディジタル通信網と呼ばれるこのISDNだが、INSネットを利用してデータ通信を行う「ディジタル通信モード」が2020年後半をめどに終わりを迎えることが発表されている。実際にISDNは現在でも多くの企業で利用されており、利用企業は時期を見て移行について検討する必要に迫られるはずだ。そこで今回は、日本のデータ通信を支えてきたISDNにまつわる動向について振り返りながら、ISDN移行に向けた最適解について改めて考えてみたい。

ISDN

※「ISDN/ISDN移行から考えるネットワーク最適化のススメ」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ISDN/ISDN移行から考えるネットワーク最適化のススメ」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

草野 賢一

コミュニケーションズ グループマネージャー 草野 賢一(Kenichi Kusano)

IDC Japan株式会社企業サイトへ
アナリストファイル #024

国内ルーター、イーサネットスイッチ、無線LAN機器、ADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)、SDN、NFVなど国内ネットワーク機器市場の調査を担当。ベンダー調査に加え、ユーザー調査やチャネル調査にも携わり、それらの調査結果をベースに、国内ネットワーク機器市場の動向を検証、市場動向の分析および予測を提供する他、様々なカスタム調査を実施している。
IDC Japan入社前は、エンジニアとしてユーザー企業のネットワークの設計、構築を担当。商品企画にも携わる。



1

ISDNが終わりを迎える理由

■2010年に行われたISDN終了のアナウンス

 1988年に当時の日本電信電話株式会社がサービスをスタートさせた総合ディジタル通信網サービス「INSネット64」。ISDNサービスとして日本で初めて登場したこのサービスは、企業のデジタル化を大きく後押しするサービスの1つとして多くの企業で導入されてきた。このINSネットは1本のメタル回線で音声やデータがやり取りできるサービスであり、ディジタル通信、通話、パケット通信の各モードが利用可能な64kbpsの速度を実現する「Bチャネル」と、パケット通信のみを可能とする16kbpsの「Dチャネル」が用意されている(INSネット64の場合)。このISDNのコアネットワークには、固定電話の交換網である加入電話回線ネットワーク、いわゆるPSTN(Public Switched Telephone Networks)が利用されている。

 このISDNサービスとして提供されてきたINSネットだが、2010年10月に東日本電信電話株式会社および西日本電信電話株式会社が発表した概括的展望の中で、2020年にはディジタル通信、通話、パケット通信のうちディジタル通信モードのサービスを終了する考えであることが示された。これは、コアネットワークとして利用しているPSTNをIP網にマイグレーションするためで、IP網では帯域保証をはじめとしたISDNが誇る高い品質基準を満たすことができないことがその理由だ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ISDN/ISDN移行から考えるネットワーク最適化のススメ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ISDN」関連情報をランダムに表示しています。

ISDN」関連の製品

全銀TCP/IPアダプタ BroadZT 【システム・エンジニアリング・サービス】 EDIシステムに迫りくる「2024年問題」――情シスを救うその解決策とは? 【ワイ・ディ・シー】 VPN対応高速アクセスルータ 「UNIVERGE IXシリーズ」 【NEC】
特定業種向けシステム EDI ルーター
全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。 EDIシステムに迫りくる「2024年問題」――情シスを救うその解決策とは? 各種VPN網に対応する高速アクセスルータ。OpenFlow 1.3.1に対応した「SDN Ready」製品であり、将来のSDNへの移行もスムーズ。

ISDN」関連の特集


遠隔地間の通信が可能な背景には、通信事業者が提供するネットワーク「WAN」がある。各種WANサービス…



システムの原型となるテレビ電話が登場してから半世紀が経過した今、ビデオ会議はどう進化しているのか?最…



「メールの送信完了までに1分はかかっていた…」まさかこの時代に…と思うが、山間部や海岸沿いでは低速回…


「ISDN/専用線」関連の特集


2020年後半をめどにISDNがサービス終息を迎えようとしている。いまだ企業用途の多いISDNの移行…



ネットワーク今昔物語「専用線サービス昔編」では、デジタル専用線の登場からフレーム・セルリレーの仕組み…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ISDN/ ISDN移行から考えるネットワーク最適化のススメ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ISDN/ ISDN移行から考えるネットワーク最適化のススメ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30009376


IT・IT製品TOP > 通信サービス > ISDN/専用線 > ISDN/専用線のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ