あの自動車部品も!大規模製品開発プロジェクト管理が脱Excelする理由

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

あの自動車部品も!
大規模製品開発プロジェクトの脱Excel管理術とは

2016/09/12

 さまざまなプロジェクトの管理に、Excelを利用している企業は数多い。しかし、多くの市場がグローバル化しつつあるため、短納期や原価低減要求への迅速な対応が市場での競争優位に結び付く傾向が強まっている。一方で、製品に求められる要件も複雑化、膨大化しており、他部門とのタイムリーな情報連携が必須になっている。こうしたことから、Excelシートに頼ったプロジェクト管理は非効率かつ不便な状況が増えてきた。それでは、プロジェクト管理専門のツールは、市場の要請にどのように対応し、どのような機能を実装しているのだろうか。

プロジェクト管理

※「プロジェクト管理/あの自動車部品も!大規模製品開発プロジェクト管理が脱Excelする理由」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「プロジェクト管理/あの自動車部品も!大規模製品開発プロジェクト管理が脱Excelする理由」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1短納期化でコストダウン! 「複数部門のコラボ」を前提としたプロジェクト管理とは

 製造業におけるモノづくり、例えば自動車部品メーカーにおける部品製造を考えた時、現在ではメーカーを取り巻く環境そのものが以前とは大きく変化してきている。

 顧客からは高機能化と納期の短縮を迫られ、同時にコストダウンも求められる。短納期化とコストダウンのための工夫として、設計から製造に至る複数の開発プロセス――例えばメカ機構の設計や試作と制御ソフトウェアの開発――を並行して行わなければならない。いわゆる「コンカレントエンジニアリング」だ。部門をまたいで、進捗状況やスケジュールの全体像を抜け漏れなく共有できなければ手戻りが多くなってしまう。

 またその際には、全体工程の中のどのポイントで、どんなデザインレビューを行うのかなどについて全部門のコンセンサスを取り、さらにプロジェクトの日程を管理するツールの標準化を図る必要もある。

 この日程管理を行うための標準的なツールとして、現在多くの企業で利用されているのがExcelに代表される表計算ソフトだ。既にさまざまな業務シーンで使われているので、プロジェクトの管理者やプロジェクトメンバーが使い慣れているというメリットがあり、また表形式なのでスケジュールの表現もしやすいといった利点がある。

 しかし一方で、各部門が大本の日程表から自分たち専用のシートを作成して、管理することが多くなると、二重管理が発生することになる。また日程が変更された場合の修正が面倒で、転記ミスが起こる恐れもある。

 一度動き出したプロジェクトが当初の予定通り、ほとんど変わらないという場合なら、Excelでの管理でも十分かもしれない。しかし今はビジネス変化のスピードが急激で、製品に求められる要件や取り扱わなければならないデータ量も膨大になってきている。さらに、「企画→設計→試作→量産準備……」といった各プロセスも、前工程が終わってから次工程というように1つずつ順番に進められるという状況ではない。プロジェクトの開始時から複数部門のコラボレーションが求められているのだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

プロジェクト管理/あの自動車部品も!大規模製品開発プロジェクト管理が脱Excelする理由」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「プロジェクト管理」関連情報をランダムに表示しています。

プロジェクト管理」関連の製品

勤休管理システム「勤時(きんとき)」 【科学情報システムズ】 PMBOK準拠プロジェクト管理 「SI Object Browser PM」 【システムインテグレータ】 Oracle ERP Cloud 【日本オラクル】
勤怠管理システム プロジェクト管理 ERP
プロジェクト工数管理機能をあわせ持つ勤怠管理システム。総務部門やプロジェクト管理者の作業効率の向上と管理コストの削減を実現する。 ●脱EXCEL! プロジェクトの進捗、コスト、品質を見える化。
●プロジェクト管理を標準化。失敗プロジェクトをなくす。
●7年で130社以上の導入実績。
幅広い業種・業態における財務、調達、プロジェクト管理などの業務プロセスを最適化。短期間で導入でき、コスト効果の高いクラウドERP製品。

プロジェクト管理」関連の特集


オフィスソフトの「何」をメインで使っているかは、企業規模によって違いが。読者が今後望む機能についても…



人材の最適配置には、スキルの体系化とその把握が必須に。人材育成のあるべき姿とともに、スキルを業務に活…



雇用の流動化が進むにつれ、ITの現場ではノウハウが継承されないという問題が発生しています…。うまく活…


プロジェクト管理」関連のセミナー

PRINCE2対応プロジェクトマネジメント基礎試験対策研修12.5PDU 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 1月17日(火)〜1月18日(水),2月9日(木)〜2月10日(金),3月16日(木)〜3月17日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 9万9900円(試験受験料・税込)

本研修は、英国生まれのプロジェクトマネジメント手法「PRINCE2」の概要を学習していただき、世界共通資格であるPRINCE2 ファンデーション資格を取得してい…

会社別にポイントを絞って解説するCCPM導入事例セミナー 【ビーイング】  

開催日 3月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

TOC(制約理論)のプロジェクト向けソリューションであるCCPMは、近年、自動車製造業のマツダの「SKYACTIV TECHNOLOGY」開発や三井造船の設計部…

プロジェクトマネジメント(PRINCE2)入門セミナー 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 1月11日(水),2月1日(水),3月3日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

英国生まれのプロジェクトマネジメント手法である「PRINCE2」は欧州や国連をはじめとした多くのプロジェクトで採用されていますが、日本ではまだ認知度が低くご存じ…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

プロジェクト管理/ あの自動車部品も!大規模製品開発プロジェクト管理が脱Excelする理由」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「プロジェクト管理/ あの自動車部品も!大規模製品開発プロジェクト管理が脱Excelする理由」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30009057


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > プロジェクト管理 > プロジェクト管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ