IoTの観点から見直す、クライアント端末環境の今後

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

IoTの観点から見直す、クライアント端末環境の今後

2016/12/21


 一般消費者向けの市場では既にスマートフォンが広く普及し、さらに最近ではゲーム関連を中心にVR(バーチャルリアリティー)に対応した機器も登場してきている。一般消費者を取り巻く端末環境はまさに日進月歩の状態といえるだろう。一方、ビジネス用途ではタブレットやスマートフォンを活用した取り組みが見られるものの、PCを主体とした端末環境に大きな変化は見られない。だが、ある切り口から眺めてみると、今後のビジネス展開で一歩先を行くために必要な端末環境とは何かが見えてくる。その切り口とは、昨今注目を集めている「IoT(Internet of Things」である。実はクライアント端末環境は「IoT」への取り組みを成功に導くための重要な要素の1つでもある。本稿では市場調査データを元にこの点について探っていくことにする。

クライアント端末

※「クライアント端末/IoTの観点から見直す、クライアント端末環境の今後」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「クライアント端末/IoTの観点から見直す、クライアント端末環境の今後」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

岩上 由高

シニアアナリスト 岩上 由高(Yutaka Iwakami)

株式会社 ノークリサーチ企業サイトへ企業サイトへ
アナリストファイル #045

早稲田大学大学院理工学研究科数理科学専攻卒業後、ジャストシステム、ソニーグローバルソリューションズ、ベンチャー企業などでIT製品及びビジネスの企画/開発/マネジメントに携わる。ノークリサーチでは技術面での経験を活かしたリサーチ/コンサルティング/執筆活動を担当。



1

クライアント端末環境の概況

■Windows10移行が進みつつも現状維持志向が強い

 まずはクライアント端末環境の概況を確認しておこう。以下のグラフは年商500億円未満の企業に対して、導入済みPCのOS(複数回答可)を尋ねた結果である。グラフでは主要なOSに関する2015年7月時点と2016年11月時点の結果を比較してプロットしてある。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

クライアント端末/IoTの観点から見直す、クライアント端末環境の今後」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「クライアント端末」関連情報をランダムに表示しています。

クライアント端末」関連の製品

オールインワン・デスクトップ環境 「リモートPCアレイ(RPA)」 【アクシオ】 標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る? 【エンカレッジ・テクノロジ】 「社内クライアント端末の選定」に関するアンケート 【デル株式会社】
VDI ID管理 ノートパソコン
仮想デスクトップに必要な、CPU、メモリ、ストレージ(SSD)、ネットワークスイッチ、マネジメントソフトウェアを包括的に提供するハイパーコンバージド・ソリューション。 標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る? 抽選でノートPCと商品券★社内クライアント端末に関するアンケート

クライアント端末」関連の特集


新型インフルエンザの流行にともない、BCP対策に在宅勤務を考える企業も。成功企業にみる、在宅勤務を安…



「セキュリティツールなのか!?」と思うほどに多様な機能を有すIT資産管理ツール。標的型攻撃や、スマー…



クライアント管理の負荷が高まる中、導入増加傾向にある注目のデスクトップ仮想化。2012年度にかけての…


「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

クライアント端末/ IoTの観点から見直す、クライアント端末環境の今後」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クライアント端末/ IoTの観点から見直す、クライアント端末環境の今後」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30009160


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ