企業におけるデータ活用の状況(2016年)・後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

企業におけるデータ活用の状況(2016年)・後編

2016/12/22


 キーマンズネットでは、2016年9月12日〜30日にかけて「企業におけるデータ活用の状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:340)。回答者の顔ぶれは、従業員数が1000人を超える大企業が35.7%、同101〜1000人以下の中堅企業が43.7%、同100人以下の中小企業が20.7%という構成比だった。    

 前編では主に、必要なデータを必要なタイミングで不自由なく利用できているか、データ活用に当たってのシステム面・人材面での課題などをレポートした。  

 7割以上が業務で何らかのデータを利・活用する立場にありながら、その内、5割以上が必要なデータを必要なタイミングで利用できていないこと、必要なデータを必要なタイミングで自由に利用できておらず、その要因の1つとして、情報システム部門が提案する環境とユーザー部門が求める環境の間にギャップがあることなどが明らかになった。    

 後編では、回答者らが、どんなデータを、どんな体制(組織)で、どんなツールを使って活用する意向かを見ていく。    

 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があることをあらかじめご了承いただきたい。  

※「BA/企業におけるデータ活用の状況(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「BA/企業におけるデータ活用の状況(2016年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

今後の活用意向が高いのは「オープンデータ」「匿名データ」「位置データ」

 最初に、所属する企業において「既に使っている」「今後使ってみたい」「使う予定がない」データはどれかを聞いた(図1)。全体では、「既に使っている」割合が比較的高かった(20%以上)データとして、「画像・動画(35.3%)」「提携先企業・組織の顧客データ(25.3%)」「IoT機器などのログデータ(20.3%)」が上位に並んだ。また、「今後使ってみたい」割合が30%以上と比較的高かったデータとしては、「オープンデータ市場のデータ(42.6%)」「IoT機器などのログデータ(39.1%)」「提携先企業・組織の匿名データ(36.5%)」「提携先企業・組織の顧客データ(35.6%)」「GPSなどの位置データ(33.2%)」「オンライン顧客の行動履歴(30.0%)」が上位を占めた。「既に使っている」と「今後使ってみたい」を合わせると、「画像・動画(63.2%)」「提携先企業・組織の顧客データ(60.9%)」「IoT機器などのログデータ(59.4%)」「オープンデータ市場のデータ(57.9%)」の4つの利用意向が半数を上回っている。

 4分の1が既に「提携先企業・組織の顧客データ」を使用していることはやや意外であったが、同時に「オープンデータ市場のデータ」や「提携先企業・組織の匿名データ」「GPSなどの位置データ」について、「既に使っている」割合に比して今後の利用意向が高いことには注目しておくべきだろう。

図1 所属する企業において、どのようなデータを活用する予定があるか(単一回答)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 所属する企業において、どのようなデータを活用する予定があるか(単一回答)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

BA/企業におけるデータ活用の状況(2016年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BA」関連情報をランダムに表示しています。

BA」関連の製品

Plaza-i:海外進出企業向けERPパッケージ 【ビジネス・アソシエイツ】 オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】 オープンソース・データサイエンスツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】
ERP BI ビッグデータ
多通貨、バイリンガル表示・出力、複数会社管理、複数会計基準に標準対応した、ライセンス料金を気にせず事業会社がいくつでも追加できるERPパッケージ。【直販のみ】 大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。 ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングのデータサイエンスツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。

BA」関連の特集


何かのきっかけがあれば、更に利用する価値が見出せれば、ビッグデータ活用を積極的に推進したいという考え…



ビルの電力利用状況をきめ細かく管理して省エネ計画を適正化するビルエネルギー管理システム「BEMS」を…



膨大なデータの中からビジネスに役立つ情報を抽出、分析できるBIツール。超高速な処理を可能にする「イン…


BA」関連のセミナー

【2/17東京開催】開きましょう!AI・アナリティクスの扉 【主催:日本電気 協賛:SAS Institute Japan】  

開催日 2月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

〜2017年2月17日(金) 東京開催〜NECはこのたび、「開きましょう!AI・アナリティクスの扉〜データ分析を、あなたのビジネスに活かしませんか?〜」(無料)…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BA/ 企業におけるデータ活用の状況(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BA/ 企業におけるデータ活用の状況(2016年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009177


IT・IT製品TOP > データ分析 > BA > BAのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ