企業向けメッセージングアプリとコミュニケーションツールの違い

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


企業向けメッセージングアプリとコミュニケーションツールの違い

情報共有システム・コミュニケーションツール 2016/10/27

 メッセージングアプリ(またはチャットアプリ)といえば、まず思い浮かぶのがLINEでしょう。2016年3月末には世界全体での月間アクティブユーザー数が2億1,870万人を達成し、7月14日にはいよいよ米国でも株式上場を果たしました。

 LINEはコンシューマー向けアプリですが、ビジネスの世界でも、企業向けの管理・セキュリティ機能などを備えたビジネス向けメッセージングアプリの導入が増えています。今回はこのビジネス向けチャットツールが、他のコミュニケーションツールとどう違うのか、簡単に説明したいと思います。

リアルタイムかつ複数での情報共有が可能

 従来型の電話やメールに加え、最近ではソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)やビジネスチャットなども、コミュニケーションツールとしてビジネスの現場で利用されるようになってきました。ではビジネスチャットと電話やメールとの違いとは何でしょうか?

 基本的に1対1でしか会話ができない電話に対し、チャットは同時に複数の人間とやりとりができます。またメールは一斉送信という形で複数の人間に情報を伝えることはできても、リアルタイムの意思疎通は望めません。

 その点チャットには「グループチャット機能」があるため、複数の人間と同時にチャットすることができます。プロジェクトごとや部門ごとなど、目的に沿ったグループが作成できるので、スムーズかつ迅速な情報共有が可能です。

 またチャットの場合、プッシュ通知の機能によって、新たなメッセージが到着したことを即座に相手に知らせることができます。例えばLINEの場合ですが、既読表示がつくので相手がメッセージを読んだかどうかの把握が可能です。ビジネスチャットによっては、「在籍中」「離席中」などのステータス表示ができるものもあります。

 それに対しメールは、基本的に返信が来るまで相手に届いたのかどうかすら分かりません(なかには開封を相手に知らせる機能をもつものもあります)。電話の場合も、状況によっては相手と会話ができず、音声メッセージを残す、あるいは電話を取った他の人にかけ直しを依頼しなければなりません。チャットの場合、もしその場でメッセージが読めなくても、文字の形で残るため、あとで情報が確認できます。

SNSを追い越した! メッセージングアプリのユーザー数

 ではチャットとSNSの違いは何でしょうか。SNSも情報開示の範囲を設定することは可能ですが、チャットほど細かなグループ分けは難しくなっています。またリアルタイムのやりとりは基本的に想定されていません。

 これは米国でのビジネスインサイダーによる調査ですが、図を見ると、2011年第4四半期時点でははるかに多かった上位4つのSNSアプリのアクティブユーザー数が、2015年第1四半期にメッセージングアプリのアクティブユーザー数に追い付かれ、以降急速にその差を広げられているのが分かります。

 ビジネスコミュニケーションにおいても、今後チャットツールは更にその存在感を増していくことでしょう。

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

出典:ビジネスインサイダーによる調査

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ビジネスチャット/企業向けメッセージングアプリとコミュニケーションツールの違い」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビジネスチャット」関連情報をランダムに表示しています。

ビジネスチャット」関連の製品

LINEの便利なツールを業務利用、「ビジネス向け」と「一般向け」で何が変わる? 【サテライトオフィス】 法人向けオンラインストレージ DirectCloud-BOX 【ダイレクトクラウド】 ビジネスチャット 「ChatLuck(チャットラック)」 【ネオジャパン】
社内SNS オンラインストレージ/ファイルストレージ 社内SNS
アカウント管理も可能 利便性とセキュリティを両立したビジネス版LINEとは 社内外でファイルを効率よく安全に共有・管理。「ユーザー数無制限」の法人向けオンラインストレージ。 チャットアプリを中心にリアルタイムかつ効率的なコミュニケーションを実現。セキュリティなどビジネスに必要な機能を搭載。

ビジネスチャット」関連の特集


企業にお勤めの方308人を対象にメールにおけるコミュニケーションの課題についてアンケートした結果を発…



もう利用は当たり前? グループウェアの利用実態を調査した。最も利用率が高いのは、やはり“あの”ツール…



コンシューマ世界では既にチャットツールの代表格であるLINEがコミュニケーションの中心となっています…


ビジネスチャット」関連のセミナー

クラウドで実現する、場所を問わないワークスタイル 【伊藤忠テクノソリューションズ/アマゾン ウェブ サービス ジャパン/BOX Japan】  

開催日 6月14日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「働き方改革」が推進され、リモートワークが浸透。昨今それに伴い、PC/スマホなどのデバイスだけでなく、クラウド化に伴うインフラ刷新が求められています。そこで今回…

【横浜】ビジネスチャット ChatLuck体験セミナー 【ネオジャパン】  

開催日 6月11日(月)   開催地 神奈川県   参加費 無料

1人1台のパソコン環境で操作性や機能をご体験いただきながら、ビジネスチャットシステム「ChatLuck(チャットラック)」をご紹介するセミナーです。セミナーの中…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビジネスチャット/ 企業向けメッセージングアプリとコミュニケーションツールの違い」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビジネスチャット/ 企業向けメッセージングアプリとコミュニケーションツールの違い」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009288


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 社内SNS > 社内SNSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ