主要7製品をチェック、オンラインストレージのコスト感は?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


主要7製品をチェック、オンラインストレージのコスト感は?

ストレージ 2016/09/06

 オンラインストレージには、無料で使用できるものが数多くあります。最近は保存データの大容量化が進み、さまざまな便利機能も加えられています。個人的に使うのであれば、無料サービスであっても問題はないかもしれません。

 しかし、業務で利用するのであれば、個人ユーザーを対象とした製品はセキュリティ面からオススメできません。情報漏えいや不正アクセス、ファイルの紛失といったトラブルを防ぐためにも、法人向け製品を利用すべきです。

 今回は、法人向けオンラインストレージのコストがどのくらいかかるのか、よく使われる7サービスを取り上げ、具体的に紹介します。

法人向けオンラインストレージ7選

Dropbox Business

 個人向けサービスとして普及した「Dropbox」のビジネス向けプランです。ライセンスは「Standard」「Advanced」「Enterprise」の3つを用意します(2017年5月25日時点)。

 最小プランともいうべきStandardは、1ユーザー当たり月額1500円(年間契約の場合は月額1250円、いずれも最少3ユーザーから)で、1ユーザー当たり2TBのストレージ容量を提供します。また、ファイル復元機能は120日間です。なお、30日間の無料トライアルが可能です。

 Advancedは、Standardの機能に加えて管理者機能や利用ログの追跡機能、シングルサインオンとの連携機能などを提供します。価格は1ユーザー当たり月額2400円(年間契約の場合は月額2000円、いずれも最少3ユーザーから)となります。ストレージ容量は必要に応じて追加できます。こちらのプランも30日間の無料トライアルが可能です。

 Enterpriseになると、導入企業の必要に応じたカスタマイズと個別サポートが付属します。そのため、価格も要相談となります。

OneDrive for Business

 マイクロソフトが提供する「OneDrive」のビジネス向けプランです。ライセンスは「プラン1」と「プラン2」の2種類が存在します(2017年5月25日時点)。

 プラン1は、1ユーザー当たり月額540円相当(年間契約)で、1TBのストレージ容量を提供します。保存できるデータサイズは1ファイル当たり最大10GBまで。PCやMac、タブレット、スマートフォンでのファイル同期やオフラインでの作業が可能です。

 プラン2は、1ユーザー当たり月額1090円相当(年間契約)で、ストレージ容量が無制限になります。プラン1の機能に加えて、データ損失防止(DLP)機能、削除済みドキュメントや編集済みドキュメントを保持するインプレースホールド機能が利用できます。

 どちらのプランにも試用期間が設けられています。また、クラウドストレージ単体のサービス以外に、Office 365プランの一部としても導入可能です。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

オンラインストレージ/主要7製品をチェック、オンラインストレージのコスト感は?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「オンラインストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

オンラインストレージ」関連の製品

クラウドストレージ構築ソフトウェア CLOUDIAN HyperStore 【科学情報システムズ】 セキュアリモート接続 「テレワークRAソリューション」 【アクシオ】 企業向けオンラインストレージ「GigaCC」 【日本ワムネット】
ストレージ仮想化 リモートアクセス オンラインストレージ/ファイルストレージ
大手クラウドサービスが自社開発するクラウドの技術をパッケージソフトウェアとして製品化。容量制限のないクラウド型のストレージシステムを自社内に構築・運用できる。 3つのセキュアなリモート接続環境を用意することで、さまざまなニーズに対応可能なリモートアクセスソリューション。VDI、RDS構成や“ネットワーク分離”の提案も可能。 大容量ファイルの送受信、ファイル共有など、企業に必要とされる機能を、高いセキュリティのもと、包括的に提供する純国産オンラインストレージ。

オンラインストレージ」関連の特集


今日は社内コンプライアンス上、使用してはいけないオンラインストレージサービスについて、記載いたします…



うっかり電子メールの添付ファイルを間違えてしまったり、ギリギリで送信を止めて冷としたことはありません…



IT担当者353人に調査を実施。利用状況、利用用途、満足度、重視ポイント、導入しない理由など…他社の…


オンラインストレージ」関連のセミナー

クラウドストレージへの移行をスムーズに進めるためのポイント 【オーシャンブリッジ】  

開催日 9月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

オンラインストレージ/クラウドストレージサービスへの移行は進められていますか?法人でクラウドストレージを利用すると場所を選ばずファイルアクセスが可能なため、ファ…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

オンラインストレージ/ 主要7製品をチェック、オンラインストレージのコスト感は?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「オンラインストレージ/ 主要7製品をチェック、オンラインストレージのコスト感は?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009146


IT・IT製品TOP > ストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ