IT資産管理ツールの導入状況(2016年)・後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

IT資産管理ツールの導入状況(2016年)・後編

2016/12/08


 キーマンズネットでは、2016年9月14日〜30日にかけて「IT資産管理ツールの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:297)。回答者の顔ぶれは、「一般部門で主にユーザーとして利用する立場」が52.5%、「情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場」が33.7%、「顧客に販売するベンダー・SIerとしての立場」が13.8%という構成比。企業規模別では、1001人以上の大企業が41.1%、101〜1000人の中堅企業が42.4%、100人以下の中小企業が16.5%という構成であった。  

 前編では主に、「IT資産管理ツールの導入状況」や、導入済みおよび導入予定の「IT資産管理ツールのタイプ」「1ライセンスあたりの導入コスト」「IT資産管理ツール導入の目的」をレポート。IT資産管理ツールの導入率は3年前と比べて横ばいであり、IT資産管理ツールのタイプについては、導入予定の企業でソフトウェアを求める割合が半減し、クラウド(SaaS)・ASPを求める割合が大きく増加していること、導入済みに比べて導入予定では、導入目的においてセキュリティ・情報漏えい対策と個人情報保護法対策が大幅に伸張していることなどが明らかになった。  

 今回の後編では、「管理端末」や「利用する機能」「重視した(する)ポイント」「導入しない理由」を明らかにしていく。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があることをあらかじめご了承いただきたい。

※「IT資産管理/IT資産管理ツールの導入状況(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「IT資産管理/IT資産管理ツールの導入状況(2016年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

管理したい端末はUSB、タブレット、スマートフォン、OS XのPC(Mac)が大幅増加

 最初にIT資産管理ツールを導入済みとした方、導入予定とした方それぞれに、IT資産管理ツールの管理対象となっている端末・機器を聞いた。導入済みの回答者では「Windows PC(98.0%)」「タブレット(33.1%)」「USBメモリなどの外部記憶媒体(30.5%)」「仮想端末(25.8%)」「スマートフォン(22.5%)」「Mac OS PC(11.3%)」の順(図1-1)、導入予定の回答者では「Windows PC(95.4%)」「タブレット(50.6%)」「USBメモリなどの外部記憶媒体(49.4%)」「スマートフォン(34.5%)」「仮想端末(27.6%)」「Mac OS PC(26.4%)」の順となった(図1-2)。

 導入済みと導入予定とを比較すると、「タブレット」が17.5ポイント増、「USBメモリなどの外部記憶媒体」が18.9ポイント増、「スマートフォン」が12.0ポイント増、「Mac OS PC」が15.1ポイント増とそれぞれ大幅に増加している。導入予定の企業では導入済みの企業に比べて、管理対象の端末を広げたいと考えている傾向が強いことが分かるが、中でも外部記憶端末の管理は、内部からの情報漏えいを防ぐために管理を強化したいと考える企業が増えていることの表れなのではないだろうか。

図1 IT資産管理ツールの管理対象となっている端末・機器(導入済み・導入予定)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 IT資産管理ツールの管理対象となっている端末・機器(導入済み・導入予定)

 同様に、IT資産管理ツールで利用中している(する)機能を聞いたところ、IT資産管理ツールを導入済みの回答者は、「ライセンス管理(79.1%)」「インベントリ収集(64.9%)」「資産台帳作成(62.8%)」「ログ収集・監視(47.3%)」「ソフトウェア配布(40.5%)」「クライアント構成維持・管理(40.5%)」の順に上位を占めた。一方、導入予定の回答者は「ライセンス管理(86.9%)」「資産台帳作成(72.6%)」「クライアント構成維持・管理(53.6%)」「ソフトウェア配布(51.2%)」「ログ収集・監視(47.6%)」「インベントリ収集(44.0%)」「ネットワーク管理(42.9%)」「リース管理(41.7%)」の順に上位を占めた。  

 導入済みと導入予定とを比較すると、導入予定では「インベントリ収集」が大きく減少している一方で、他の項目は増加または横ばいとなっている。特に、導入済みで下位に並んでいる「ネットワーク管理」「リース管理」「ファイルアクセス制御」「バッチ自動化」「リモートコントロール」の5項目の増加率が大きい。

図2 「IT資産管理」ツールで利用中している機能(導入済み・導入予定)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 「IT資産管理」ツールで利用中している機能(導入済み・導入予定)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

IT資産管理/IT資産管理ツールの導入状況(2016年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

IT資産管理」関連の製品

資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。

IT資産管理」関連の特集


全社をあげてCO2削減に取り組む方針が決定!さて、あなたは何から始めますか?IT部門として考えたい、…



ツールごとに違うカバー範囲、フタを開けてみないとわからない操作性、もっと掘り下げたい「実績」の見方、…



親会社や取引先からの要求、個人情報保護法や日本版SOX法対応のプレッシャーなど“外圧”によって導入さ…


IT資産管理」関連のセミナー

データ消去ソフト ディスクシュレッダー6 製品紹介セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 9月28日(木),10月11日(水),10月25日(水),11月15日(水),11月29日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「ディスクシュレッダー6」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいたします…

データ消去ソフト USBディスクシュレッダー 製品紹介セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 10月11日(水),10月25日(水),11月15日(水),11月29日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「USBディスクシュレッダー」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいたし…

事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)トレーニングコース 【BSIグループジャパン(英国規格協会)】  

開催日 12月1日(金),2月19日(月)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

本コースは、事業継続に取り組む上で欠かせない事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)について学びます。事業継続におけるビジネスインパクト分析(BIA)は…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IT資産管理/ IT資産管理ツールの導入状況(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IT資産管理/ IT資産管理ツールの導入状況(2016年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009175


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ