企業におけるファイルサーバの利用状況(2016年)・後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

企業におけるファイルサーバの利用状況(2016年)・後編

2017/02/09


 キーマンズネットでは、2016年11月21〜30日にかけて「企業におけるファイルサーバの利用状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:381)。  

 回答者の顔ぶれは、企業規模別では、従業員数が1000人を超える大企業が39.9%、101〜1000人以下の中堅企業が37.8%、100人以下の中・小企業が22.2%、業種別では、IT製品関連業が44.1%、IT関連外の製造業が31.4%、流通・サービス業全般が15.1%、公共機関を含むその他の業種が9.5%という構成比であった。  

 今回は、「ファイルサーバの利用状況」について聞いた調査結果を前・後編に分けてお届けする。前編では主に、「ファイルサーバの利用状況」「満足度」「導入またはリプレース予定の有無」を紹介した。  

 後編である本稿では、より具体的に「ファイルサーバに対する不満(課題)」「ファイルサーバのリプレースや見直しの実施状況」「ファイルサーバ代替サービスの検討状況」などについて明らかにしていく。  

 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があることを予めご了承いただきたい。

※「ファイルサーバ/企業におけるファイルサーバの利用状況(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ファイルサーバ/企業におけるファイルサーバの利用状況(2016年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

不満がないわけではない――容量、管理、アクセス性

 前編では、回答者のほとんどが業務でファイルサーバを利用しているにも関わらず、大きな不満や特段の拘りもなさそうで、現状維持ムードが強いことが分かった。  

 そこでまず、ファイルサーバを利用しているとした回答者(n=323)に「現在利用しているファイルサーバにどのような不満(課題)があるか(複数回答)」を聞いたところ、323人中277人が何らかの不満(課題)を選択した。その内訳は、多い順に「容量が足りない(52.0%)」「持ち主不明のファイルを管理できない(45.1%)」「社内からしかアクセスができない(34.7%)」「組織改編に追従したディレクトリ管理が煩雑(30.0%)」となった(図1)。

図1 現在利用しているファイルサーバにどのような不満(課題)があるか(複数回答)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 現在利用しているファイルサーバにどのような不満(課題)があるか(複数回答)

 第1位の「容量」に関する不満(課題)の詳細をフリーコメントから拾ってみると、「フォルダごとの容量制限」「ユーザー単位の容量制限がある」といったあたりにその原因があるようだ。  

 第2位の「持ち主不明のファイルを管理できない」は、誰しもが実感しやすい点だろう。多くの企業で、「更新されている記録はないが、削除していいかどうか判断できない」「作成者が退職してしまい、現時点で所有者(管理者)が分からない」といったファイルが多数存在していることが容易に想像できる。こうしたファイルは増える一方であることが多く、増えれば増えるだけ、第1位の「容量が足りない」状況を悪化させることにもなり、かなり厄介な問題である。実際、フリーコメントの中には「ファイルが重複している」「同じファイルが複数箇所に点在しているが、現実的には整理ができず増えていく一方で減ることはない」というコメントが見られた。  

 また、その他の具体的な回答として、「柔軟なアクセス権が設定できない」「権限設定を行うと管理しきれない」「複数人で共有できない」「レスポンスが遅いときがある」「アップロード、ダウンロードが遅い」「アクセスが集中すると共有ファイルが開けなくなる」「検索性が悪い」といった不便さを指摘する声が挙がっている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ファイルサーバ/企業におけるファイルサーバの利用状況(2016年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイルサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

ファイルサーバ」関連の製品

クラウド導入運用サービス For Microsoft Azure 【CTCシステムマネジメント】 内部ネットワーク監視ソリューション「VISUACT」 【ギガ+他】 ファイルサーバー統合管理システムGDMS3.0 【ジャストシステム】
運用系業務アウトソーシング 統合ログ管理 サーバー管理
マイクロソフト社のパブリッククラウド「Microsoft Azure」を活用し、クラウド基盤のシステム構築から、運用・監視まで、移行を含めてワンストップで提供するサービス。 ・ファイルサーバのアクセスログを生成する
・内部ネットワークに侵入したマルウェアの拡散活動を記録する
肥大化したファイルサーバーを素早く「状況把握」「分析」「整理」し、肥大化対策とセキュリティ管理の自動化を実現するシステム。

ファイルサーバ」関連の特集


電子メールの仕組み、本当に理解していますか?SMTP、POP3、IMAP4などのプロトコルも…今一度…



セキュリティ面では放っておかれがちなPOS端末や複合機を狙ったウイルス感染が日本でも増加…組込みシス…



 最終回である今回は、前回までに説明した、電子ファイルの仕分けや棚卸しの対策における悩みや問題点、も…


ファイルサーバ」関連のセミナー

インターネット分離のダブルブラウザセミナー 【主催:アシスト】  

開催日 4月19日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

狙われたら防げない標的型サイバー攻撃、感染端末やファイルサーバの情報を人質にとられるランサムウェア、これらの脅威から情報を守るため「インターネット分離」を注目さ…

今、求められるファイルサーバ、クラウドストレージ活用セミナー 【日立ソリューションズ】  

開催日 3月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

日々作られる業務データや長年に渡り蓄積された会社資産のデータで容量が増加し続けるファイルサーバ。管理者としては容量の節約、情報漏洩対策など「ファイルサーバの運用…

巧妙化する標的型攻撃に必要な対策とは 【主催:アシスト 】 締切間近 

開催日 3月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

標的型攻撃を完全に"防御"することは難しいため、マルウェアに侵入されることを前提とした多重のデータ保護(内部対策)や、マルウェアが組織内に存在するか否か、存在す…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ファイルサーバ/ 企業におけるファイルサーバの利用状況(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ファイルサーバ/ 企業におけるファイルサーバの利用状況(2016年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009356


IT・IT製品TOP > サーバー > ファイルサーバ > ファイルサーバのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ