ユニファイドコミュニケーションの導入状況(2016年)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

ユニファイドコミュニケーションの導入状況(2016年)

2016/10/06


 キーマンズネットでは、2016年7月22日〜8月8日にかけて「ユニファイドコミュニケーションの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:299)。回答者の顔ぶれは、立場として「一般部門で主にユーザーとして利用する立場」が56.2%、「情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場」が28.4%、「一般部門で製品選定を検討し、かつユーザーとして利用する立場」が15.4%となっている。また、企業規模別では、従業員数1001人以上の「大企業」が41.1%、101〜1000人の「中堅企業」が39.1%、100人以下の「中小企業」が19.7%という構成比であった。

 今回は、ユニファイドコミュニケーション(以下、UC)の導入状況について、「UCの導入状況と満足度」「UCの利用している機能、使い方」「UCを導入していない理由」などを取り上げる。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値は丸め誤差により一致しない場合があることをあらかじめご了承いただきたい。

※「ユニファイドコミュニケーション/ユニファイドコミュニケーションの導入状況(2016年)」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ユニファイドコミュニケーション/ユニファイドコミュニケーションの導入状況(2016年)」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

ユニファイドコミュニケーションの導入率は約5割と高い一方、不満の声も2割に上る

 最初に、UCの導入状況を聞いた。全体では「既に導入済みである」が49.2%、「新規で導入を検討している」が2.0%、「必要性を感じるが導入時期は未定」が13.4%、「必要性を感じない」が35.5%であった。企業規模別では規模が大きい企業ほど導入率が高くなっており、拠点の広がりに応じて導入率が高まっていることが予想される(図1)。

 また、業種別の導入率は「IT製品関連業」「IT関連外の製造業」「流通・サービス業全般」の順となっている。「流通・サービス業全般」の導入率が低めな理由としては、全体の規模に比して拠点数が多いものの、小規模な店舗を展開しているケースも多く、また店舗などの現場に従業員が立っているケースも多いため、UCなどの機能が活用しづらい業種であることが一因にあると予想される。

図1 UCの導入状況

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 UCの導入状況

 次に、UC導入後の満足度を聞いたところ、全体では「とても満足している」と「まあ満足している」を合わせた「満足」が78.9%、「やや不満がある」と「とても不満がある」を合わせた「不満」が21.1%であった。そこで、「不満」の理由をフリーコメントから探ってみたところ、「音声だけでは相手の反応が分かりにくい」「画像等を見ながら話ができない」「資料の共有ができない」といった機能不足や、「ビデオ会議は準備が面倒」「準備に手間が掛かるため、利用頻度が少ない」といった利用までの手間を指摘する声が挙がった。さらに、「旧システム(主に内線)との連係が不完全で、二重運用になっている」「システムが統一されておらず、真のユニファイドになっていないため利便性が低い」などの声もあり、不完全なシステム環境が活用を妨げている状況も明らかとなった。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ユニファイドコミュニケーション/ユニファイドコミュニケーションの導入状況(2016年)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ユニファイドコミュニケーション」関連情報をランダムに表示しています。

ユニファイドコミュニケーション」関連の製品

Microsoft Cloud Connector Edition 用Mediant CCE アプライアンス 【日本マイクロソフト】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】 マネージド・コラボレーションサービス COLLABO de! World 【IIJグローバルソリューションズ】
IP-PBX コールセンター/CTI テレビ会議/ビデオ会議
既存のPBXやIP電話をSkype for Businessと簡単に統合する手法とは Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。 Skype for Businessのユーザーは、端末側の設定変更や専用ソフトウェアを追加することなく、COLLABO de! Worldのビデオ会議に参加することが可能。

ユニファイドコミュニケーション」関連の特集


セキュリティ機能の向上を背景に需要拡大が見込まれる、Web会議システムのASP・SaaSタイプのシェ…



フリーアドレス化によってテレワークを含めたワークスタイル変革を実現したNECに、自社ソリューションに…



主に情報機器事業を展開するコニカミノルタでは、オフィス移転を機に、本格的なワークスタイル改革に取り組…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ユニファイドコミュニケーション/ ユニファイドコミュニケーションの導入状況(2016年)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ユニファイドコミュニケーション/ ユニファイドコミュニケーションの導入状況(2016年)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009166


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > Web会議 > Web会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ