クラウドを前提としたバックアップ&リストア計画効率化の考え方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

クラウドを前提としたバックアップ&リストア計画
効率化の考え方

2016/10/31

 ITが必要不可欠なインフラとなった現在、企業内には多くのサーバが乱立する状況が生まれている。そこでサーバを仮想化してリソースの集約を図るという取り組みが進んだが、一方で新たな問題も出てきた。データのバックアップだ。従来は物理マシンだけを対象にしていればよかったが、今では簡単に増減する仮想マシンまでを考慮する必要がある。この状況は、特に専任のIT担当者を置くことが難しい中堅中小企業では、大きな課題となっているようだ。そこで今回は、仮想環境を含むデータバックアップの運用プロセスを効率化するためのポイントについて、考えてみたい。

バックアップ

※「バックアップ/クラウドを前提としたバックアップ&リストア計画効率化の考え方」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「バックアップ/クラウドを前提としたバックアップ&リストア計画効率化の考え方」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1保存することに意義があるデータの扱い方

 米ベリタステクノロジーズの調査レポート「Data Genomics Index 2016(日本語版、PDF)」によれば、実に41%のデータが過去3年間、更新されておらず、さらに12%は7年もの間、全く更新されていないという。  

 特に古い形式のOfficeファイルや所有者不明のデータが、ストレージ容量と管理負荷の増大につながっているといい、これらをアーカイブもしくは削除することで、ストレージコストは50%も削減できるという。  

 今企業ではビッグデータ活用への取り組みが進んでいるが、データの重要性は高まる一方だ。それに伴ってデータバックアップの重要性も増している。しかしその半面、企業内には使われていないデータが約4割も存在している。さらに、ファイル数が年平均で39%ずつ増加しているという調査結果もあり、不要なデータまでをバックアップ対象に含めてしまうと、運用コストは増大するばかりだ。  

 そこでバックアップツールベンダーでは、バックアップデータからメタ情報を取得し、バックアップデータの中に存在する文書データや画像データ、動画データがどれぐらいの容量かなどを可視化するソリューションを提供している。ユーザー企業自身でこうしたファイルタイプの調査を行うことは難しいが、外部企業の力を借りれは、自社の現状を見える化することも可能だ。    

 データバックアップの仕組みを構築する以前に、まずは不要なデータを洗い出し、削除もしくはアーカイブするところから始めることができれば理想的だ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

◆関連記事を探す

バックアップ/クラウドを前提としたバックアップ&リストア計画効率化の考え方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップ」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップ」関連の製品

肥大するストレージの悩みを解決 ファイルサーバ分析&移行ソリューション 【ARアドバンストテクノロジ】 大規模障害でも2分で復旧、災害時にも事業を止めない“備え”とは 【ピュア・ストレージ・ジャパン+他】 「ランサムウェア被害でも成績表は復旧可能」を実現するバックアップ構築術 【arcserve Japan】
統合運用管理 バックアップサービス バックアップツール
肥大するストレージの悩みを解決 ファイルサーバ分析&移行ソリューション 近年さまざまな自然災害が日本を襲い、災害時の事業継続計画を考え直している企業もあるだろう。これからは障害・災害対策だけでなく、いかに早く復旧するかが重要だ。 教育機関において、災害やマルウェアに感染した場合でも、教育情報に影響を及ぼすことなく校務が継続できるようバックアップシステムの運用が求められている。

バックアップ」関連の特集


「データセンタ」を有効利用するときに役立つ基礎知識から注目サービスまで、最新事情を詳しく紹介します!



運用管理コスト削減のため、システム統合を実現する手段として注目が集まるサーバ仮想化!最新事情をわかり…



不正アクセス増加に伴い、セキュリティ対策の必要性は高まる一方!進化する“セキュリティ診断サービス”の…


バックアップ」関連のセミナー

【大阪】社内のクラウド反対派も説得できるAWSメリットを学ぼう 【主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ/共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 注目 

開催日 10月26日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

AWSの活用は昨今様々な分野で進み、多数の企業さまがAWSのメリットを享受されています。いざAWSを使ってみようと思ってはみても、提供されているサービスが多すぎ…

AIジェネラリスト G検定受験セミナー 【アーク】  

開催日 10月11日(木)〜10月13日(土),10月24日(水)〜10月26日(金),11月8日(木)〜11月10日(土)   開催地 東京都   参加費 有料 19万4400円(税込)

〜〜最新の権威あるAIの検定資格:JDLS実施「G検定」合格を目指す受験対策セミナー!〜〜AIの世界は日進月歩であり、検定自体も認定が開始されたばかりの最新資格…

販売在庫管理システム「楽商」定期導入相談会(毎週木曜日開催) 【日本システムテクノロジー】 締切間近 

開催日 10月4日(木),10月11日(木),10月18日(木),10月25日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

【セミナー 概要】−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−中堅中小企業の方向け個別無料相談会です。お客様の疑問や要件をじっくりお伺いし、お客様…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップ/ クラウドを前提としたバックアップ&リストア計画効率化の考え方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップ/ クラウドを前提としたバックアップ&リストア計画効率化の考え方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30009202


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ