この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

広域イーサネットサービス

2016/09/20


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、広域イーサネットサービスのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2015年度の国内広域イーサネットサービスの市場規模は、金額が3089億円、数量が49万4000回線で、そのうちスタンダード型が2938億円、40万4000回線、エントリー型が151億円、9万回線と見込まれている。
 スタンダード型は専用線サービスやVPNサービスからの移行需要を獲得しているほか、LTEサービスのような移動体通信キャリアの基地局向け回線として利用が進んでいる。ただし、競争が激しいことから価格下落が続き、金額ベースでの伸びは数量ベースより緩やかに推移するとみられている。
 ベンダー別の市場占有率(見込)を見ると、金額ベースでは、大企業をメインターゲットとする1位のベンダーが27.2%で、中小企業に対しても販売を拡大している。2位は20.6%でスタンダード型、エントリー型ともに好調。3位は12.6%、4位は12.3%。金額1位のベンダーが数量でも29.6%と首位で、回線数比率はエントリー型が高まってきている。2位は金額3位のベンダーで15.4%、続く3位は金額4位のベンダーで15.0%、金額2位のベンダーが4位で9.9%と見込まれている。
 スタンダード型、エントリー型ともに拠点間通信やモバイルサービス向け回線としての需要を継続して獲得しているほか、SIerなどが業務システム提案の際、ルーターやネットワーク設計といった付加価値提案を行える当該サービスを選択する傾向がみられ、市場拡大が続いているとしている。

広域イーサネットサービスシェア

広域イーサネットサービスシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

広域イーサネット/「広域イーサネットサービス」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「広域イーサネット」関連情報をランダムに表示しています。

広域イーサネット」関連の特集


ネットワーク今昔物語「専用線サービス今編」では、仮想閉域網を構築するVPNサービスの変遷から、次世代…



多種類のWANサービスが提供されている今IP-VPN独自の強みを活かす「使い分け法」とは!?最新事情…



コスト削減が求められる中、万一のトラブルに備えたネットワークを構築するには?コストを下げつつ信頼性を…


「広域イーサネット」関連の特集


リプレイスや既存ユーザの拠点追加などの需要獲得により拡大している「広域イーサネットサービス」シェア情…



広域イーサネットやIP-VPNは、従来の専用線などで構築するWAN(拠点間ネットワーク)に対して、新…



専用線などのレガシー系回線が減少する中、市場拡大には新設需要などが必要になると見られる同市場。201…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

広域イーサネット/ 「広域イーサネットサービス」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「広域イーサネット/ 「広域イーサネットサービス」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009241


IT・IT製品TOP > 通信サービス > 広域イーサネット > 広域イーサネットの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ