現代版UCが続々登場! これまでのUCとは何が違うのか?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

現代版UCが続々登場! これまでのUCとは何が違うのか?

2017/01/23

 ビジネスの主たるコミュニケーション手段として長らく使われてきた電話に加え、メールやチャット、ビデオ会議など、IT技術を駆使した多様なコミュニケーション手段を1つに統合し、ビジネスにおけるコミュニケーション効率の大幅アップを図るユニファイドコミュニケーション(UC:Unified Communication)。近年になり、再びUCのコンセプトが注目を集めつつある。現代版のUCとはどのようなものなのか、最新動向を追ってみよう。

ユニファイドコミュニケーション

※「ユニファイドコミュニケーション/現代版UCが続々登場! これまでのUCとは何が違うのか?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ユニファイドコミュニケーション/現代版UCが続々登場! これまでのUCとは何が違うのか?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1再び脚光を浴びるユニファイドコミュニケーション(UC)

 ユニファイドコミュニケーション(UC:Unified Communication)とは、ご存じの通り電話やメール、チャット、ビデオ会議など、IT技術を駆使した多様なコミュニケーション手段を1つに統合し、コミュニケーション効率の大幅アップを図るソリューションだ。

 約10年前、このUCが大きくクローズアップされた際は多くの企業が実際にシステムを導入し、生産性アップやコスト削減など一定の成果を上げることに成功した。しかし、UCの環境構築には多額の初期投資を要したこともあり、大企業のニーズが一巡した後は、UCの名前を聞く機会はめっきり減った。  

 しかし近年になり、再びUCのコンセプトが注目を集めつつある。数年前より、大手ITベンダーからコミュニケーションやコラボレーションの活性化をうたったさまざまなツールやソリューションが提供されるようになり、またそれらを実際に導入して成果を上げる事例も増えてきた。その多くは「UC」という名前は使わず、「コミュニケーションツール」「コラボレーションツール」といった呼称を用いているが、大本のコンセプトはUCに起源を見いだすことができる。  

 ここへ来てこうした動きが出てきた背景には、以下のような事情がある。

1-1個人向けコミュニケーションツールの普及

 FacebookやtwitterをはじめとするSNSツール、また日本の若年層を中心に普及したチャットツール「LINE」などの各種コミュニケーションツールは、今や私たちの生活にとって不可欠な存在となっている。それに伴い、これらの使い慣れた個人向けツールの利便性や使い勝手を、ビジネスシーンにも持ち込みたいと考えるビジネスパースンが増えてきた。事実、LINEを使って業務連絡を取り合うワークスタイルも、決して珍しいものではなくなってきている。しかし一方で、こうした個人向けツールはセキュリティや管理性の面で必ずしもビジネス利用に適しているとはいえない面もある。そこで、コンシューマー向けツールの利便性や使い勝手と、ビジネス利用にふさわしい安全性や信頼性を併せ持つ新たなビジネス用コミュニケーションツールが求められるようになってきた。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ユニファイドコミュニケーション/現代版UCが続々登場! これまでのUCとは何が違うのか?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ユニファイドコミュニケーション」関連情報をランダムに表示しています。

ユニファイドコミュニケーション」関連の製品

ポリコムHDビデオ会議ソリューション 【エイチ・シー・ネットワークス】 シスコビデオ会議ソリューション 【エイチ・シー・ネットワークス】 Revolabs USBスピーカーフォン「FLX UC 500」 【ヤマハ】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 Web会議
HDビデオ会議システムと、多地点会議管理アプライアンスConference@Adapter(R)(カンファレンス・アダプタ)により、ビデオ会議の運営管理を容易にするソリューション。 シスコのビデオ会議に関するソリューションを提供。 6人程度の中規模Web会議に最適。話者に負担の少ない高性能マイクと高音質スピーカーで快適な遠隔コミュニケーションが可能。

ユニファイドコミュニケーション」関連の特集


キーマンズネット会員、299人にユニファイドコミュニケーションの導入状況について調査した結果をお届け…



多くの企業で導入し始め、手軽にコミュニケーションを行う手段として広く認知されているWeb会議。今回は…



クラウド時代に問い直される情シス部門の存在価値。「データサイエンティスト」の役割を担うことで拓ける情…


「その他通信サービス関連」関連の製品

J-ALERT対応一体型受信機 「JARS-2000」 【センチュリー・システムズ】
その他通信サービス関連
全国瞬時警報システム(Jアラート)に対応する衛星受信モデム/解析処理/アプリケーション一体型の受信装置。2016年度に消防庁が公表した要件を満たしている。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ユニファイドコミュニケーション/ 現代版UCが続々登場! これまでのUCとは何が違うのか?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ユニファイドコミュニケーション/ 現代版UCが続々登場! これまでのUCとは何が違うのか?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009365


IT・IT製品TOP > 通信サービス > その他通信サービス関連 > その他通信サービス関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ