コラボレーションツール選定時にコスト面で注意したいポイント

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コラボレーションツール選定時にコスト面で注意したいポイント

情報共有システム・コミュニケーションツール 2016/09/01

 コラボレーションツールは企業やチームの結び付きを強め、時間や場所を問わない、リアルタイムのコミュニケーションを実現します。やりとりに必要なメールの数を減らし、過去に話し合った課題や結果を簡単に検索できるようにします。またファイルやデータの共有によって作業効率を上げ、スケジュール共有によって同じ目標を持ち、決められた期日を守りやすくします。

 しかしどんなソフトウェアを導入する場合でも検討が必要となるのが、コストです。導入や運用にかかる費用に対して得られる利益が大きくなければ、導入する意味がありません。今回はコラボレーションツール選定時に“コスト面”で注意すべき点を、簡単に説明します。

選択する時に注意したいコラボレーションツールのコストとは

価格設定が分かりやすい

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

コラボレーションツール/コラボレーションツール選定時にコスト面で注意したいポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コラボレーションツール」関連情報をランダムに表示しています。

コラボレーションツール」関連の製品

サイボウズ ガルーン 4 【サイボウズ】
グループウェア
サイボウズが得意とする使い勝手と数万名規模で安定して稼働する信頼性、きめ細やかな管理機能を兼ね備えた大規模向けグループウェア。最新版ではモバイル活用ニーズに対応

コラボレーションツール」関連の特集


人材の最適配置には、スキルの体系化とその把握が必須に。人材育成のあるべき姿とともに、スキルを業務に活…



日本で約420万人に利用されているSkype。セキュリティの点で企業ユースでは敬遠されがちですが、実…



時間や場所を問わない協業や連携を可能とし、リアルタイムのコミュニケーションを実現するコラボレーション…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

コラボレーションツール/ コラボレーションツール選定時にコスト面で注意したいポイント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「コラボレーションツール/ コラボレーションツール選定時にコスト面で注意したいポイント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009136


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ