何をどう見て評価する?ソーシャル分析のための「ツール」でできること

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

何をどう見て評価する?
ソーシャル分析のための「ツール」でできること

2016/09/28

 ソーシャルメディア分析は単に「ツールを入れる」だけでなく、何を調査するのか、目的は何かということを意識しなければ意味がない。

 今回は、ソーシャルメディア分析ツールでできることや最新機能を紹介することで「ツールを使う目的」を意識できるよう、情報を整理する。

ソーシャル

※「ソーシャル/何をどう見て評価する?ソーシャル分析のための「ツール」でできること」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ソーシャル/何をどう見て評価する?ソーシャル分析のための「ツール」でできること」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1ソーシャルメディア分析ツールに求めるべき機能は?

 TwitterやFacebookをはじめとする「ソーシャルメディア」にはさまざまなヒントがあふれている。担当者のセンスが光るソーシャルメディア活用事例も増え、これをビジネスで利用したいと考える経営者も多いだろう。通常であれば自社プロダクトの評判を調査するために数週間から数カ月かかっていたものが、ソーシャルメディアを利用すればほぼリアルタイムでチェックが行える。前日の情報を、次の日の朝には経営者がレポートの形で手にすることもできるのだ。

 ただし、漠然とした考えだけでソーシャルメディア分析を行っても意味はない。ソーシャル分析のニーズは大きく「リスクマネジメント目的」と「マーケティング目的」の2つに分けられる。例えば最終的に「ソーシャルメディアにおける“炎上”対策を行いたい」と思うのであれば、自社製品に関する口コミを、ネガティブワードで常に検索するような仕組みを作り、万が一該当するような投稿があれば“アラート”を上げるだけでなく、自社内にある通常のリスクマネジメント組織と連携する機能が必要になる。  

 そして、マーケティング目的で利用するのであれば、リサーチを行う上で検索すべきキーワードを試行錯誤し、本当に必要な情報だけに絞るという作業を繰り返すことになる。また、ソーシャルメディアだけでなく、別途取得したアンケート結果やテレビ、ラジオなどのマスメディアへの出稿状況をはじめ、さまざまな指標とのクロス集計や期間比較などができることが必須だ。  

 このように、ソーシャルメディア分析は単に「ツールを入れる」だけでなく、その目的を意識する必要がある。そのために必要なポイントや、担当者が知っておくべき「ソーシャルメディア分析ツール」の最新情報をまとめておこう。

1-1メディアのカバレッジは十分か?ーーソーシャルメディアの特性を知る

 企業がソーシャルメディアを分析する上で、対象となるデータソースは多種多様だ。SNSとして著名なTwitterやFacebook、Instagram以外にも、例えば有名な掲示板サービスや質問サイト、そして趣味に特化した個人サイト/ブログの掲示板なども対象になり得る。何を調べるかにより、適切なデータソースを選択する必要がある。  

 例えばTwitterなどは「リアルタイム」に近い情報が多く、キャンペーンの成否をチェックするには適しているメディアだ。老舗の掲示板である2ちゃんねるはリスクマネジメントの観点だけでなく、掲示板のジャンルによってはかなりしっかりとした製品への意見、クレームが書かれていたり、マニアックな情報が集まったりすることも多い。ソーシャルメディア分析ツールはこれらのデータソースの情報を幅広く収集しており、それらを蓄積し続けている。まずは目的にあったメディアが対象になっているか、がツール選択のポイントだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ソーシャル/何をどう見て評価する?ソーシャル分析のための「ツール」でできること」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ソーシャル」関連情報をランダムに表示しています。

ソーシャル」関連の製品

オープンソースの真のパワーとは? コスト削減を超える活用 【日本アイ・ビー・エム】 intra-mart Accel Collaboration 【NTTデータ イントラマート】 SNS統合型サイネージソリューション BILLBOARD 【テックリンク】
オープンソース グループウェア 社内SNS
米国と日本で差があるOSSへの期待効果 オープンソースの真の価値とは システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。 SNSと連動したディスプレイ表示が行えるデジタルサイネージソリューション。ソーシャルメディアを通じた口コミ戦略やイベントの企画が容易に行える。

ソーシャル」関連の特集


 前回は、Mac OS XのマルウェアであるFlashfakeの感染被害について触れた。第3回の本稿…



スマートデバイスなどコンシューマITの業務利用により、サービスデスクに求められる要件は大きく変化して…



企業内のコンテンツ量が劇的に増加し、種類やファイル形式の多様化で、管理対象が幅広くなったことで需要が…


ソーシャル」関連のセミナー

Japan Storage Vision 2017 【インターナショナルデーターコーポレイションジャパン】 注目 

開催日 2月14日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

ストレージ市場ではクラウド、コンバージェンス(統合)、フラッシュ、Software-Definedへのシフトが大きな潮流となっています。この潮流の変化の中で、オ…

テクマトリックス CRM FORUM 2017 【テクマトリックス】  

開催日 2月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

日本最大級のコンタクトセンター関係者向けイベント「テクマトリックス CRM FORUM 2017」を、2017年2月24日(金)に東京、2017年3月3日(金)…

Japan Security Vision 2017 【インターナショナルデーターコーポレイションジャパン】  

開催日 3月2日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

■セキュリティは企業の経営戦略の要となる2020年に向かって、デジタルトランスフォーメーション(DX)[※]に対する企業の動きが加速していきます。企業がDXを実…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ソーシャル/ 何をどう見て評価する?ソーシャル分析のための「ツール」でできること」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ソーシャル/ 何をどう見て評価する?ソーシャル分析のための「ツール」でできること」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30009062


IT・IT製品TOP > データ分析 > ソーシャルメディア分析 > ソーシャルメディア分析のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ