コラボレーションツールで得られる“3つ”の大きなメリットとは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コラボレーションツールで得られる“3つ”の大きなメリットとは

情報共有システム・コミュニケーションツール 2016/09/23

 企業におけるコミュニケーション及びコラボレーションツールの導入は確実に進んでいます。調査会社IDCが2015年6月に公開した調査結果によると、社員数1000人以上の大企業の56%、1,000人未満の中小企業の66%が、2016年中にコミュニケーション及びコラボレーションソリューションを導入、もしくはアップグレードすると回答しています。当然ながらその予算も増えており、33%の企業が増額すると答えています。

 しかしその一方で、うまく業務に活用できていない企業が存在するのも事実です。今回はコラボレーションツールがどんな場面でその力を発揮するのか、いくつか例を挙げて説明します。

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

調査会社IDCが2015年6月に公開した調査結果を引用

コラボレーションツール活用のメリット

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

コラボレーションツール/コラボレーションツールで得られる“3つ”の大きなメリットとは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コラボレーションツール」関連情報をランダムに表示しています。

コラボレーションツール」関連の製品

サイボウズ ガルーン 4 【サイボウズ】 情報共有/発信を自在に管理、安全・便利なコラボツール活用法 【日本オラクル】 Office 365とモバイルで働き方改革 Skype for Business 【日本マイクロソフト】
グループウェア ファイル共有 IP-PBX
サイボウズが得意とする使い勝手と数万名規模で安定して稼働する信頼性、きめ細やかな管理機能を兼ね備えた大規模向けグループウェア。最新版ではモバイル活用ニーズに対応 情報共有/発信を自在に管理、安全・便利なコラボツール活用法 働き方改革を実現する上で、多様化するデバイスやコミュニケーションツールをどう生かすべきなのか。事例を基に、その課題に対処するための具体策を探る。

コラボレーションツール」関連の特集


紙やデータ出力などのアウトプット。コスト削減やセキュリティ強化が叫ばれる今、効率的なアウトプット管理…



円滑なコミュニケーションを実現しつつ生産性を高めていくために欠かせないのが「コラボレーションツール」…



せっかくコラボレーションツールを導入したのに、思ったように社内で浸透しない…そうした声もしばしば聞こ…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

コラボレーションツール/ コラボレーションツールで得られる“3つ”の大きなメリットとは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「コラボレーションツール/ コラボレーションツールで得られる“3つ”の大きなメリットとは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009139


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ