オフィスソフトの利用状況(2016年)・後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

オフィスソフトの利用状況(2016年)・後編

2016/11/24


 キーマンズネットでは、2016年8月24日〜9月6日にかけて「オフィスソフトウェアの利用状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:564)。回答者の顔ぶれは、従業員数1001人以上の大企業が39.9%、101〜1000人の中堅企業が39.0%、100人以下の中小企業が21.1%という構成比であった。  

 今回は、「オフィスソフトウェアの利用状況」について聞いた調査結果を前・後編の2回にわたってお届けする。前編では主に、文書作成、プレゼンテーションなどに使用するソフトウェアや業務上で利用するオフィスソフトウェアの課題、次の買い替えで希望しているオフィスソフトウェア、自宅と職場でのオフィスソフトウェアの使い分けなどを取り上げた。その中で、文書作成、プレゼンテーションなどに使用するソフトウェアは、4分の3が「Microsoft Office(Office) 2003/2007」であること、次の買い替え時に希望するオフィスソフトウェアは「 Office 365」が半数以上であることなどが明らかになった。  

 後編では、文書作成、プレゼンテーションなどに使用するソフトウェアやオフィスソフトウェアの中でよく使うもの、代替ツールがあればオフィスツールを使わずに運用したい業務、オフィスソフトウェアに求める機能、重視するポイントを明らかにしていく。  

 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があることをあらかじめご了承いただきたい。

※「オフィスソフトウェア/オフィスソフトの利用状況(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「オフィスソフトウェア/オフィスソフトの利用状況(2016年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

中小企業で活躍するDBツール、大企業で活躍するプレゼンツール

 まず、「オフィスソフトウェアの中でよく使うもの(複数回答)」を聞いたところ、全体では、「Excelなどの表計算ツール(97.3%)」「PowerPointなどのプレゼンテーションツール(74.5%)」「Wordなどのドキュメント作成ツール(73.2%)」「Outlookのようなメール送受信、予定管理ツール(51.7%)」「Accessなどのデータベースツール(19.2%)」の順となった。  

 ExcelやWordでは企業規模による差はほとんど見られないが、PowerPointなどのプレゼンテーションツールに関しては企業規模が大きくなるほど利用率が高くなっている。大企業の方が社内外での報告や提案などの機会が多いことが表れているのだろう。逆に、Accessなどのデータベースツールは大企業や中堅企業に比べて中小企業で5ポイントほど利用率が高くなっている。人的リソースが限られる中小企業では、各部門の担当者が自力でデータベースを作成するケースが多いと推測できる。  

図1 オフィスソフトウェアの中でよく使うもの(複数回答)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 オフィスソフトウェアの中でよく使うもの(複数回答)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

オフィスソフトウェア/オフィスソフトの利用状況(2016年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「オフィスソフトウェア」関連情報をランダムに表示しています。

オフィスソフトウェア」関連の特集


「柔軟な働き方のための道具は欲しいけれど、できれば使わずに済ませたい」という読者のホンネが明らかに。


「オフィスソフト」関連の製品

MORISAWA PASSPORT 【ソフトバンク コマース&サービス】 Office 365 Enterprise 【ソフトバンク コマース&サービス】 Office 365 Business 【ソフトバンク コマース&サービス】
オフィスソフト オフィスソフト オフィスソフト
印刷・出版業界において高いシェアを誇るモリサワの全てのフォントを含む書体をどれでも利用できるライセンス製品。 常に最新のグループウェアサービスと最新のデスクトップアプリケーション(Microsoft Office)をセットで利用できる法人向けクラウドサービス。 常に最新のグループウェアサービスと最新のデスクトップアプリケーション(Microsoft Office)をセットで利用できる法人向けクラウドサービス。

「オフィスソフト」関連の特集


 Apple社のiPhone、iPadなどの浸透、普及により、今までWindows環境のPCを使って…



Microsoft OfficeとSaaS版のMicrosoft Officeは何が違うのか? Mi…



 本コラムでは3回にわたり、Microsoftの「Office 365」がどんなものかの理解を手始め…


「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

オフィスソフトウェア/ オフィスソフトの利用状況(2016年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「オフィスソフトウェア/ オフィスソフトの利用状況(2016年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009173


IT・IT製品TOP > PCソフト > オフィスソフト > オフィスソフトのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ