遠隔会議システムの利用状況(2016年)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

遠隔会議システムの利用状況(2016年)

2016/10/13


 キーマンズネットでは、2016年7月22日〜8月8日にかけて「遠隔会議システムの利用状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:299)。回答者の顔ぶれは、立場として「一般部門で主にユーザーとして利用する立場」が56.2%、「情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場」が28.4%、「一般部門で製品選定を検討し、かつユーザーとして利用する立場」が15.4%となっている。また、企業規模別では、従業員数1001人以上の「大企業」が41.1%、101〜1000人の「中堅企業」が39.1%、100人以下の「中小企業」が19.7%という構成比であった。

 今回は、「遠隔会議システムの利用状況」について、「導入状況」「導入済み(予定)のシステム、タイプ」「使用頻度」「導入時の重視ポイント」などを明らかにしていく。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があることをあらかじめご了承いただきたい。

※注)ここでは、「Web会議」は、PCやインターネット回線を利用するものとし、「ビデオ会議」は、専用端末や専用回線を利用するものと区別する。

※「遠隔会議システム/遠隔会議システムの利用状況(2016年)」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「遠隔会議システム/遠隔会議システムの利用状況(2016年)」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

遠隔会議システムの導入はほぼ一巡か? 導入率は2年前と比べて微増にとどまる

 まず、遠隔会議システムの導入状況について聞いたところ、全体では「導入済み」が68.2%、「検討中」が9.0%、「必要性を感じない」が22.7%であった。従業員規模別で見ると、大企業で82.1%、中堅企業で67.5%、中小企業で40.7%の導入率となっている(図1-1)。従業員数が多くなるほど国内外における拠点数も多くなる傾向にあることから、導入済みの割合が大きくなる傾向にあるようだ。

 また、今回の結果を2年前(2014年)の調査と比較してみると、導入済みの割合は、全体では3.2ポイントの微増にとどまったが、中小企業では26.2%から40.7%と1.5倍以上に伸びている。中小企業における伸びが全体をわずかに押し上げた格好だ。

 次に、「導入済みの遠隔会議システム」および「導入予定の遠隔会議システム」は何かを聞いた。導入済みでは、全体で「Web会議のみ(23.4%)」「Web会議とビデオ会議と電話会議(21.4%)」「Web会議とビデオ会議(16.9%)」と続き、導入予定では、全体で「Web会議のみ(45.7%)」「ビデオ会議のみ(20.0%)」「Web会議とビデオ会議(14.3%)」と続いた。

図1 遠隔会議システムの導入状況・導入済みの遠隔会議システム

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 遠隔会議システムの導入状況・導入済みの遠隔会議システム

 図1-2の「導入済みの遠隔会議システム」の設問は単一回答形式であるため、Web会議、ビデオ会議、電話会議それぞれの合計を出してみると、導入済みでは以下のようになる(表1)。

表1 Web会議、ビデオ会議、電話会議それぞれの導入率・導入予定率(2016年)

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

表1 Web会議、ビデオ会議、電話会議それぞれの導入率・導入予定率(2016年)

 導入済みの機器の割合と、導入予定のそれを比べてみると、Web会議の割合はほとんど変わらないが、ビデオ会議は12ポイント(約2割)減、電話会議は26ポイント(約6割)減っている。ユーザーは、「ビデオ会議はあってもいいけど、電話会議はいらない」と考えているようだ。

 そこで、「導入予定システム」を2年前(2014年)と比較してみたい。2014年調査での導入予定システムは、右表のような内訳であった(表2)。

表2 導入予定率(2014年)

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

表2 導入予定率(2014年)

 Web会議、ビデオ会議、電話会議とも2年前のほうが導入意欲は高かった。ここ2年間で遠隔会議システム全体の導入率が微増にとどまったことを踏まえると、Web会議の新規導入は一巡しつつあると考えてよさそうだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

遠隔会議システム/遠隔会議システムの利用状況(2016年)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「遠隔会議システム」関連情報をランダムに表示しています。

遠隔会議システム」関連の製品

RICOH Unified Communication System 【リコー】
Web会議
「簡単」「クラウド」「ポータブル」。いつでもどこでもつながるテレビ会議・Web会議!会議室だけでなく現場や外出先など利用シーンに合わせて選べるラインナップ!

遠隔会議システム」関連の特集


高機能化が進むビデオ会議や寡占化著しいCDNの仕組みを紐解きながら、YouTubeなど動画共有サイト…



コストの安さに加え、スマートデバイスの利活用や助成金適用など…企業利用が進む「クラウド型遠隔会議」。…



遠隔地同士を音声や映像で繋ぐ遠隔会議に対応したデバイスは、今やウェアラブルデバイスやパノラマカメラ搭…


「テレビ会議/ビデオ会議」関連の製品

クラウド型テレビ会議の賢い選び方ガイド 【VTVジャパン】 テレビ会議システム V-CUBE Box 【ブイキューブ】 Pexip Infinity(ペクシプ インフィニティ) 【VTVジャパン】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議
4つの課題・ニーズ別にクラウド型テレビ会議の選び方をガイド! リモコンで操作ができる会議室設置型のテレビ会議システム。低コストながら高画質・高音質を実現しているため、既存テレビ会議システムのリプレースや拡張にも適している。 各種端末やWebRTC対応ブラウザ、UCツールからの接続に対応したメディアプラットフォーム。誰もが自由に利用できるテレビ会議環境を低コストで提供する。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

遠隔会議システム/ 遠隔会議システムの利用状況(2016年)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「遠隔会議システム/ 遠隔会議システムの利用状況(2016年)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009167


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ