「残高」「ご確認」……、日本語ばらまきメールに要注意

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


「残高」「ご確認」……、日本語ばらまきメールに要注意

エンドポイントセキュリティ 2016/08/09

 情報処理推進機構(IPA)が、2016年4〜6月期に「サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)」を通じて企業や組織と共有した攻撃メールと思われる不審なメールなどの情報をまとめました。この期間中、1818件の情報がIPAへと提供され、そのうちの1584件が「日本語のばらまき型メール」に関するものでした。IPAでは「この全てが標的型攻撃メールではない(標的型攻撃メールとみなした情報は1818件中35件)」とするものの「危険なウイルスメールである」と注意を呼び掛けています。

宅配便の配達通知を偽装したウイルスメールが登場

 日本語のばらまき型メールとは、件名や本文に日本語が使われたウイルスメールです。主に日本人を狙って広範囲に送信され、添付メールを開かせたり、URLリンクをクリックさせたりしようとします。IPAでは、「添付ファイルを開くとランサムウェアやオンラインバンキングの情報窃取を行うウイルスに感染するであろうことを確認している」としています。

 日本語が使われた攻撃メールは2015年10月ごろから国内で多く観測されています。そして、日を追うごとに文面が洗練され、今ではまるで業務連絡のような違和感がない日本語メールが届きます。特にこの四半期で特徴的だったのは、ヤマト運輸や日本郵便からの配達通知を偽装したものの登場でした。これらにはウイルスを含んだZIPファイルが添付されています。なお、偽装された2社とも「添付ファイル付きのメールは送っていない」と注意喚起を行っています。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

メールセキュリティ/「残高」「ご確認」……、日本語ばらまきメールに要注意」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

メールセキュリティ」関連の特集


373名を対象にメール誤送信防止システムの導入状況を調査。後編では「導入状況」「重視ポイント」「満足…



●添付ファイルに仕組まれたウイルスへ感染●ワンクリック詐欺、フィッシング詐欺etc本当の脅威はそんな…



前回の第3回で考察したとおり、スパムメール対策の構成においては、オンプレミス型(構築型)とSaaS型…


メールセキュリティ」関連のセミナー

実事例やハッキングデモから学ぶサイバーセキュリティ対策 【ニュートン・コンサルティング】  

開催日 8月29日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込み)

サイバーセキュリティへの取り組みは数年前に比べると格段に向上してきているものの、被害を受けて記者会見沙汰になってしまう企業も少なくないのが近年の現状としてありま…

サイバーレンジトレーニングシステムによる演習【標的型攻撃編】 【ニュートン・コンサルティング】  

開催日 8月28日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 14万400円(税込)

攻撃者はどのようにサイバー攻撃を仕掛けるか?実機を操作しながら行うサイバーレンジトレーニングシステムを通して、インシデントレスポンスを学ぶことができます。本を読…

実事例やハッキングデモから学ぶサイバーセキュリティ対策 【ニュートン・コンサルティング】  

開催日 9月7日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込み)

サイバーセキュリティへの取り組みは数年前に比べると格段に向上してきているものの、被害を受けて記者会見沙汰になってしまう企業も少なくないのが近年の現状としてありま…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メールセキュリティ/ 「残高」「ご確認」……、日本語ばらまきメールに要注意」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メールセキュリティ/ 「残高」「ご確認」……、日本語ばらまきメールに要注意」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009128


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ