内山信二、渋谷の“段ボール会議室”に驚き

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


内山信二のオフィス訪問記
VOYAGE GROUP

SSP「fluct」のアドネットワーク事業や、ポイントサイト「ECナビ」「PeX」など数多くのメディア事業を展開するVOYAGE GROUPでは、オフィス設備を“海賊船”というテーマで統一し、社員はクルー、オフィスをシップと呼んでいる。その理由は、会社の経営理念や価値観をいつでも社員が身近に感じられるよう、オフィスや制度などあらゆる側面で世界観を統一しているからだ。既存のルールを打ち破り、新時代を切り開く航海を続ける“海賊のような会社”とは、いったいどのようなものなのか?まずはお邪魔してみよう。

内山「おっ、確かに看板も海賊っぽくてかっこいいね。こういうとこお金かけてる会社って儲かってんでしょ?」

(内山くん、いきなり飛ばし過ぎないで下さい。徐々にお願いします)

VOYAGE GROUPのテーマは海賊。入ってすぐの受付スペースには、鉄製の巨大な海賊船オブジェが存在感たっぷりに停泊している。

内山「本当にお金かかってるねー。いま海賊って儲かるんだね

(本当に海賊事業をやっているわけじゃありません)

今回はVOYAGE GROUP広報・IR室の江頭さんに、社内を案内していただくことに。

内山「おっ、なんか格好いい旗が飾ってあるけど、これ海賊船の旗?」


同社では、希望する一般クルーが2名ほどオブザーバーとしてBOARDミーティングに参加することで、経営者としての考え方を育てる「BOARDING PASS」という制度がある。 これは制度が始まった時の記念メンバーフラッグ。

 ちなみに、全クルー(社員)の中からCEOに任命されたメンバーが、執行役員としてミーティングや合宿を行い経営課題に取り組む「BOARD制度」という取り組みもある。メンバーは事業戦略に合わせて1年ごとに見直しされるとのこと。

受付のある本社8Fは、大小様々な会議室が展開するフロア。案内図も宝の地図をイメージしており、ちゃんと革製というコダワリっぷり。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

内山信二/内山信二、渋谷の“段ボール会議室”に驚き」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「内山信二」関連情報をランダムに表示しています。

内山信二」関連の特集


宿泊予約サイトBooking.com。日本では2011年にカスタマーセンターが始動!2015年、本格…



約6000人をフリーアドレス制にするなど大きな働き方改革を行ったと聞いた内山くん。そんな巨大企業の働…



受付にある海や公園でキャッキャッできちゃう会社で内山信二が一目ぼれ?2トンのサンゴ砂を運んで作った海…


このページの先頭へ

内山信二/内山信二、渋谷の“段ボール会議室”に驚き」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「内山信二/内山信二、渋谷の“段ボール会議室”に驚き」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009079



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ