デスクトップ仮想化の導入状況(2016年)・前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

デスクトップ仮想化の導入状況(2016年)・前編

2016/10/20


 キーマンズネットでは、2016年7月27日〜8月12日にかけて「デスクトップ仮想化の導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:374)。  

 回答者の顔ぶれは、従業員数1001人以上の大企業が42.0%、101から1000人の中堅企業が37.7%、100人以下の中小企業が20.3%という構成比であった。  

 今回は、「デスクトップ仮想化の導入状況」について聞いた調査結果を前・後編に分けてお届けする。2014年の調査との比較で、この2年間で企業の導入状況や意識にどのような変化が生じたかなどを明らかにしていく。  

 前編では主に、導入状況の推移、導入目的、導入時に重視ポイントとその変化について見ていく。

 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値は丸め誤差により一致しない場合があることをあらかじめご了承いただきたい。

※「デスクトップ仮想化/デスクトップ仮想化の導入状況(2016年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「デスクトップ仮想化/デスクトップ仮想化の導入状況(2016年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「導入済み」が大企業を中心に2年間で約10ポイントの伸び

 最初に、「デスクトップ仮想化の導入状況」を聞いた。全体では追加・リプレイスを問わず合算すると「導入済みである」が28.9%、「新規で導入を検討している」が4.3%、「必要性を感じているが、導入時期は未定」が27.0%、「必要性を感じない」が39.8%となっている(図1)。  

 これらの結果を2014年調査と比較してみると、この2年間で「導入済み」が9.5ポイント伸びていることが分かる。一方で、2014年に49.9%であった「必要性を感じない」が10.1ポイント減少しており(39.8%)、この2年間で「必要性を感じない」が減少した分と同じ割合で「導入済み」が増えていることが分かる。 

  また、「導入済み」の割合を従業員規模別に見ると、大企業が40.8%であるのに対し、中堅企業では25.5%、中小企業では10.5%となっている。  

 前回の調査と比較すると、大企業では32.2%から40.8%に、中堅企業では17.5%から25.5%に、中小企業では8.3%から10.5%に、といずれも伸びていることが分かる。伸びの割合で見ると大企業および中小企業は2割強程度の増加だが、中堅企業は約1.5倍となっており、特に中堅企業で導入が進んだことが分かる。

   一方、「必要性を感じない」の変化を見てみると、大企業では44.3%から29.3%に、中堅企業では45.2%から40.4%に、中小企業では61.1%から60.5%に、といずれも減少傾向にあることが分かった。「従業員規模が大きい企業では必要性が認知されつつあるが、中小企業では必要性の認識にほとんど変化がない点が特徴的だ。  

 この他、IT関連外の製造業と流通・サービス業全般で導入済みが13%から29.8%に伸びており、デスクトップ仮想化の導入が進んでいることが分かる。その背景としては、SOHO、ノマドワークの普及などのワークスタイル変革が進んだことが挙げられるだろう。

図1 デスクトップ仮想化の導入状況(2016/2014年)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 デスクトップ仮想化の導入状況(2016/2014年)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

デスクトップ仮想化/デスクトップ仮想化の導入状況(2016年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「デスクトップ仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

デスクトップ仮想化」関連の製品

PAS-K シリーズ 【パイオリンク】 ランサムウェア対策や情報漏えい対策に失敗した企業は、何が間違っていたのか? 【ダイワボウ情報システム+他】 仮想化環境は本当にコスト削減につながる? 導入前に確認したい損得ポイント 【日商エレクトロニクス】
ADC/ロードバランサ SDN 垂直統合型システム
PAS-Kシリーズは、負荷分散機能とセキュリティのための高性能処理、及び、拡張性を高めるために設計されたアドバンストADC製品。 サイバー攻撃による情報漏えいや業務停止といった被害が後を絶たない。多くの企業は“鉄壁な防御”を目指して対策を進めているはずなのに、なぜ被害がなくならないのか。 仮想化環境は本当にコスト削減につながる? 導入前に確認したい損得ポイント

デスクトップ仮想化」関連の特集


2014年4月にサポート期限が終了するWindows XPの対策が急がれる中、解決策の1つとして注目…



ストレージシステムの使用効率を改善するために開発された技術「ストレージ仮想化」。最新の同ツールの注目…



仮想化技術の広がりで高密度実装が進むサーバルームやデータセンタ。今後設備を検討する際に気を付けたい4…


デスクトップ仮想化」関連のセミナー

KEL仮想化サミット2017 in 札幌 【兼松エレクトロニクス/ヴイエムウェア/日本ヒューレット・パッカード】 注目 

開催日 10月12日(木)   開催地 北海道   参加費 無料

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。今ITの世界は大きな変革点を迎え、IoTやAIなど様々な新しい要素が注目を浴び、働き方改革を実現する為の意識改革…

VERDEセミナー 【オリゾンシステムズ】  

開催日 10月4日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

仮想化デスクトップ(VDI)の導入をご検討されている方へ朗報!BYODへの対応、事業継続計画(BCP)の策定、Windows XPのサポート問題、セキュリティ対…

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

デスクトップ仮想化/ デスクトップ仮想化の導入状況(2016年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「デスクトップ仮想化/ デスクトップ仮想化の導入状況(2016年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009168


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ