オンラインストレージ導入前、4つの「確認すべし」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オンラインストレージ導入前、4つの「確認すべし」

ストレージ 2016/10/11

 大容量ファイルの転送、社内データのバックアップ、共同編集など、法人向けオンラインストレージサービスは、チームでコラボレーションを行うためのさまざまな使い方が考えられます。

 無料で使える個人向けサービスであれば、とりあえず使ってみて、自分に合わないようであれば別のサービスに乗り換えればいいのですが、法人で導入するとなるとリプレースにかかる工数は大掛かりなものとなります。

 今回は、法人向けオンラインストレージを導入するに当たり、最低限確認したい4つのポイントを紹介します。

導入前に確認すべき4つのポイント

何はともあれ、料金体系を確認すべし

 どんなサービスを利用する場合であっても料金体系の確認は重要です。オンラインストレージサービスの多くは月額料金制ですが、1年間のサブスクリプション契約にもかかわらずWebサイトの料金ページでは12で割って月額料金「相当」を表示しているものがあります。また、月額料金に加えて初期費用が発生したり、同じサービス内容でも年間契約プランのほうがお得になったりするサービスもあります。

 月額料金制の場合、総額は利用ユーザー数(ID数)とストレージ容量によって総額が計算できます。一部のサービスでは、プランによって最少ユーザー数を定めているものもあるので注意が必要です。

 ストレージ容量もプランごとに上限が定められていたり、事実上無制限だったりします。また、ユーザーごとに容量が割り当てられるものと、1契約当たりの総容量を複数ユーザーで共有するものとがあります。

 導入前に、オンラインストレージを利用するユーザー数は何人ぐらいなのか、1人当たりどのくらいのストレージ容量が必要なのかを見積もった上で、自社に最適なオンラインストレージプランを探してください。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

オンラインストレージ/オンラインストレージ導入前、4つの「確認すべし」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「オンラインストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

オンラインストレージ」関連の製品

大容量高速ファイル転送 「活文 Accelerated File Transfer」 【日立ソリューションズ】 「GDPR」「改正個人情報保護法」を乗り切る“これからの情報保護”の在り方とは 【シマンテック】 改正個人情報保護法、中堅・中小企業が覚えておきたい「情報の守り方」 【ミロク情報サービス】
ファイル転送 その他エンドポイントセキュリティ関連 ERP
インターネット回線を利用し、海外など遠隔地とGB単位の大容量
データを高速転送できるサービス。パッケージのほか、IoT機器や
システムなどに組み込むSDKとしても提供可能。
「GDPR」「改正個人情報保護法」などの新たな法制度に加え、クラウドやモバイル環境の普及で情報保護対策の見直しを迫られている企業は少なくない。何から着手すべきか。 改正個人情報保護法が2017年5月30日に全面施行となり、小規模事業者も法の対象となった。まずはどんな対策を講じるべきか。法改正の背景から、具体的な対応まで解説する。

オンラインストレージ」関連の特集


シャドーITともいわれるWebサイトやスマホからクラウドサービスを「私用アカウント」で業務利用するオ…



ビジネスチャットツールは外部アプリケーションと連携できるものとそうでないものの2つに分けられます。こ…



顔認証、人体検知、紙文書の電子化…次々と進化する複合機の最新事情を特集しました!実際に編集部でも実験…


「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

オンラインストレージ/ オンラインストレージ導入前、4つの「確認すべし」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「オンラインストレージ/ オンラインストレージ導入前、4つの「確認すべし」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009151


IT・IT製品TOP > ストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ