クラウドや仮想環境、ライセンス違反で億円単位の請求も?仮想化時代のソフトウェア資産管理

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

クラウドや仮想環境、ライセンス違反で億円単位の請求も?
仮想化時代のソフトウェア資産管理

2016/09/20

 企業システムの運用管理は「システムを止めない」ことが重要。しかしクラウド、モバイル、オープンソースソフトウェアなど、従来のシステム運用管理がそのまま適用できない技術の導入・運用の必要性が高まっている現在、課題となっているのがライセンス違反を犯しやすいソフトウェア資産の管理だ。管理されていないソフトウェアはセキュリティリスクともなり、TCOの適正化を妨げるものでもある。今回は、特にライセンスのバリエーションについて、クラウド/仮想化環境やモバイル環境の場合を含めて考えてみる。次回は、ソフトウェア資産管理の意義とメリットについて基礎的部分から解説する。

資産管理

※「資産管理/クラウドや仮想環境、ライセンス違反で億円単位の請求も?仮想化時代のソフトウェア資産管理」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「資産管理/クラウドや仮想環境、ライセンス違反で億円単位の請求も?仮想化時代のソフトウェア資産管理」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1ライセンスコストを3億円削減!ソフトウェア資産管理の効用

 従来の「ソフトウェア管理」はシステム運用管理の効率化とセキュリティの標準化を主な目的としてきたが、「ソフトウェア資産管理」はこれにライセンスや利用実態をひも付け、ライセンス契約の利用条件と利用実態とを「見える化」して、ライセンス違反を犯さず、無駄な契約を見直し、コンプライアンスを徹底、ソフトウェアベンダーなどによる監査の際にも説明責任を果たせるようにする目的を加えたものといえるだろう。
 
 この考え方は国内では数年前から広がり始めたが、そのきっかけはリーマンショック後のソフトウェアベンダーによるユーザー企業のライセンス使用状況の監査だ。一部のソフトウェアの使用状況(統計的情報)は通信経由でベンダー側が管理可能になっており、監査の対象になって「〇〇本のライセンスが不足しているので監査補正料金を支払って欲しい」といわれると、自社にデータがなければ唯々諾々と従うしかない。
 
 しかしベンダーは「ライセンス不足」は指摘しても「過剰」については監査しない。実際には導入したもののあまり利用されていないソフトウェアもあったりするもの。ライセンス契約内容にもよるが、その情報が確実に取れていれば、ベンダーとの交渉の余地がある。ある著名ERPツールのユーザー企業の中には、監査によって毎年ライセンス追加を求められ、億円単位の支出がその度にあったという。これではたまらないと自社でソフトウェア資産管理を行ったところ、毎年増えるユーザーライセンスがある一方で、減るユーザーライセンスもあり、総合的なライセンス数は過剰になっていることが分かった。そのデータをもとにベンダーと交渉し、なんと約3億円のライセンスコスト削減に成功したという。

 このような効用がソフトウェア資産管理のメリットの1つだが、別にベンダーの監査に対抗するのが目的ではない。経営上のガバナンスを高め、コンプライアンスとセキュリティを徹底し、その上でライセンスの適正化やTCO削減を図るという大きなスコープを持つものだ。
 
  ソフトウェア資産管理の重要性が認識されるにつれ、IT資産管理ツールの側でもライセンス管理機能を備え、インストールされているソフトウェアを分類してライセンスの詳細や、ライセンス契約情報の所在、あるいは内容そのもの(証書画像やテキスト、書類など)をひも付けて管理できる機能をつけ加えている(図1)。

図1 IT資産管理ツールによるソフトウェア資産管理画面の一例
図1 IT資産管理ツールによるソフトウェア資産管理画面の一例
資料提供:ディー・オー・エス

+拡大

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

資産管理/クラウドや仮想環境、ライセンス違反で億円単位の請求も?仮想化時代のソフトウェア資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

資産管理」関連の製品

Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】 GRANDIT 【GRANDIT】 レポートの実物で解説、VDIアセスメントサービスで分かること 【日商エレクトロニクス】
文書管理 ERP VDI
●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。
経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費モジュールで構成された完全WEBの次世代ERP。ワークフロー、通知機能、BIを装備し内部統制を支援。 VDI導入前に「自社の利用実態を丸裸」にしておくべき理由

資産管理」関連の特集


ITILソリューションとしての地位を確立しつつある統合運用管理ツール。今回は「ITIL」の基礎と、統…



従業員規模・業種別の統合運用管理ツールの「導入状況」や、「導入きっかけ」「満足度」「導入しない理由」…



発覚すれば莫大な損害賠償や厳しい刑事罰が下ることもあるソフトウェアの不正利用。その現状を統計で確認し…


資産管理」関連のセミナー

データ消去ソフト USBディスクシュレッダー 製品紹介セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 11月30日(水),12月7日(水),12月21日(水),1月11日(水),1月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「USBディスクシュレッダー」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいたし…

LanScope Cat 最新バージョンリリース会 【エムオーテックス/Cylance Japan】  

開催日 2月8日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

LanScope Cat 最新バージョンリリース会 【エムオーテックス/Cylance Japan】  

開催日 1月31日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

資産管理/ クラウドや仮想環境、ライセンス違反で億円単位の請求も?仮想化時代のソフトウェア資産管理」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「資産管理/ クラウドや仮想環境、ライセンス違反で億円単位の請求も?仮想化時代のソフトウェア資産管理」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6


30009059


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ