クラウドファースト時代のバックアップ&リカバリー運用術

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

クラウドファースト時代のバックアップ&リカバリー運用術

2016/11/07

 物理マシンと仮想マシンの混在で、複雑さを増す企業のシステム環境。一方で事業継続を担保するためのデータバックアップは、よりきめ細かく、コストを抑えながら運用を回していかなければならない。専任のIT担当者を置くことが難しい中堅中小企業にとっては、悩ましい問題だ。そこで今回は主要なバックアップツール2製品に焦点を当て、物理/仮想混在環境のデータバックアップを効率化してくれる各種機能をご紹介する。

バックアップ

※「バックアップ/クラウドファースト時代のバックアップ&リカバリー運用術」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「バックアップ/クラウドファースト時代のバックアップ&リカバリー運用術」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1フルバックアップと増分バックアップ

 最初に実際の製品が提供するバックアップの仕組みを簡単に整理しておこう。
 ここで紹介するバックアップツールはまず始めに、対象とするシステムのフルバックアップを取る。ここで用いられているのがイメージバックアップという手法で、ファイル単位ではなく、OSやアプリケーションまでを含むディスクイメージ全体を保管するものだ。  

 これによって仮に元のHDDが壊れてしまった場合でも、新しいHDDを用意して、そこにイメージファイルを戻すことで、簡単かつ迅速にリカバリーを行うことができる。OSやアプリケーションの再インストールといった手間も不要だ。専任のIT担当者を置くことが難しい企業にとっては、非常に有効な手段だといえるだろう。    

 こうして最初にフルバックアップを取ってしまえば、2回目以降のバックアップは、前回のバックアップから増えたデータ分だけを保存していけばいい。これが増分バックアップだ。毎回フルバックアップする必要がないので、バックアップ時間の大幅な短縮を図ることが可能となる。  

 ちなみに多くの企業が最初にフルバックアップを取り、以降は定期的に増分バックアップを取得、一定期間ごとにフルバックアップを取り直す、という運用を行っているケースがほとんどだろう。フルバックアップ取得時には比較的長いシステム停止が必要な場合もある。
 
  一部のバックアップツールでは、増分データの世代管理を行い、指定回数の増分バックアップを取得すると、最も古い世代の増分データをフルバックアップデータに「合成」して、新しいフルバックアップデータを自動で作成するという機能を持つものもある。  

 例えば、ArcserveUDPでは、最大で1440世代まで設定することができるので、計算上は4年弱の間、毎日の増分バックアップだけで運用を回していくことができるという。フルバックアップ部分のデータは重複排除され、さらに圧縮されて保管されるので、データ保管用のディスク容量も大幅に節約することができる。ITコストの削減にもつながる機能だ。

図1 継続的な増分バックアップの効果
図1 継続的な増分バックアップの効果
※初期設定では7世代を保存(最大1440世代まで設定可)
資料提供:Arcserve Japan

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

◆関連記事を探す

バックアップ/クラウドファースト時代のバックアップ&リカバリー運用術」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップ」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップ」関連の製品

ユニゾン・キャピタルが“最終保険”用に選んだセキュリティソリューションとは 【パロアルトネットワークス】 社長の謝罪会見訓練が効果的、予期せぬサイバー攻撃に対抗できる組織とITとは 【EMCジャパン株式会社】 LTE通信モジュール内蔵 VPNルーター FutureNet NXR-G100 シリーズ 【センチュリー・システムズ】
メールセキュリティ 検疫 ルーター
ユニゾン・キャピタルが“最終保険”用に選んだセキュリティソリューションとは 社長の謝罪会見訓練が効果的、予期せぬサイバー攻撃に対抗できる組織とITとは LTE通信モジュール内蔵の企業向けVPNルーター。3大キャリア対応。M2M(Machine to Machine) / IoT(Internet of Things)に必要な耐環境性 / 高信頼性 / 低消費電力を備えている。

バックアップ」関連の特集


IT担当者353人に調査を実施。利用状況、利用用途、満足度、重視ポイント、導入しない理由など…他社の…



企業内で扱われる文書には様々な種類のものが含まれる。電子化やライフサイクル管理の必要性は以前から叫ば…



タイムカードはあるけど、毎月の集計作業に数日かかる。従業員を増やしたいけど管理負荷が重くなりそう。店…


バックアップ」関連のセミナー

迫り来るWin2008サポート終了! 移行に最適なリプレース基盤は? 【ディーアイエスソリューション/日本ヒューレット・パッカード】 締切間近 

開催日 7月20日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、いよいよ1年半後に迫った2020年1月14日の「Windows Server2008/R2サポート終了」をテーマに移行準備とそのポイント、本番運…

加速するHCI!導入前に着目すべきポイントとあるべき姿とは 【日立システムズ/ヴイエムウェア】 締切間近 

開催日 7月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

この度、株式会社日立システムズは、“VMware HCI キャラバン”の開催パートナーとして参画し、「加速するHCI!導入前に着目すべきポイントとあるべき姿とは…

これから始めるDR(入門編) 【三井情報】  

開催日 7月18日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

オンラインセミナー『これから始めるDR(入門編)〜想定される災害とDRの目的を明確にして、自社が取るべき災害対策を考える〜』2011年3月に起きた東日本大震災を…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップ/ クラウドファースト時代のバックアップ&リカバリー運用術」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップ/ クラウドファースト時代のバックアップ&リカバリー運用術」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6


30009203


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ