コラボレーションツールを業務に生かす“運用”のポイントとは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コラボレーションツールを業務に生かす“運用”のポイントとは

情報共有システム・コミュニケーションツール 2016/10/13

 コラボレーションツールをうまく運用すれば、従業員やチーム全体の生産性を高め、社内における情報の流れを加速することができます。よくあるのが、Webチャットやビデオ会議、ファイル共有ソフトウェアといったこれらツールを導入しさえすれば、社内のコラボレーションに関する問題が全て解決されるという「誤解」です。

 しかしこうしたツールの機能ばかりに気を取られ、肝心のユーザーのことが二の次になってしまうと、結局利用されないという結果になりかねません。今回はコラボレーションツールを上手に運用するためのコツやヒントをいくつか紹介します。

社員に利用してもらうためのコツとは

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

コラボレーションツール/コラボレーションツールを業務に生かす“運用”のポイントとは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コラボレーションツール」関連情報をランダムに表示しています。

コラボレーションツール」関連の製品

サイボウズ ガルーン 4 【サイボウズ】 「Networld .next 2017」潜入レポート 【ネットワールド】
グループウェア 垂直統合型システム
サイボウズが得意とする使い勝手と数万名規模で安定して稼働する信頼性、きめ細やかな管理機能を兼ね備えた大規模向けグループウェア。最新版ではモバイル活用ニーズに対応 一番イケてるHCIメーカーは? セミナー来場者による投票結果発表

コラボレーションツール」関連の特集


今注目の"クラウド・コンピューティング型"グループウェアを徹底解剖!最新技術はもちろん、基本機能や導…



既に多くの企業が導入済みのグループウェア。今回はユーザだけでなく、システム担当者にとっても簡単・便利…



日本で約420万人に利用されているSkype。セキュリティの点で企業ユースでは敬遠されがちですが、実…


「グループウェア」関連の製品

グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)」 【ネオジャパン】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 クラウドグループウェア 「サイボウズ ガルーン」 【サイボウズ】
グループウェア グループウェア グループウェア
HTML5採用で、わかりやすく見やすいインターフェースを実現したグループウェア。全25の豊富なアプリケーションに加え、扱いやすいユーザ/組織管理機能、国際化対応も実装。 JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

コラボレーションツール/ コラボレーションツールを業務に生かす“運用”のポイントとは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「コラボレーションツール/ コラボレーションツールを業務に生かす“運用”のポイントとは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009142


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ