企業におけるワークスタイルの変革状況(2017年)・前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

企業におけるワークスタイルの変革状況(2017年)・前編

2017/03/16


 キーマンズネットでは、2017年2月1日〜21日にかけて「企業におけるワークスタイルの変革状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:426)。  

 回答者の顔ぶれは、企業規模別では、従業員数が1000を超える大企業が46.9%、同101〜1000人以下の中堅企業が36.2%、同100人以下の中小企業が16.9%という構成比となっており、業種別では、IT製品関連業が48.1%、IT関連外の製造業が25.8%、流通・サービス業全般が19.7%、公共機関を含むその他の業種が6.3%という構成比であった。また、役職別では、経営者・役員相当が3.8%、部長職相当が11.5%、課長職相当が24.9%、係長・主任職相当が23.9%、スタッフ職が27.9%、その他が8.0%という構成比となっており、IT関連の製品・ソリューション導入に関する立場については、「情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場」が30.8%、「一般部門で主にユーザーとして利用する立場」が31.5%、「顧客に販売するベンダー・SIerとしての立場」が27.5%、その他が10.3%という構成比となっている。
  

 今回は、「ワークスタイルの変革への対応状況」について聞いた調査結果を前・後編に分けて紹介する。前編では主に、「各部門におけるワークスタイル変革に関するニーズの有無」及び「回答者自身のワークスタイル変革に対する考え」「ワークスタイル変革の目的」などを明らかにする。  

 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値は丸め誤差により一致しない場合があることをあらかじめご了承いただきたい。

※「テレワーク/企業におけるワークスタイルの変革状況(2017年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「テレワーク/企業におけるワークスタイルの変革状況(2017年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

ワークスタイルを変えたいという思いは子育てや介護を背負っている立場に多い

 最初に、「各部門におけるワークスタイル変革に関するニーズの有無」を、経営部門、人事部門、情報システム部門、営業などの社外活動が多い部門の4部門に分けて聞いたところ――どの部門とも、「具体的なニーズがある(ニーズが顕在化している)」が2割前後、「必要性は認識しているが……」が6割前後、「必要性を感じていない」が2割前後という共通した結果を得た。一方で、意外にも人事部門が他の部門に比べて「必要性を感じていない」とした割合が20.9%と高くなっている。  

 また、「具体的なニーズがある」とした割合は、子育て世代や介護世代ではそれぞれ21.6%と25.4%に上ったが、それ以外の世代では11.7%に止まった。

図1 各部門におけるワークスタイル変革に関するニーズの有無(単一回答)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 各部門におけるワークスタイル変革に関するニーズの有無(単一回答)

 そこで、「ニーズの有無」を受けて、「職場でのワークスタイル変革への取り組み状況」を聞いたところ――全体では、「変革へのニーズを感じており、現在、取り組みを推進している最中である(42.3%)」と「変革へのニーズを感じているが、取り組みを実施する段階には至っていない(39.7%)」に二分されたが、その比率は大企業ではおよそ7:1、中堅企業ではおよそ4:6、中・小企業ではおよそ2:8となっており、企業規模による違いが大きいことも分かった。

図2 職場でのワークスタイル変革への取り組み状況(単一回答)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 職場でのワークスタイル変革への取り組み状況(単一回答)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

テレワーク/企業におけるワークスタイルの変革状況(2017年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テレワーク」関連情報をランダムに表示しています。

テレワーク」関連の製品

相性が悪い仮想デスクトップとWeb会議、この問題を解決する画期的な手段とは 【新日鉄住金ソリューションズ株式会社】 テレワークやBYODを低コストかつ安全に実現するシンクライアント活用術 【日本ナレッジ】 現場ニーズに合わせて自由にカスタマイズ可能、業務効率化モバイルアプリ 【ユニフィニティー】
VDI シンクライアント 開発ツール
相性が悪い仮想デスクトップとWeb会議、この問題を解決する画期的な手段とは 安全かつ運用も楽な働き方改革を実現――USB型シンクライアントの実力 現場ニーズに合わせて自由にカスタマイズ可能、業務効率化モバイルアプリ

テレワーク」関連の特集


 BCP(事業継続計画)や人材確保の観点から、在宅勤務など場所や時間に捉われない働き方に注目が集まっ…



酷暑が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。8月中旬に夏休みを頂き、和歌山県にある私の…



勤務時間を管理するために役立つ「勤怠管理ツール」。ここでは、本ツールがどのような基本機能を持っている…


テレワーク」関連のセミナー

キヤノンSAS 『ITSolutionFor2017in熊本』 【キヤノンシステムアンドサポート】  

開催日 10月17日(火)   開催地 熊本県   参加費 無料

キヤノンSASでは2017年10月17日(火)に 『 IT SolutionFor2017in熊本 』を開催いたします。この度、キヤノンSASでは企業の抱える【…

「テレワーク運用の実際」成功させるカギはセキュリティ。 【ソリトンシステムズ】 締切間近 

開催日 9月21日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

 働き方改革を進める中で、求められるテレワーク。業務情報の漏洩リスクへの対策なくして、テレワークの導入は進みません。一方で、利用者にセキュリティ対策の負担や運用…

職場意識改善助成金(テレワークコース)活用セミナー:大阪 【カコムス】  

開催日 9月20日(水),10月13日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

□職場意識改善助成金(テレワークコース)活用セミナー 相談会中小企業の皆様チャンスです!!厚生労働省の職場意識改善助成金(テレワークコース)を活用して、「Off…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

テレワーク/ 企業におけるワークスタイルの変革状況(2017年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「テレワーク/ 企業におけるワークスタイルの変革状況(2017年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009361


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ