使える“変人”を逃がさず生かす!タレントマネジメントの有効性とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

使える“変人”を逃がさず生かす!
タレントマネジメントの有効性とは

2016/10/24

 これまで日本の企業で重用されてきたのは、突出した技能を持つ人材より、バランスのとれた優等生人材であることが多かった。しかしグローバル化、クラウド時代、人口減少の日本では、もはや安定した利益成長は望めず、優等生タイプに偏った組織は、経営も技術開発も、マーケティングでも世界の競争スピードに負けていく。これからの企業は、ある一点に突出した才能を上手にマネジメントし、個性の強い精鋭部隊をもって企業のヒジネスを広げることが必須だ。それを可能にする新たな手法がタレントマネジメントだ。ここでは、タレントマネジメントが注目される背景や、タレントマネジメントツールについて迫りながら、将来の日本企業の人材活用の在り方を探りたい。

人材管理ツール

※「人材管理ツール/使える“変人”を逃がさず生かす!タレントマネジメントの有効性とは」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「人材管理ツール/使える“変人”を逃がさず生かす!タレントマネジメントの有効性とは」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1なぜ日本でタレントマネジメントが必要なのか?

■発祥はアメリカから

 タレントマネジメントを端的にいうと、一人一人の従業員の意欲、技能を丁寧に観察、発見し、本人と組織にとっての最適配置を継続していくことだ。人事部としての制度の整合性や法令順守だけではなく、絶え間のない環境変化に対応するために、多様性のあるタレントをあらかじめ育成し、いつでも投入できる体制を整えていくことである。

 もともとは、米国人材開発機構(American Society for Training & Development:新名称はATD(Association for Talent Development)が「タレント・デベロップメント」という概念を打ち出し、そこから人のタレント(=才能・技能)育成について総合的に体系化された“Integrated Talent Management”が成立。これが現在まで欧米、とりわけ米国におけるタレントマネジメントのスタンダードとなっている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

人材管理ツール/使える“変人”を逃がさず生かす!タレントマネジメントの有効性とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人材管理ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

労務管理システム 「jinjer労務」 【ネオキャリア】 もっと自由に…「副業社員」は、社員だけでなく会社も強くする! 【KDDI】 FUJITSU Enterprise Application アドオンマイナンバーシステム 【富士通マーケティング】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
社会保険の各種手続きをオンライン化する労務管理システム。
書類の作成/申請がWeb上ででき、従業員情報、扶養家族、住所変更、社会/健康保険などの情報も一元管理できる。
副業OKの企業でも、なかなか一歩踏み出せない…その理由とは?! マイナンバーの申請・収集・保管及び申告帳票の出力を行うアドオン型のシステム。既存システムとの連携インターフェースを構築することで短期間・低価格の制度対応が可能。

「人事管理システム」関連の特集


 前回、前々回と日本企業におけるメンタル不全の現状や、メンタル問題がもたらす企業リスクについて紹介を…



企業統廃合、組織再編に海外展開…。企業を取り巻く環境変化のスピードに対応するため、最新の人事給与シス…



こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今回の「見落としがちなマイナンバーのこと」は鈴与シンワート株…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

人材管理ツール/ 使える“変人”を逃がさず生かす!タレントマネジメントの有効性とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「人材管理ツール/ 使える“変人”を逃がさず生かす!タレントマネジメントの有効性とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30009201


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ