この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

名刺管理システム

2016/10/18


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、シード・プランニングの情報を元に、名刺管理システムのシェア情報をご紹介しよう。

※「名刺管理システム/「名刺管理システム」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「名刺管理システム/「名刺管理システム」シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

名刺管理システムの基礎解説・選び方へ

 シード・プランニングが2016年5月10日から8月10日に行なった調査によると、2016年の国内クラウド型名刺管理サービスの市場規模は40億円を超えるとみられている。
 当該市場は2007年から参入があり、2016年6月現在の稼働企業は16社となっている。市場規模の推移は、2009年に3億7000万円、2012年に10億円を突破し、2013年で13億9000万円、2014年には20億円を超えている。
 ベンダー別の市場占有率(金額ベース)を見ると、2014年に80.8%、2015年に81.0%を占めるベンダーが常に約8割以上のトップシェアであった。同ベンダーはさらに大規模ユーザーの獲得を狙い、大手企業向けの新たな料金体系の提供を開始している。
 今後は、毎年の伸び率は減少するものの、2020年には70億円弱が見込まれている。また、クラウドやSFA/CRMとの連携が増加し、広義の市場はさらに広がるとみられている。
 2015年の法人向け名刺管理サービス市場が32億6000万円だが、2015年以降はSFA市場は約140億円、CRM市場は約400億円、MA市場が80億円、OCR市場は約650億円で、そのうち5〜10%が名刺管理サービスに関係すると考えられている。またSNSユーザー6500万人のうち3%の195万人が名刺管理で有料会員になる可能性があるとされ、その条件で推定すると約197億円が見込まれるという。

名刺管理システムシェア

名刺管理システムシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

名刺管理システム/「名刺管理システム」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「名刺管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

名刺管理システム」関連の特集


 第9回で入力機器、第10回では“SaaS型”勤怠管理システムをいくつかご紹介しました。勤怠管理を行…



営業プロセスを可視化、標準化することで無駄を省き、効率アップが実現できるSFA。今回はSFAと連携し…


「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

名刺管理システム/ 「名刺管理システム」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「名刺管理システム/ 「名刺管理システム」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009180


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ