この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

国内携帯電話

2016/09/06


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、国内携帯電話のシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、2016年第1四半期(1〜3月)の国内携帯電話出荷台数(スマートフォンと従来型携帯電話の合計)は、前年同期比12.1%減の806万台となり、4四半期期連続のマイナス成長となった。
 このマイナス成長は、通信事業者がAndroid端末の在庫調整を実施したことに起因していて、当該端末の出荷台数は、前年同期比26.1%減の252万台であった。
 ベンダー別の市場占有率(出荷台数ベース)を見ると、携帯電話の出荷台数が減る中、第1位のベンダーは前年同期比12.3%増のプラス成長で、49.7%と国内携帯電話市場の約5割のシェアを獲得。首位の座を維持している。続いて2位は11.0%、3位は9.6%、4位が8.7%で、5位は7.6%であった。

国内携帯電話シェア

国内携帯電話シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

携帯電話/「国内携帯電話」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「携帯電話」関連情報をランダムに表示しています。

携帯電話」関連の製品

クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】 Office 365活用支援「Lookシリーズ」 【ビービーシステム】 総合保育業務支援システム Kid's View(キッズビュー) 【ソフトバンク コマース&サービス】
勤怠管理システム オフィスソフト 特定業種向けシステム
3年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2017年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。 Office 365への快適なアクセス環境を提供し、生産性、利便性の飛躍的な向上に貢献するクラウドサービス。Exchange Online、Outlook on the Web、Skype for Business等に対応。 厚生労働省の補助金で導入することもできる保育業務支援システム。園児の出欠状況確認、職員情報の管理、クラスごとの出席簿作成、園児の成長の記録などが効率的に行える。

携帯電話」関連の特集


チームが強い営業組織となり、企業の売上に責任をもって貢献するためには営業担当者の成長は必須です。本連…



 本寄稿は今回で第4回目となる。第1回目ではオンラインバンキングにおける業界的なOTPとPKIの使い…



2013年第4四半期、出荷台数が前年同期比11.6%増の1265万台となった国内携帯電話市場。同市場…


携帯電話」関連のセミナー

IPv6基礎技術解説 【一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 6月22日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 5000円(税込)

●対象者:これからIPv6を始めようというエンジニアの方,IPv6を職場・自宅に入れようと考えているエンジニアの方※なお、 IPv4アドレス在庫枯渇とIPv6普…

新生シマンテック(旧ブルーコート)ソリューション活用セミナー 【マクニカネットワークス】  

開催日 6月16日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

近年、ビジネスでのインターネット利活用が急増する一方、サイバー攻撃による被害やクラウドアプリケーションからのデータ漏えい等、利用に伴うリスクも高まっています。ま…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

携帯電話/ 「国内携帯電話」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「携帯電話/ 「国内携帯電話」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009124


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ