Microsoftが新IMを開発中、一方、猛者はExcelで実装済みだった

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2016/10/14
ウソ?ホント? みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #094

「Microsoftが新メッセンジャーツールを開発中」って本当?

ちまたの諸説は

 MicrosoftのPC向けメッセンジャーツールといえば、かつては「MSNメッセンジャー」だった。その後いろいろとメッセンジャーツールが登場したが、最終的に企業を丸ごと買収した「Skype」に落ち着いている。
 それなのに今さらMicrosoftは新しいメッセツールを開発中だというウワサ……。これってホント?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当
Microsoftは、足りない技術や機能を取り込んだ上で自前で作り直すイメージがあります。
(30代・男性)

ツールも名称もコロコロ変わっているので、当然次のツールも開発中でしょう。
(40代・男性)

どんどん新しいサービスが登場するので、それに対抗する必要があるんじゃないでしょうか。
(50代・男性)

メッセンジャーブームも一段落といったところにMicrosoftが何をもくろんでいるのでしょう? 無料ツールばかりの分野に、果たしてビジネスの甘みがあるのか?
(60代・男性)
ウソ
これだけセキュリティが厳しくなった昨今に、今さらメッセンジャーって。何か秘策(抜け道)でもあるのならともかく、時代錯誤もいいところなのでは?
(40代・男性)

時既に遅し……。
(50代・男性)

もう要らないでしょう?
(40代・男性)

職場でLyncを使っているが、SkypeやLyncで十分良いと思うので、新しいものはいらないかと。会議がVR/ARでできる、といった新しい機能がないと意味なさそうな気がする。それともスマホ向けなのかな?
(40代・男性)
Skypeで快適!
学生時代はMSNメッセンジャーをメインで使っていたなぁ。Skypeが使いやすいので、もうこれ以上新しいメッセツールはいらない。
(20代・男性)

Skypeというか、職場ではLyncを使っていますが、他の拠点にいる友人とチャットなどができて便利です。「仕事をしているように見える」という利点もあります。
(50代・男性)

Skypeでいいと思う、世間ではLINE電話を使うんでしょうし、いまさら感が強い。私は「Viber」派だけど。
(50代・男性)
最近はSlack!
Microsoftの手中にあるのはWindows以外のプラットフォーム(というかモバイル)をあまり考慮していない製品ばかり。で、いまはマルチプラットフォームで動くチャットツール「Slack」などが主流になりつつあるわけで、Microsoftがモバイルファーストなメッセージアプリを開発中というのなら真実味あるかも。
(40代・男性)

既に多くのメッセンジャーアプリが出回っているのに「いまさら」という感じですね。おまけに、MSのツールって使いたいですか?(笑)
(50代・男性)
PCでメッセンジャーアプリを使わない……
過去使ったメッセンジャーアプリが次々と買収されたりサービス終了したりで、嫌になって使うのを止めました。
(30代・男性)

職場のPCでもSkypeが標準装備されているが、公私ともに利用したことがない。昔ながらの電話とメールで済ませています。
(50代・男性)

相手の顔を見て声を直接聞くのが一番伝わるツールだと思っています。
(50代・男性)

MSNメッセンジャー利用者でした。あとはスマホのLINEばかりでメッセンジャーツールは使わないです。
(30代・女性)

いかにもな話ではありますが、どの程度需要があるのか疑問。
(30代・女性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

仕事が“見えない”と組織は後退する――プロジェクト管理の課題とその解決法 【ISAO】 生産性を左右する「仕事の進捗」、その実感を得られる仕組みをどう整備する? 【ISAO】 Skype for Businessと既存のビデオ会議端末を連携、共同作業の効果を高める秘訣 【ポリコムジャパン】
社内SNS 社内SNS テレビ会議/ビデオ会議
仕事が“見えない”と組織は後退する――プロジェクト管理の課題とその解決法 生産性を左右する「仕事の進捗」、その実感を得られる仕組みをどう整備する? Skype for Businessと既存のビデオ会議端末を連携、共同作業の効果を高める秘訣

新着特集


名刺管理ツールを運用する上で、企業が知っておくべき事柄を解説する。前半では個人情報の保護という観点か…



働き方改革の実践と働きがいのある職場は似て非なるもの。専門家いわく、働き方改革だけをやったつもりの企…



GDPRの対応には関わる部門が多い。まずは各部門で対応すべき項目を整理し、優先順位をつけて対応するこ…


新着セミナー

Dr.Sumで学ぶ実践BIゼミ前知識ゼロからわかるハンズオンセミナー 【ウイングアーク1st】  

開催日 5月16日(水)   開催地 福岡県   参加費 無料

本セミナーは2部構成となっております。第1部の製品紹介&ハンズオンでは今後データ活用ツールの導入をご検討されている企業様向けに、製品で解決できる課題や活用のポイ…

e-文書法で変わる帳票運用〜最新事例に学ぶ「帳票電子化」対策〜 【ウイングアーク1st】  

開催日 5月16日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

時代に応じて多様化を続けてきた企業システムにおける帳票運用。本セミナーでは、コスト削減、グローバル化、e-文書法に対応したペーパレスなど帳票に関わる課題と新たな…

「モノづくりを変える17の気付き」東京 6月 セミナー 【PLMレボリューション】  

開催日 6月28日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「プロセス」基盤のモノづくり業務構造を、情報処理基盤の次世代PLMとして再構成することで、モノづくり競争力の大幅な向上を目指しており、実現に必要な取り組みの考え…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ Microsoftが新IMを開発中、一方、猛者はExcelで実装済みだった」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ Microsoftが新IMを開発中、一方、猛者はExcelで実装済みだった」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30009223



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ