オンラインストレージ活用で得られるメリットとは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オンラインストレージ活用で得られるメリットとは

ストレージ 2016/09/27

 「オンラインストレージ、覚えておきたい3つの基本機能」では、データの保管や大容量データの受け渡しといった基本機能について紹介しました。しかし、オンラインストレージを活用することで得られるメリットは他にもあります。今回はその幾つかを紹介します。

オンラインストレージを活用するメリットとは

働き方改革のための有効なインフラになる

 今、「働き方改革」として、リモートワークなどを活用した多様なワークスタイルが注目を集めています。この際、大きな悩みの1つとなるのは、在宅勤務を選んだ社員を社内ファイルサーバなどに保存されたデータにアクセスさせるにはどうしたらいいかというITインフラの課題です。

 VPNやVDI(デスクトップ仮想化)といった解決策もありますが、オンラインストレージの導入に比べると高価ですし、導入までに時間がかかります。インターネット接続環境さえあれば、いつでも、世界中のどこからでも保存データにアクセスできる法人向けオンラインストレージサービスは、有力な解決方法の1つとなるでしょう。

 働く場所という制限がなくなれば、家庭の事情などで毎日出社できないために、これまで採用が難しかった優秀な人材を登用する機会も広がるでしょう。また、海外など遠方に住む人々と一緒に仕事をすることも可能になるため、協働できる人材の幅が広がります。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

オンラインストレージ/オンラインストレージ活用で得られるメリットとは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「オンラインストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

オンラインストレージ」関連の製品

企業向けオンラインストレージ「GigaCC」 【日本ワムネット】 クラウドストレージ構築ソフトウェア CLOUDIAN HyperStore 【科学情報システムズ】 失敗例から学ぶ「オンラインストレージ」――導入前に確認すべき4つのポイント 【ジャストシステム】
オンラインストレージ/ファイルストレージ ストレージ仮想化 サーバー管理
大容量ファイルの送受信、ファイル共有など、企業に必要とされる機能を、高いセキュリティのもと、包括的に提供する純国産オンラインストレージ。 大手クラウドサービスが自社開発するクラウドの技術をパッケージソフトウェアとして製品化。容量制限のないクラウド型のストレージシステムを自社内に構築・運用できる。 失敗例から学ぶ「オンラインストレージ」――導入前に確認すべき4つのポイント

オンラインストレージ」関連の特集


315人を対象に「クラウドサービスの利用状況」を調査。最も利用されているサービスは?導入推進する部署…



従業員同士のコミュニケーション活性化に大きく貢献する社内SNS。実際に製品を導入する際にはどんなポイ…



今日は社内コンプライアンス上、使用してはいけないオンラインストレージサービスについて、記載いたします…


オンラインストレージ」関連のセミナー

国内400社のサーバー管理者が推奨するストレージ管理術とは 【オーシャンブリッジ】 締切間近 

開催日 10月20日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

近年は電子文書や写真などのデータ容量が急激に増加しているにもかかわらず、ファイルは長期間保管されることが求められています。それに伴い、今後のファイルサーバーの運…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

オンラインストレージ/ オンラインストレージ活用で得られるメリットとは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「オンラインストレージ/ オンラインストレージ活用で得られるメリットとは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009149


IT・IT製品TOP > ストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ