個人商店も大企業も、被害者になる可能性は均等に最低限の防衛手段“WAF”の選び方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

個人商店も大企業も、被害者になる可能性は均等に
最低限の防衛手段“WAF”の選び方

2016/11/28

 「Webサイトが脅威にさらされるのは大手企業だけでもECサイト運営者だけでもない」と、啓発は受けるものの、予算的にも規模的にも、大々的なセキュリティ対策は難しい……。今どきのWAFは、こうした課題を解消する機能を持ち始めている。いまのWAFでどこまで何ができるか、あなたの会社で使いこなせるか、最新情報を整理していこう。

WAF

※「WAF/個人商店も大企業も、被害者になる可能性は均等に最低限の防衛手段“WAF”の選び方」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「WAF/個人商店も大企業も、被害者になる可能性は均等に最低限の防衛手段“WAF”の選び方」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1Webをきっかけにした攻撃は大企業だけのものではない

 情報処理推進機構(以下、IPA)が毎年発表している「情報セキュリティ10大脅威」では、識者が最新の脅威を整理し、組織、個人に対するサイバー世界の問題を分かりやすくランキング化している。

表1 2016年の「情報セキュリティ10大脅威」
表1 2016年の「情報セキュリティ10大脅威」
資料提供:IPA

 この中で注目したいのはWebサービスに関する脅威だ。組織においては第3位、個人を含めた総合でも第4位にある「ウェブサービスからの個人情報の窃取」では、Webサービスに残る脆弱(ぜいじゃく)性を突くことで、Webサービスに登録されている住所、氏名、連絡先、クレジットカード情報などが盗まれるという事件が多発している。さらに、メールアドレスやID、パスワードを盗まれると、「パスワードが他のサービスでも使い回されている」という現状を利用した、他のWebサービスへの不正ログインを試みられることもあり、不正の連鎖が起こる可能性が指摘されている。

 こうしたWebサイトを狙った攻撃は何もECサイトなどだけに限った話ではなく、例えばコーポレートサイトのように、どの企業も持っているような、ちょっとしたWebサイトも対象となる。Webサイトの脆弱性を突いた攻撃が、隣接する他のシステムへの攻撃の足掛かりになってしまうこともあり得る。

 もちろん、最大の対策は「脆弱性」をなくすことにある。そのためにはOSやプログラム、アプリケーションフレームワークのアップデートを適切に行う必要があるが、そのためには多くの工数、コストが必要なため、アップデートが後手にまわってしまう企業も多い。攻撃者はその隙を狙っているというのが、大きな問題の1つだ。

 企業はマイナンバー情報なども取り扱うようになり、情報漏えいに対しては厳しく責任が問われる時代だ。そこでこのWebサービスに関連する脆弱性からシステムを守るために、「Webアプリケーションファイアウォール」(以下、WAF)が注目されている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

WAF/個人商店も大企業も、被害者になる可能性は均等に最低限の防衛手段“WAF”の選び方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「WAF」関連情報をランダムに表示しています。

WAF」関連の製品

CPI マネージド専用サーバー 【KDDI ウェブコミュニケーションズ】 高度な機能を有した次世代ファイアウォールで、企業の社会的信用を強固に守る 【グレスアベイル】 次世代クラウドセキュリティ対策ソリューション Gresシリーズ 【グレスアベイル】
ハウジング UTM ファイアウォール
サーバー機能をパッケージ化したサービス。運用・管理のすべてをKDDIウェブコミュニケーションズに一任できる。回線帯域は最大1Gbpsとなり、高負荷環境にも余裕で対応。 低価格製品でも最新の脅威に高い効果、いま必要な次世代型セキュリティとは? 次世代仮想化ファイアウォールや標的型攻撃対策サンドボックス、マルウェア解析サービスなど、高性能のセキュリティ製品をラインナップしたセキュリティトータルサービス。

WAF」関連の特集


2009年度の市場規模が、前年対比93%増であった「WAF(Webアプリケーションファイアウォール)…



 前回第1回の記事では、ウェブサイトで起きた事件、及びその原因の1つである脆弱性に触れ、ウェブサイト…



 最近、WordPressの脆弱性を突いた事件が多く発生しております。たとえば、2013年8月末に某…


「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

WAF/ 個人商店も大企業も、被害者になる可能性は均等に最低限の防衛手段“WAF”の選び方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「WAF/ 個人商店も大企業も、被害者になる可能性は均等に最低限の防衛手段“WAF”の選び方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009206


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > WAF > WAFのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ