弁護士も「高い!」と感じたSFA、導入結果は

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士でも価格に躊躇したSalesforceと売上5倍への道

2016/11/02


 企業の中には、Excelなどのスプレッドシートを使って顧客管理を行っているところが珍しくない。しかし、こうしたやり方で快適に処理できる件数には限りがある。一方、専門のSFA・販売管理システムを導入すれば、情報共有や業務効率の向上が進むだろう。今回は、急ピッチで新規顧客が増える成長企業にとって、非常に参考になる事例といえるだろう。

※「SFA/弁護士も「高い!」と感じたSFA、導入結果は」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「SFA/弁護士も「高い!」と感じたSFA、導入結果は」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

弁護士ドットコム
従業員数/94人(2016年9月末現在)
売上高/11億1489万円(2016年3月期)
法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」の開発・運営、税務相談ポータルサイト、Web 完結型クラウド契約サービスの開発・提供ほか
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

クラウド型営業支援ツール「Sales Cloud」
セールスフォース・ドットコム
企業サイトへ


課題 導入システム 効果

 管理すべき顧客の数の増加により、Googleスプレッドシートでは対応出来なくる懸念があった。

 クラウド型営業支援ツール「Sales Cloud」(セールスフォース・ドットコム)を導入。

 売り上げが5倍増! 1週間以上かかっていた月次決算作業も3日に短縮できた。


1

Googleスプレッドシートでの顧客管理が限界に

■新事業のスタートで顧客数が飛躍的に増えた

 弁護士ドットコムは、法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」や、税務相談ポータルサイト「税理士ドットコム」を開発・運営している企業。ウェブサイト上で弁護士に無料相談できる「みんなの法律相談」や、得意分野や地域などから弁護士を探せる「弁護士検索」などのサービスを提供中だ。2014年12月には東京証券取引所マザーズ市場への上場も果たし、急成長を遂げている。  

 現在、同社の収益源の大きな柱となっているのは、2013年からスタートした「弁護士マーケティング支援サービス」だ。弁護士が弁護士ドットコムに登録する場合、基本的に料金はかからない。しかし、追加で月額料金を支払えば、注力している分野や過去に手がけた事例などを追加掲載できる仕組みになっている。現在、有料サービスに加入する弁護士は着々と増えているそうだ。  

 2013年まで、弁護士ドットコムではGoogleのスプレッドシートを使って顧客管理を行っていた。当時は顧客の数が少なく、Googleスプレッドシートでも十分に対応できていたが、「弁護士マーケティング支援サービス」が市場に好評を得たため、管理すべき顧客の数が飛躍的に増加した。近い将来、Googleスプレッドシートが限界を迎えることが予想されたため、顧客管理システムの導入を検討しはじめた。

担当者のナマ声:バナー広告を販売する事業は、売り上げが伸びなかった

 「ウェブサイト内のバナー広告を販売する事業は、一度販売したらそれきりのフロー型ビジネスです。そのため売り上げはなかなか伸びず、創業から8期連続で赤字となってしまいました。このままでは事業拡大に限界があると痛感。そこで生まれたのが、個々の弁護士から月額利用料をいただくストック型のビジネス『弁護士マーケティング支援サービス』でした」(弁護士ドットコム 代表取締役社長兼CEO 弁護士 元榮太一郎氏)

創業者で代表取締役・CEOを務める元榮氏
創業者で代表取締役・CEOを務める元榮氏
「ITを利用して、法律に関わるトラブルを抱えた人と法律の専門家を結びつけるサービスを提供したい。その思いが、弁護士ドットコムを開設する原動力でした」
弁護士ドットコム 代表取締役社長兼CEO 弁護士 元榮太一郎氏

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SFA/弁護士も「高い!」と感じたSFA、導入結果は」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

SFA」関連の製品

“ほぼ1情シス”のお悩み解決!グループウェア管理の負担を解消 【リスモン・ビジネス・ポータル】 「興味ベクトル」で顧客の興味関心を発掘する、プライベートDMP活用術 【富士通株式会社】 見込み客を見つける鑑定眼を営業スタッフが持つために役立つSFA_JUST.SFA 【株式会社ジャストシステム】
グループウェア データ分析ソリューション SFA
332万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 「興味ベクトル」で顧客の興味関心を発掘する、プライベートDMP活用術 どうやって受注確度の高い顧客を見つける? 売れる活動サイクルの作り方

SFA」関連の特集


日本においてビジネスに欠かせない「名刺」。長らく名刺は受け取った社員個々で管理するのが一般的だった。…



営業第一線の活動成果を左右する“活動資源枠”とは?そしてその活動資源枠をいかに適正に確保するのか、有…



顧客との最適な関係性を築くために重要なCRM。セールスやサービス、マーケティングなどCRMの核となる…


SFA」関連のセミナー

中小企業のSFA/CRM活用ノウハウ (福岡開催) 【ゾーホージャパン】 締切間近 

開催日 12月21日(木)   開催地 福岡県   参加費 無料

<中小企業の初めてのCRMに> Zohoをオススメする理由をセミナーで丁寧にご説明します!紙やエクセルで、顧客や商談のデータを管理している企業は多くいます。ツー…

「マーケティング×営業」の 仕組み構築セミナー 【プロフェッサ/マツリカ】  

開催日 1月17日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

▼下記課題を1つでもお持ちの方、必見のセミナーです!▼・リード(見込み顧客)の母数が不足している・リードからの成約率をあげたい・顧客リードの育成ができていない・…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SFA/ 弁護士も「高い!」と感じたSFA、導入結果は」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SFA/ 弁護士も「高い!」と感じたSFA、導入結果は」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009193


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 情報システム > SFA > SFAのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ