2016年度版改正電子帳簿保存法、何が変わった?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

2016年度版改正電子帳簿保存法、何が変わった?

2016/09/07

 財務会計の話題で今旬なのが、電子帳簿保存法における施行規則の改正だ(電子帳簿保存法そのものの改正ではない)。昨年に引き続き今年も新たに法律施行規則の改正が行われ、従来よりも領収書など証憑の電子化に取り組みやすい環境が整備されつつある。財務会計システムを提供するベンダも、積極的にセミナーを開催しており、参加者からも電子帳簿保存法の申請に前向きな企業が多いようだ。そこで今回は、新たに要件が緩和された電子帳簿保存法についてわかりやすく紹介していこう。

財務会計

※「財務会計/2016年度版改正電子帳簿保存法、何が変わった?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「財務会計/2016年度版改正電子帳簿保存法、何が変わった?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1国税関係書類を電子化する意義

■国税関係書類のスキャナ保存制度とは?

 財務会計システムを検討するうえで大きな話題となっているのが、2017年1月から運用が開始される電子帳簿保存法におけるスキャナ保存制度の要件緩和だろう。国税関係書類に係るスキャナ保存制度は、2005年に行われた電子帳簿保存法の改正時に適用された制度だ。電子帳簿保存法は、1998年に「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律」として始まったもので、その後2004年には「民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律及び関連する整備法」、いわゆるe文書法が制定され、帳簿や書類の保存義務が緩和されることになった。ただし、電子帳簿保存法に関連した税務関係の書類に関しては例外として設定され、2005年の電子帳簿保存法の改正時に初めて国税関係書類のスキャナ保存制度が導入されたのだ。

 そもそも国税庁の税務調査時に必要な帳簿や書類の中で税法上保存義務が発生するのは、仕訳帳や総勘定元帳などの「国税関係帳簿」をはじめ、損益計算書や貸借対照表、契約書請求書などの「国税関連書類」。この中で、電子帳簿保存法の適用を受けるための申請が可能なのが、決算に際して作成された損益計算書や貸借対照表などの決算関係書類と、取引に関して作成された取引関係書類。この中でデータ保存の申請を行うのが、決算関係書類や自己が発行した取引関係書類であり、紙で受け取った領収書や取引先から受領した書類についてはスキャナ保存の申請を行うことになる。このスキャナ保存の要件が緩和されたことが今回のポイントになってくる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

財務会計/2016年度版改正電子帳簿保存法、何が変わった?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「財務会計」関連情報をランダムに表示しています。

財務会計」関連の製品

運用管理性・冗長性・構築期間に優れた「Lenovo Converged HX」 【レノボ・ジャパン株式会社】 経営基盤ソリューション 『 SuperStream-NX 』 【スーパーストリーム】 中堅・中小企業向け基幹業務ERP MJSLINK NX-I 【ミロク情報サービス】
垂直統合型システム ERP ERP
古川製作所がクラウドではなくハイパーコンバージドを選んだ理由 ◎会計:完全Web対応の優れた操作性 / 日本の法制度に迅速に対応/多言語・多通貨によるグローバル対応
◎人事給与:高度なタレント管理、人材の適性配置・育成を実現
強力な管理会計機能を備えたERPパッケージ。
業務効率の更なる向上と知的生産の向上に寄与する仕組みを搭載。
シリーズとしての機能を継承しつつ約200の機能アップを実現。

財務会計」関連の特集


「ビッグバン導入は最悪の選択」と言われる昨今、巨額の投資やリスクを背負うことが困難な中堅・中小企業は…



2013年5月に成立した通称マイナンバー法。企業にどんな影響があるのか、その基礎知識とともにその対応…



“厄介な黒船襲来”と思われがちな「工事進行基準」が赤字プロジェクトを撲滅する!?デスマーチにお悩みの…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

財務会計/ 2016年度版改正電子帳簿保存法、何が変わった?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「財務会計/ 2016年度版改正電子帳簿保存法、何が変わった?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30009056


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ