導入すると運用はどうなるの?EMM導入/運用の具体例

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

導入すると運用はどうなる? EMM導入/運用の具体例

2016/08/31

 モバイルデバイスをセキュアに業務利用するための基本的機能については前回、セキュリティリスクと関連付けながら解説した。今回は、EMMツールを実際に導入・運用する場合のイメージを、事例も交えて紹介していく。同時にEMM製品導入検討時の注意ポイントも挙げる。

EMM

※「EMM/導入すると運用はどうなるの?EMM導入/運用の具体例」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「EMM/導入すると運用はどうなるの?EMM導入/運用の具体例」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1EMMツールの導入と運用イメージ

 EMMツールの導入プロセスは、製品情報の収集から始まり、自社の要件をまとめてフィット&ギャップを検討するという、IT製品導入に共通したスタート地点から始まるが、その後は無償トライアルが可能な場合がほとんどで、トライアルで良好な結果が得られたら、そのまま本番運用が可能になる。導入形態はオンプレミスでEMMサーバを構築する場合もあれば、クラウドでのサービスを利用する場合もある。

1-1EMM導入のステップ

 EMM導入をソリューションとしてSIerに依頼する場合のステップは図1のようなイメージになる。ツールベンダーから直接購入する場合でも、基本的には同様のステップになるだろう。ただし複数製品の情報提供やトライアル実施のサポート、本番移行時の追加設定やシステム拡張、運用設計、キッティング、その後のサポートや運用には、ツールベンダーは限定的にしか関与しないと考えたほうが良い。

図1 EMMの導入ステップ
図1 EMMの導入ステップ
資料提供:NRI

 要件定義はStep1に含まれているが、そこでは利用する端末(iOS/Android/Windows)、主な業務内容(メール、予定表、社内Webのブラウジング、自社開発業務アプリ、ファイルサーバのアクセス、クラウドサービスの併用など)、周辺のサーバとの連携の要不要(AD/LDAP連携、Exchangeサーバ、Notesサーバなど)、導入規模などが主な検討事項になるだろう。導入規模はオンプレミス構築かクラウド利用かの判断の分かれ目になる。当然規模が大きいほどオンプレミス構築のほうがコストを軽減できる可能性は高い。

 トライアルのスコープと目的を決めるのはもちろん自社だが、その際にSIerやツールベンダーからの提案を求めるのが合理的だ。類似の要件や業種・業態の事例を豊富に経験している業者なら、要件を満たすだけでなく、プラスアルファのソリューションやビジネス合理化のヒントが得られる可能性が高い。

 次に検証評価(POC)をまずは机上で、次にトライアルで行うことになる。ここで情報収集段階に作成した○×式の機能リストの内実が分かる。機能はあっても、さまざまな条件から利用できないこともままある。この際に社内ネットワークへのセキュアな接続のための証明書管理方法や、VPN接続方式などについてはよく確認しておくと良い。

 本番導入では、クラウドでのトライアル時におよその設定は完了しているため、そのままの状態で本番移行できる。オンプレミス構築の場合は、自社内で労力が割けないなら取引のあるSIerか、ツールベンダーの代理店の手で環境構築を行い、検証環境と同様な設定を行うことになる。

 この際の端末のキッティングと配布もSIerが担当することが多いが、デバイスへのエージェントアプリやプロファイルの配信はかなり合理化できるようになっており、ユーザーが協力的であれば自社のみでも可能だし、専門のアウトソーシング業者もある。特にiOS 9以降はDEP(Device Enrollment Program)によって、初期セットアップを省力化して、キッティングにかかる運用コストを飛躍的に低減できるケースも増えてきている。

 VMwareが提供するEMM「AirWatch」の場合、最初にエージェントアプリのダウンロードが必要だが、EMMへのデバイス加入は、ユーザーによる次のような手順だけで済む。また、機能は一部制限されるがエージェントアプリを必要としない、ブラウザ経由での加入も可能である。

図2 EMMへのデバイス加入の際のユーザー操作の例(上段)と管理画面への表示例(下段)
図2 EMMへのデバイス加入の際のユーザー操作の例(上段)と管理画面への表示例(下段)
資料提供:NRI

+拡大

■【導入事例】3カ月で8000台弱のスマートフォンを全国展開

 ある医薬品卸売大手企業では、日本国内のグループ会社を含む従業員全員にiPhoneを配布、CLOMO MDMによる一括管理を実施している。事前に機能制限やセキュリティポリシーとして配布する「プロファイル」の設計要件やインストールするアプリケーションを明確化した上で、「グルーピング」「プロファイルの自動適用」「アプリのサイレントインストール」など、CLOMO独自の機能も駆使し、他の方法よりも大幅なコスト削減を実現した。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

EMM/導入すると運用はどうなるの?EMM導入/運用の具体例」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EMM」関連情報をランダムに表示しています。

EMM」関連の製品

「デジタルワークスペース」が安全な働き方改革を実現する道筋 【ヴイエムウェア+他】
その他エンドポイントセキュリティ関連
働き方改革を機にリモートワークを導入する企業が増えつつあるが、ここでも課題となるのがセキュリティ対策だ。リモートワークの利便性とセキュリティを両立する手法とは。

EMM」関連の特集


ITを活用した働き方変革を進めるときに、大きな課題になる「セキュリティ」。モバイルデバイスやクラウド…



後編ではビジネスモバイルの管理ツールであるEMM/MDM/MAM/MCMの認知度や導入状況を調査。



BYODという概念だけでなく、CYODやCOPEといったスマートデバイス管理の在り方も。デバイス管理…


「MDM」関連の製品

モバイルPC 盗難・紛失対策サービス 【日立ソリューションズ】 NECのクラウド型MDM 「スマートデバイス管理サービス」 【NEC】 スマートデバイス仮想化基盤 Avast Virtual Mobile Platform 【日立ソリューションズ】
MDM MDM MDM
モバイルPCに対してリモートロックやリモートワイプ等によるセキュリティ対策を提供。盗難にあったPCの回収支援も行う。 スマートデバイスを業務利用している企業の声を反映したクラウド型MDMサービス。端末ロック、グループ単位でのアプリ配信、インストール制御など企業に必要な機能が充実。 スマートデバイスの活用、BYODの実現を支援する仮想化基盤ソリューション。スマートデバイス向け仮想化基盤により、情報漏洩リスクの軽減とデータの公私分離を実現。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

EMM/ 導入すると運用はどうなるの?EMM導入/運用の具体例」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「EMM/ 導入すると運用はどうなるの?EMM導入/運用の具体例」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30009054


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > MDM > MDMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ