コラボレーションツールで得られる“3つ”の大きなメリットとは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コラボレーションツールで得られる“3つ”の大きなメリットとは

情報共有システム・コミュニケーションツール 2016/09/23

 企業におけるコミュニケーション及びコラボレーションツールの導入は確実に進んでいます。調査会社IDCが2015年6月に公開した調査結果によると、社員数1000人以上の大企業の56%、1,000人未満の中小企業の66%が、2016年中にコミュニケーション及びコラボレーションソリューションを導入、もしくはアップグレードすると回答しています。当然ながらその予算も増えており、33%の企業が増額すると答えています。

 しかしその一方で、うまく業務に活用できていない企業が存在するのも事実です。今回はコラボレーションツールがどんな場面でその力を発揮するのか、いくつか例を挙げて説明します。

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

調査会社IDCが2015年6月に公開した調査結果を引用

コラボレーションツール活用のメリット

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

コラボレーションツール/コラボレーションツールで得られる“3つ”の大きなメリットとは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コラボレーションツール」関連情報をランダムに表示しています。

コラボレーションツール」関連の製品

少人数しか入らない「ハドルルーム」の活用が注目される理由 【ポリコムジャパン】 サイボウズ ガルーン 4 【サイボウズ】
テレビ会議/ビデオ会議 グループウェア
少人数しか入らない「ハドルルーム」の活用が注目される理由 サイボウズが得意とする使い勝手と数万名規模で安定して稼働する信頼性、きめ細やかな管理機能を兼ね備えた大規模向けグループウェア。最新版ではモバイル活用ニーズに対応

コラボレーションツール」関連の特集


コラボレーションツールをうまく運用すれば、従業員やチーム全体の生産性を高め、社内における情報の流れを…



 前回は、弊社が実際に「Google Apps」を使ってみた結果、営業組織にもたらしたインパクトにつ…



日本ヒューレット・パッカードが展開する、ITトレーニングや教育コンサルティングを行う「HP教育サービ…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

コラボレーションツール/ コラボレーションツールで得られる“3つ”の大きなメリットとは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「コラボレーションツール/ コラボレーションツールで得られる“3つ”の大きなメリットとは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009139


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ