情報通信研究機関に潜入!宇宙天気予報とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


池澤あやかと“ミライ”を試そう

 今回は、日本唯一の情報通信分野の公的研究機関である国立研究開発法人情報通信研究機構(略称NICT:National Institute of Information and Communications Technologyの略。以下NICTと表記)の最新研究成果を一般向けに公開する、年に一度の「NICTオープンハウス」イベントに参加してきました。さまざまな分野の研究のデモンストレーションや講演が行われていましたが、特に「宇宙天気予報」と「衛星と地表間の高速光通信」の2つの先端的な研究の一端に触れることができました。前後編に分けてその様子をレポートします。
■宇宙にも「天気」がある! 太陽活動の影響が通信に……!
 NICTオープンハウスの「ラボツアー」の一覧で発見したのが「宇宙天気予報会議」という文字。「宇宙天気」? 初めて聞いたワードです。風も雲もない大気圏外に天気が……? しかも気象庁の天気予報のように、「宇宙天気」を毎日の会議で議論して公表しているというのです。いったいどんなデータを基にして、何を予想しているのか? 予報の情報は誰が、何のために活用しているのか? それらを明らかにすべく、毎日定刻に開かれるという「宇宙天気予報会議」に参加することにしました。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

NICT/情報通信研究機関に潜入!宇宙天気予報とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NICT」関連情報をランダムに表示しています。

NICT」関連の製品

Webフィルタリングソフト InterSafe WebFilter 【アルプス システム インテグレーション】
フィルタリング
Webの閲覧やSNS、Webメール等の利用を規制・管理するソフトウェア。携帯キャリア独占の高品質データベースと使いやすさにこだわったログ分析機能を搭載。

NICT」関連の特集


現在市販されている無線LAN製品の“約130倍”の速さを実現する新世代の無線伝送技術技術に迫ります!



短時間での解析が困難だった「ゲリラ豪雨」を正確に予測できるシステムをNICTが開発。高精度で結果を導…



中央制御装置なしで端末同士がネットワークを自動構成する「PAC」が登場!IEEE 802.15.8規…


このページの先頭へ

NICT/情報通信研究機関に潜入!宇宙天気予報とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「NICT/情報通信研究機関に潜入!宇宙天気予報とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009333



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ