「国内レーザー複合機/プリンタ」シェア

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

レーザープリンタ/複合機

2016/10/11


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、レーザープリンタ/MFPのシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、2016年第2四半期(4〜6月)の国内レーザー複合機(MFP)/プリンタの出荷台数は前年同期比5.5%減の31万4000台となった。
 レーザーMFPは同比1.2%減の16万7000台で、そのうちカラーが1.7%減の12万2000台、モノクロが0.4%増の4万5000台となった。モノクロに比較的大型の案件が数件ありプラス成長となった。カラーは前年同期の大型案件の影響でマイナス成長であったが、カラー化とレーザープリンタからの移行によって大きく落ち込むことなく推移するとみられている。
 レーザープリンタは10.0%減の14万7000台で、そのうちカラーが11.5%減の4万3000台、モノクロが9.3%減の10万4000台となった。モノクロで大型案件があったものの、ベンダーによっては利益率の低い製品の出荷停止や抑制を進めていて、全体としては減少となった。MFPや高速機への集約から、レーザープリンタは緩やかに減少し続けるとみられている。
 ベンダー別の市場占有率を見ると、1位が27.8%、2位が20.9%、3位が13.5%で、上位3社合わせて60%以上、続いて4位が8.7%、5位が5.1%、6位が4.3%、7位が4.0%と、上位7社で80%以上のシェアを占めている。
 当該市場は成熟していて、出荷台数を維持するためには、ベンダー・販売店が顧客、特に中堅中小企業顧客の状況変化を見逃さずに、ソリューションを含めた新たな価値を提案し、リプレースに結び付けていく必要があるとしている。

レーザープリンタ/MFPシェア

レーザープリンタ/MFPシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

プリンタ/「国内レーザー複合機/プリンタ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「プリンタ」関連情報をランダムに表示しています。

プリンタ」関連の製品

biz-Stream v5 【ブレインセラーズ・ドットコム】 非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 検疫ネットワーク・IT機器管理 iNetSecシリーズ 【PFU】
電子帳票システム IT資産管理 ネットワーク管理
シンプルで導入しやすいライセンス体系のオンデマンドWeb帳票ソリューション。デザイン性に富んだ帳票が簡単に作成でき、PDF、CSV、印刷など、多様な形態で出力可能。 エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
iNetSecは、企業で利用されているPC・スマートデバイスなどの様々なIT機器の把握・不正接続防止・利用者認証・ポリシー徹底によりセキュリティ対策を支援。

プリンタ」関連の特集


48.2%がクビの対象…社内機密データの漏洩防止策は?デキる社員のメール、マウス監視で業績UP?驚き…



2015年第3四半期は前年同期比5.1%減の113万8000台だった同市場。そんな中、48%と高い占…



2005年4月1日から施行されたe-文書法の対応にそろそろ取り組まねばと思っている方々は必見です。ツ…


「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

プリンタ/ 「国内レーザー複合機/プリンタ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「プリンタ/ 「国内レーザー複合機/プリンタ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009179


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ