Microsoftが新IMを開発中、一方、猛者はExcelで実装済みだった

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2016/10/14
ウソ?ホント? みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #094

「Microsoftが新メッセンジャーツールを開発中」って本当?

ちまたの諸説は

 MicrosoftのPC向けメッセンジャーツールといえば、かつては「MSNメッセンジャー」だった。その後いろいろとメッセンジャーツールが登場したが、最終的に企業を丸ごと買収した「Skype」に落ち着いている。
 それなのに今さらMicrosoftは新しいメッセツールを開発中だというウワサ……。これってホント?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当
Microsoftは、足りない技術や機能を取り込んだ上で自前で作り直すイメージがあります。
(30代・男性)

ツールも名称もコロコロ変わっているので、当然次のツールも開発中でしょう。
(40代・男性)

どんどん新しいサービスが登場するので、それに対抗する必要があるんじゃないでしょうか。
(50代・男性)

メッセンジャーブームも一段落といったところにMicrosoftが何をもくろんでいるのでしょう? 無料ツールばかりの分野に、果たしてビジネスの甘みがあるのか?
(60代・男性)
ウソ
これだけセキュリティが厳しくなった昨今に、今さらメッセンジャーって。何か秘策(抜け道)でもあるのならともかく、時代錯誤もいいところなのでは?
(40代・男性)

時既に遅し……。
(50代・男性)

もう要らないでしょう?
(40代・男性)

職場でLyncを使っているが、SkypeやLyncで十分良いと思うので、新しいものはいらないかと。会議がVR/ARでできる、といった新しい機能がないと意味なさそうな気がする。それともスマホ向けなのかな?
(40代・男性)
Skypeで快適!
学生時代はMSNメッセンジャーをメインで使っていたなぁ。Skypeが使いやすいので、もうこれ以上新しいメッセツールはいらない。
(20代・男性)

Skypeというか、職場ではLyncを使っていますが、他の拠点にいる友人とチャットなどができて便利です。「仕事をしているように見える」という利点もあります。
(50代・男性)

Skypeでいいと思う、世間ではLINE電話を使うんでしょうし、いまさら感が強い。私は「Viber」派だけど。
(50代・男性)
最近はSlack!
Microsoftの手中にあるのはWindows以外のプラットフォーム(というかモバイル)をあまり考慮していない製品ばかり。で、いまはマルチプラットフォームで動くチャットツール「Slack」などが主流になりつつあるわけで、Microsoftがモバイルファーストなメッセージアプリを開発中というのなら真実味あるかも。
(40代・男性)

既に多くのメッセンジャーアプリが出回っているのに「いまさら」という感じですね。おまけに、MSのツールって使いたいですか?(笑)
(50代・男性)
PCでメッセンジャーアプリを使わない……
過去使ったメッセンジャーアプリが次々と買収されたりサービス終了したりで、嫌になって使うのを止めました。
(30代・男性)

職場のPCでもSkypeが標準装備されているが、公私ともに利用したことがない。昔ながらの電話とメールで済ませています。
(50代・男性)

相手の顔を見て声を直接聞くのが一番伝わるツールだと思っています。
(50代・男性)

MSNメッセンジャー利用者でした。あとはスマホのLINEばかりでメッセンジャーツールは使わないです。
(30代・女性)

いかにもな話ではありますが、どの程度需要があるのか疑問。
(30代・女性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Excelをドラッグ&ドロップで分析を開始できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 「不要なファイルはどれ?」を教えてくれるファイルサーバ管理 驚きの仕組みとは 【日本電気株式会社】 仮想環境のバックアップ、知られていない「大規模特有の破綻リスク」と回避策 【EMCジャパン】
BI ファイルサーバ 垂直統合型システム
専用クライアント不要。ブラウザベースで「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え分析結果を組織内で自由に共有することが可能。 「不要なファイルはどれ?」を教えてくれるファイルサーバ管理 驚きの仕組みとは 基幹システムなど重要システムの仮想環境移行が進んでいる。しかし大規模環境“特有”のバックアップリスクを把握しているだろうか。知らないと危険な落とし穴を解説する。

新着特集


個人情報保護法は個人情報を守りながらも、広く社会に貢献する情報活用に向けた道も整備している。そのカギ…



導入率が86.9%にも成長したグループウェアであるが、使いこなせていない機能、強化してほしい機能など…



RPA、AI、チャットbot……働き方改革を実現する手段として注目を集める業務効率化のツールだ。ツー…


新着セミナー

Windows 10 移行セミナー 【富士ソフト】  

開催日 2月28日(水)   開催地 福岡県   参加費 無料

Windows 7 の延長サポート終了まで2年を切りました。Windows XP から Windows 7 への移行経験のある皆様でもWindows 10 への…

Windows 10 移行セミナー 【富士ソフト】  

開催日 3月7日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

Windows 7 の延長サポート終了まで2年を切りました。Windows XP から Windows 7 への移行経験のある皆様でもWindows 10 への…

Windows 10 移行セミナー 【富士ソフト】  

開催日 3月14日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

Windows 7 の延長サポート終了まで2年を切りました。Windows XP から Windows 7 への移行経験のある皆様でもWindows 10 への…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ Microsoftが新IMを開発中、一方、猛者はExcelで実装済みだった」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ Microsoftが新IMを開発中、一方、猛者はExcelで実装済みだった」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30009223



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ