統合運用管理ツールの導入状況(2016年)・前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

統合運用管理ツールの導入状況(2016年)・前編

2016/11/02


 キーマンズネットでは、2016年8月17〜31日にかけて「統合運用管理ツールの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:271)。回答者の顔ぶれは、一般部門で主にユーザーとして利用する立場が39.9%、一般部門で製品選定を検討し、かつユーザーとして利用する立場が14.4%、情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場が29.9%、顧客に販売するベンダー・SIerとしての立場が15.9%。従業員規模別では、1001人以上の大企業が42.8%、101〜1000人の中堅企業が37.6%、100人以下の中小企業が19.6%。業種別では、IT製品関連業が41.0%、IT関連外の製造業が26.2%、流通・サービス業全般が20.3%、その他が12.5%という構成比となっている。

 今回は、統合運用管理ツールの導入状況について聞いた調査結果を前・後編に分けてお届けする。前編では主に、「運用管理の悩みと解決策」や「導入状況・時期」「導入のきっかけ」にフォーカスする。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値は丸め誤差により一致しない場合があることをあらかじめご了承いただきたい。

※「統合運用管理ツール/統合運用管理ツールの導入状況(2016年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「統合運用管理ツール/統合運用管理ツールの導入状況(2016年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

運用管理上の悩みのトップは人手不足、解決策が「見つかっていない」も半数に上る

 最初に、運用管理上の悩みについて聞いたところ、全体では「人手が足りていない(42.5%)」「社内に詳しい人材が少ない(40.2%)」「セキュリティ対策が不十分(21.3%)」「コストが掛かりすぎている(21.3%)」「デバイスの多様化への対応が困難(19.7%)」「運用レベルを上げたいができていない(ITIL対応等)(19.3%)」「クラウドや仮想化対応で管理が煩雑になっている(19.3%)」と続いた(図1-1)。これらを2014年調査時の結果と比べてみると、1位の「人手が足りていない」はほぼ同じ割合で変わらずだが、「社内に詳しい人材が少ない(6.3ポイント増)」「セキュリティ対策が不十分(5.4ポイント増)」「クラウドや仮想化対応で管理が煩雑になっている(5.4ポイント増)」の3項目の増加が目立つ。人材不足を課題とする企業の割合はあまり変わらない中で、人材の“質(知識・スキル)”がさらに問われるようになってきており、セキュリティ対策やシステム環境の複雑化を課題とする方が増加している。

 続けて、これらの悩みをどのように解決しようと考えているかを聞いてみると、1位が「分からない・見つかっていない(48.4%)」で微増(2.0ポイント増)、2位が「人材の育成(29.2%)」でやや減少(4.1ポイント減)、3位が「運用の自動化ツールの導入(20.4%)」でやや増加(3.5ポイント増)、以下、「統合運用管理ツールの新規導入またはリプレース(14.4%)」「人材の採用(12.8%)」が横ばい、「アウトソーシング先を探す(10.8%)」がやや増加(2.4ポイント増)という結果になった(図1-2)。人材の育成や採用よりも、ツールやアウトソーシングによって課題を解決しようという姿勢がやや強まっている。フリーコメントからも「運用管理が軽視されており、人員がさらに削減される状況。頭数の問題ではなく、経験値と技術力が必要なのだが……」という意見が見られた。

図1 自身が担当している運用管理上の悩み・どのように解決しようと考えているか(複数回答)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 自身が担当している運用管理上の悩み・どのように解決しようと考えているか(複数回答)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

統合運用管理ツール/統合運用管理ツールの導入状況(2016年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理ツール」関連情報をランダムに表示しています。

統合運用管理ツール」関連の特集


クラウドコンピューティングの進展やフラッシュストレージなど新たなストレージの台頭により、ストレージ環…



初期投資を抑えたい、ネットワークを変更したくない。導入を検討する段階で直面するいろいろな悩みを、5つ…



サーバーの停止は業務の停止。業務の停止は企業活動の停止に繋がります。それを事前に防ぐ「サーバー監視ツ…


「統合運用管理」関連の製品

統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 【マンガで解説】終わりの見えない保守サイクルの脱出法 【日本アイ・ビー・エム】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
辛口の妖精がマンガで伝授する、終わりの見えない保守サイクルの脱出法 システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。

「統合運用管理」関連の特集


働けど働けど、我が"運用管理負荷"軽くならざり・・・。そんな方必見!「統合運用管理ツール」の基礎をア…



システムが勝手に判断し、リソースをコントロールする。90年代末に提唱された自律運用はどこまで進んだか…



成長の鈍化傾向が顕著に見え出した「ITアウトソーシング市場」。今回は国内企業の実態調査データから変貌…


「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

統合運用管理ツール/ 統合運用管理ツールの導入状況(2016年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「統合運用管理ツール/ 統合運用管理ツールの導入状況(2016年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009170


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ