「ハウジング(アウトソーシング)」シェア

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

ハウジング(アウトソーシング)

2016/07/26


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、ハウジング(アウトソーシング)のシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2015年の国内ハウジング(アウトソーシング)市場は2610億円となり、その内ファシリティが1200億円、運用サービスが1410億円で、運用サービスの内インフラが495億円、ミドルウェア/アプリケーションが915億円となっている。
 仮想化やIaaS(Infrastructure as a Service)/PaaS(Platform as a Service)の活用が進んだことで、ユーザが運用しなければならないシステムが複雑化し、当該サービスはその運用負荷を低減させるための取り組みの一環として提供されている。場合によってはIaaS/PaaSとのハイブリッド利用を提供しているSIer系事業者もみられる。
 ベンダ別の市場占有率(金額ベース)を見ると、1位のベンダは17.4%でグループ企業向けの実績が高い。2位は13.6%、3位は12.8%、4位は10.7%で、いずれも大手SIerがランクインしている。5位は3.8%で、首都圏外の新設データセンターにより関東企業のDR案件を取り込み、実績は回復すると見込まれている。
 ITインフラ資産を自社で持たずに“利用”する企業が増えていて、アウトソーシング案件についても自社でIT資産を保有するポリシーを持つ企業を除き、IaaS/PaaSのみの利用や、ホスティング(アウトソーシング)とIaaS/PaaSをセットで利用するという企業も増えている。そのため、当該サービスの新規需要は鈍化傾向であり、伸長率は毎年1%程度と微増で推移していくと予想されている。

ハウジング(アウトソーシング)シェア

ハウジング(アウトソーシング)シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

ハウジング/「ハウジング(アウトソーシング)」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ハウジング」関連情報をランダムに表示しています。

ハウジング」関連の製品

クラウド型仮想デスクトップサービス NEC Cloud DaaS 【NEC】 閉域ネットワークサービス EINS/MOW-DCAN 【インテック】 Clovernet Standard 【NECネクサソリューションズ】
VDI IP-VPN インターネットVPN
「NEC Cloud DaaS」は、ビジネスシーンに必要な機能を豊富なオプションラインナップで提供する。
クラウド基盤やハウジングとのシームレスな連携も可能。
ユーザ拠点とインテックのDCや各種クラウドサービスをシームレスに接続できる閉域ネットワークサービス。快適で信頼性の高いネットワークを低コストで利用できる。 専用線と同等水準の信頼性を確保しながら、バックボーンに公衆網を利用、優れたコストパフォーマンスを実現したインターネットVPNサービス。

ハウジング」関連の特集


今話題の「コンテナ型」データセンタから、各種情報をリアルタイムに共有できるサービスなど、まさに次世代…



開発環境や情報系システム、管理系システムの移行先として一般的な選択肢となったIaaS。では“基幹系シ…



導入したばかりシステムが、わずか1年で能力不足に・・・拡張性を上手に確保したいとお考えの方に、その方…


「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ハウジング/ 「ハウジング(アウトソーシング)」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ハウジング/ 「ハウジング(アウトソーシング)」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009073


IT・IT製品TOP > データセンター > ハウジング > ハウジングの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ