何ペタまで自力でバックアップするつもり?巨大化するファイルサーバは「自前で運用しない」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

何ペタまで自力でバックアップするつもり?
巨大化するファイルサーバは「自前で運用しない」

2017/02/13

 地味ながら業務遂行に欠かせないシステムが、ファイルサーバだ。個々の社員や部門・チーム単位でビジネスコンテンツを保管・共有するのにうってつけのシステムではあるが、データ容量の増大などに伴い、その運用負荷は情シス部門にとって重荷となりつつある。そこでここでは、思い切って運用までを含めてファイルサーバを“外出し”することを念頭に置き、ファイルサーバとしての機能を備え、運用までを任せることのできる、代表的な企業向けクラウドストレージサービスを紹介したい。

ファイルサーバ

※「ファイルサーバ/何ペタまで自力でバックアップするつもり?巨大化するファイルサーバは「自前で運用しない」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ファイルサーバ/何ペタまで自力でバックアップするつもり?巨大化するファイルサーバは「自前で運用しない」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1「巨大化するファイルサーバをどこまで自前で運用するのか」問題

 前回は、拡張で済ませがちなファイルサーバの置き換えとして、新しい選択肢が出てきたことを紹介した。今回はその例として2つのサービスを題材に、新しい選択肢の特性を見ていく。

 多くの企業にとってオンプレミスでのファイルサーバの運用は見直すべき時期に来ているといえる理由は複数ある。ビジネスコンテンツの容量増加に伴う設備増強コスト、セキュリティ対策の高度化・複雑化、そして運用管理に掛かる人的負荷やコストの増大などだ。これらの課題は今後さらに深刻化するとみられる上、情シスの役割が、これまでの各種業務支援から、ビジネスそのものの拡大へとシフトしつつあるなか、ファイルサーバは企業が抱えるレガシーなシステムの中でも“お荷物”の筆頭格となりつつあるのだ。  

 このような背景から、ファイルサーバを運用管理まで含めて自社の外へと出してしまおうという動きがある。そこで導入されているのが、ファイルサーバ機能を備え、マネージドサービスも提供するサービスや、企業向けクラウドストレージサービスである。こうしたサービスは、クラウドであるだけに、海外を含めた多拠点での展開や、BCP(事業継続計画)、在宅勤務やモバイルワークのようなワークスタイル変革、といった新しいニーズとも親和性が高いのも特徴だ。

1-1企業向け“クラウドファイルサーバサービス”

 本稿で題材とするTOKAIコミュニケーションズの「OneOffice クラウドファイルサーバ」は、その名称からも分かる通り、ファイルサーバ機能に特化した企業向けクラウドサービスである。企業ネットワーク内のクライアントPCからVPN(Virtual Private Network)や専用線(BroadLine)などのネットワークを経由して、TOKAIコミュニケーションズのデータセンター(BroadCenter)に接続することで、同データセンター内の大容量ストレージを、自社ファイルサーバのように利用することができる(図1)。

図1 「OneOffice クラウドファイルサーバ」の利用イメージ
図1 「OneOffice クラウドファイルサーバ」の利用イメージ
 一般的なクラウドサービスのメリットでもあるが、「OneOffice クラウドファイルサーバ」も初期投資を抑えたスモールスタートが可能である。高機能・大容量のファイルサーバを、500GB・月額4万円(80円/GB)から必要な時に必要な分だけ利用することができるようになっている
資料提供:TOKAIコミュニケーションズ

 このサービスを利用することで、データ容量増加に伴うディスクや機器の増設、OSのパッチ当て作業などといったファイルサーバ運用は、情シスから手離れすることになる。むろん、サイジングやハードウェア調達計画なども必要がなくなるので、情報システム部門の人的リソースを他の業務に割り振ることができるようになる利点がある。

 ファイルサーバの運用に人員を潤沢に割り当てられないが、既存の構成で安定した運用を継続したいといった場合には、こうしたサービスを検討すると良いだろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

◆関連記事を探す

ファイルサーバ/何ペタまで自力でバックアップするつもり?巨大化するファイルサーバは「自前で運用しない」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイルサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

ファイルサーバ」関連の製品

ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013 【ソフトバンク コマース&サービス】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】
ID管理 アンチウイルス サーバー管理
デジタルアイデンティティ管理機能、拡張RBACモデルによるロールベースのアクセス管理機能等を提供するオールインワンのID管理ソリューション。 クラウド型の管理機能によって、全てのデスクトップ、ノートパソコン、サーバに必要な保護を容易に導入・運用可能なエンドポイントセキュリティ。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。

ファイルサーバ」関連の特集


 最終回の今回は、前回までで説明した、情報資産、電子ファイルに対する「重要度の識別」を習慣化させるこ…



「セキュリティ対策が最優先!」トップコミットメントが生んだガチガチのセキュリティ対策の中で、業務の効…



ストレージシステムの使用効率を改善するために開発された技術「ストレージ仮想化」。最新の同ツールの注目…


ファイルサーバ」関連のセミナー

コンテンツを活用すれば生産性アップが実現できる! in 名古屋 【リックソフト】  

開催日 8月3日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

人口減少が深刻な社会現象となっており、人材確保が難しい中でホワイトカラーの生産性を向上させ、グローバルにも対応できる「新しい働きかた」が必要になってきています。…

人工知能を賢く使おう!〜チャットボット/Box/Watson活用術〜 【JBCC】 締切間近 

開催日 7月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

第三次ブームと言われるほど人工知能への関心が急速に高まっています。人工知能の社会生活上での利用は急激に拡大しつつありますが、既に市場では具体的な利用というものが…

巧妙化する標的型攻撃に必要な対策とは 【主催:アシスト 】 締切間近 

開催日 7月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃を完全に"防御"することは難しいため、マルウェアに侵入されることを前提とした多層防御が必須となります。ただセキュリティ対策にかけられる資源は…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ファイルサーバ/ 何ペタまで自力でバックアップするつもり?巨大化するファイルサーバは「自前で運用しない」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ファイルサーバ/ 何ペタまで自力でバックアップするつもり?巨大化するファイルサーバは「自前で運用しない」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30009368


IT・IT製品TOP > サーバー > ファイルサーバ > ファイルサーバのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ