コラボレーションツールで得られる“3つ”の大きなメリットとは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コラボレーションツールで得られる“3つ”の大きなメリットとは

情報共有システム・コミュニケーションツール 2016/09/23

 企業におけるコミュニケーション及びコラボレーションツールの導入は確実に進んでいます。調査会社IDCが2015年6月に公開した調査結果によると、社員数1000人以上の大企業の56%、1,000人未満の中小企業の66%が、2016年中にコミュニケーション及びコラボレーションソリューションを導入、もしくはアップグレードすると回答しています。当然ながらその予算も増えており、33%の企業が増額すると答えています。

 しかしその一方で、うまく業務に活用できていない企業が存在するのも事実です。今回はコラボレーションツールがどんな場面でその力を発揮するのか、いくつか例を挙げて説明します。

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

調査会社IDCが2015年6月に公開した調査結果を引用

コラボレーションツール活用のメリット

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

コラボレーションツール/コラボレーションツールで得られる“3つ”の大きなメリットとは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コラボレーションツール」関連情報をランダムに表示しています。

コラボレーションツール」関連の製品

「Box」と他社コラボツールの比較で見えた、セキュリティ・ガバナンス必須機能 【Box Japan】 Skype for Businessと既存のビデオ会議端末を連携、共同作業の効果を高める秘訣 【ポリコムジャパン】 「ファイル管理が煩雑」 情シスの悩みの種Office 365の課題を補う方法 【Box Japan】
グループウェア テレビ会議/ビデオ会議 その他情報システム関連
「Box」と他社コラボツールの比較で見えた、セキュリティ・ガバナンス必須機能 Skype for Businessと既存のビデオ会議端末を連携、共同作業の効果を高める秘訣 個人やチームの業務を支えるOffice 365だが、場合によっては煩雑な管理を要してIT部門を悩ませる。その課題を補い、かつ97%のユーザー定着率を記録した方法とは。

コラボレーションツール」関連の特集


現代のビジネスにおいて、メールというコミュニケーションツールは必須と言っても過言ではないと思います。…



情報共有の要となる企業コラボレーション基盤を今後どうしていくべきか、デバイスやツールも踏まえながらそ…



教育用のマニュアル作りにげんなり、講習会のための全国行脚にウンザリ・・・そんなユーザ教育の無駄を解消…


「グループウェア」関連の製品

「Box」と他社コラボツールの比較で見えた、セキュリティ・ガバナンス必須機能 【Box Japan】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】
グループウェア グループウェア グループウェア
「Box」と他社コラボツールの比較で見えた、セキュリティ・ガバナンス必須機能 JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 363万人以上のユーザーが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。スケジュール/掲示板/ワークフローなど全25機能が利用可能。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

コラボレーションツール/ コラボレーションツールで得られる“3つ”の大きなメリットとは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「コラボレーションツール/ コラボレーションツールで得られる“3つ”の大きなメリットとは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009139


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ