IT資産管理ツールの導入状況(2016年)・前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

IT資産管理ツールの導入状況(2016年)・前編

2016/12/01


 キーマンズネットでは、2016年9月14日〜30日にかけて「IT資産管理ツールの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:297)。回答者の顔ぶれは、一般部門で主にユーザーとして利用する立場が52.5%、情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場が33.7%、顧客に販売するベンダー・SIerとしての立場が13.8%という構成比(SIerは顧客先の状況を回答)。企業規模別では、1001人以上の大企業が41.1%、101〜1000人の中堅企業が42.4%、100人以下の中小企業が16.5%という構成比であった。  

 今回は、「IT資産管理ツールの導入状況」について聞いた調査結果を2013年との比較も交えてお伝えする。前編では主に、「IT資産管理ツールの導入状況」や「利用中のクライアントPCのOS」「導入済み(導入予定)のIT資産管理ツールのタイプ」「1ライセンスあたりの導入コスト」「IT資産管理ツール導入の目的」にフォーカスする。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値は丸め誤差により一致しない場合があることをあらかじめご了承いただきたい。

※「IT資産管理/IT資産管理ツールの導入状況(2016年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「IT資産管理/IT資産管理ツールの導入状況(2016年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

IT資産管理ツールの導入率は3年前とほぼ同じ――情報漏えい事件の影響は薄いか

 最初に、「IT資産管理ツールの導入状況」について聞いたところ、「既に導入済みである(追加リプレースなし)」が47.5%、「既に導入済みである(追加リプレースあり)」が3.7%、「新規で導入を検討している」が7.4%、「必要性を感じるが検討しない」が18.9%、「必要性を感じない」が22.6%と続き、まとめると全体では51.2%が「導入済み」という結果となった(図1-1)。2013年調査時と比較すると、「導入済み」と「検討中」が微増、「必要性を感じるが検討しない」と「必要性を感じない」が微減である。2014年に発生した某通信教育事業者の大規模情報漏えい事件以降、内部犯行によるクライアントPCからの情報漏えいを防ぐため、資産管理ツールベンダーに問合せが多く入る状況が続いていたようだが、直接的な導入率の変化にはつながっていないようだ。  

 また、「導入済み」を従業員規模別に見ると、100人以下の中小企業で20.4%、101〜1000人以下の中堅企業で50.0%、1001人以上の大企業では64.7%となっている。従業員規模が大きくなるにつれて「導入済み」の割合が大きくなる傾向は変わらないが、2013年の調査結果と比べ、中小企業での導入率が上昇している一方で、中堅企業と大企業では5ポイント以上低下している。  

 続けて、IT資産管理ツールを「導入済み」とした回答者に、「現在利用しているクライアントPCのOSで最も多いもの」を聞いてみたところ、1位は群を抜いて「Windows 7」の81.6%、2位は「Windows 10」で9.2%、3位は「Windows 8/8.1」で7.5%、その他はごくわずかであった(図1-2)。ただ、企業規模別に見ると、最新のWindows 10については中堅企業が14.6%と最も多く、Windows 8/8.1は中小企業が12.2%と最も多い結果となった。

図1 IT資産管理ツールの導入状況・現在利用しているクライアントPCのOSで最も多いもの

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 IT資産管理ツールの導入状況・現在利用しているクライアントPCのOSで最も多いもの

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

IT資産管理/IT資産管理ツールの導入状況(2016年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

IT資産管理」関連の製品

資産管理ツールではじめるエンドポイントセキュリティ 【ネットワールド】 検疫ネットワーク・IT機器管理 iNetSecシリーズ 【PFU】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】
IT資産管理 ネットワーク管理 IT資産管理
◎クラウドやAIなど最新技術により、多彩なエンドポイントセキュリティ機能を提供
◎標的型メール訓練、脅威判定、運用代行、EDRなど関連サービスも充実
iNetSecは、企業で利用されているPC・スマートデバイスなどの様々なIT機器の把握・不正接続防止・利用者認証・ポリシー徹底によりセキュリティ対策を支援。 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。

IT資産管理」関連の特集


外部からの攻撃ばかりでなく、内部での情報の不正利用を防ぐ情報漏洩対策が重要視されている。そこで注目し…



マルウェア感染の3割がメールから、アンチウイルスで検知できないことも!データで実状を知り、対策法を押…



尖閣問題やウィキリークスなど情報漏洩関連の話題から、再び脚光を浴びつつあるDLPツール。その基本機能…


IT資産管理」関連のセミナー

データ消去ソフト ディスクシュレッダー5 製品紹介セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 5月31日(水),6月14日(水),6月28日(水),7月12日(水),7月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「ディスクシュレッダー5」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいたします…

ハンズオンで学ぶ!PC資産管理と情報漏えい対策 【エムオーテックス】  

開催日 5月18日(木),7月14日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

マイナンバー制度の開始や個人情報保護法の改正に伴い、お客様の情報セキュリティの重要性は日に日に増しています。情報漏えいのリスクは、従来からの内部からの情報漏えい…

事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)トレーニングコース 【BSIグループジャパン(英国規格協会)】  

開催日 9月11日(月),12月1日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

本コースは、事業継続に取り組む上で欠かせない事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)について学びます。事業継続におけるビジネスインパクト分析(BIA)は…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IT資産管理/ IT資産管理ツールの導入状況(2016年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IT資産管理/ IT資産管理ツールの導入状況(2016年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009174


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ