コラボレーションツールを業務に生かす“運用”のポイントとは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コラボレーションツールを業務に生かす“運用”のポイントとは

情報共有システム・コミュニケーションツール 2016/10/13

 コラボレーションツールをうまく運用すれば、従業員やチーム全体の生産性を高め、社内における情報の流れを加速することができます。よくあるのが、Webチャットやビデオ会議、ファイル共有ソフトウェアといったこれらツールを導入しさえすれば、社内のコラボレーションに関する問題が全て解決されるという「誤解」です。

 しかしこうしたツールの機能ばかりに気を取られ、肝心のユーザーのことが二の次になってしまうと、結局利用されないという結果になりかねません。今回はコラボレーションツールを上手に運用するためのコツやヒントをいくつか紹介します。

社員に利用してもらうためのコツとは

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

コラボレーションツール/コラボレーションツールを業務に生かす“運用”のポイントとは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コラボレーションツール」関連情報をランダムに表示しています。

コラボレーションツール」関連の製品

ケーブルの抜き差しで終始する「非スマートな会議」から脱却する方法 【ポリコムジャパン】 フリーアドレスでもビデオ会議を オフィス移転で新たに生まれる要望と対策とは 【ポリコムジャパン】 ポリコムビデオ会議ソリューション 【ポリコムジャパン】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議
社内のフリーアドレス化や無線LANの導入でワイヤレス化が進む中、いまだに会議室だけはケーブルに縛られている。会議室もスマートにするにはどうすればよいか。 従業員増員や生産性向上などの理由からオフィス移転を検討する企業は、それをきっかけに社内外のコミュニケーション強化に注力すべきだ。 緻密な画像、色彩、質感を再現する映像や、ささやき声から大迫力の音楽まで伝達する音声により、遠隔地との円滑なコミュニケーションを実現するビデオ会議ソリューション。

コラボレーションツール」関連の特集


 前回は、弊社が実際に「Google Apps」を使ってみた結果、営業組織にもたらしたインパクトにつ…



生産性向上の担い手として期待されて久しいブログやSNSなどのコラボレーション・ツール。本格活用への展…



既に多くの企業が導入済みのグループウェア。今回はユーザだけでなく、システム担当者にとっても簡単・便利…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

コラボレーションツール/ コラボレーションツールを業務に生かす“運用”のポイントとは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「コラボレーションツール/ コラボレーションツールを業務に生かす“運用”のポイントとは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009142


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ