なぜ注目されるのか?超高速開発ツールの基礎知識

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

なぜ注目されるのか?超高速開発ツールの基礎知識

2016/08/08

 変化の激しい市場の中で企業が生き残っていくためには、新たな価値を生み出すことが可能な仕組みを素早く市場に投入できる環境が求められている。そこで注目されているのが、システム開発をより効率的に行うための「超高速開発ツール」だ。ただし、高速開発に寄与する仕組みやサービス自体はとても範囲が広く、読者にとっては分かりにくい部分も少なくない。そこで今回は、高速開発に役立つツールには一体どんなものがあり、導入することでどんなメリットが得られるのか、その基本を振り返ってみたい。

超高速開発

※「超高速開発/なぜ注目されるのか?超高速開発ツールの基礎知識」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「超高速開発/なぜ注目されるのか?超高速開発ツールの基礎知識」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1超高速開発とは?

1-1超高速開発ツールとは何だ?

 2012年ごろからキーワードとしてメディアに登場し始めた超高速開発。ビジネスのスピードが加速するなかで競争に勝ち残っていくためには、意思決定されたものをシステムに素早く落とし込むための仕組み作りが急務となっている。そのためには、アプリケーション開発の工数短縮につながる開発支援ツールが必要不可欠であり、今ではそれらをまとめて「超高速開発ツール」と呼ぶようになっている。

 実は、超高速開発に関連した考え方や手法、ツールなどの認知度向上を目指す「超高速開発コミュニティ」が存在するなど、超高速開発ツールは注目のジャンルの1つだ。このコミュニティーには、開発の生産性向上に貢献するツールを提供しているさまざまなベンダーが参加しているが、このコミュニティーの顔ぶれを見る限り、超高速開発ツールに含まれる製品群は多岐にわたっていることが分かる。具体的には、コード自動生成ツールやBPMS、テスト自動化ツール、EAIをはじめとしたデータ連携ソリューション、そして実行環境としてのリッチクライアントなどだ。

 今回の特集では、主にソースコード自動生成ツールなど、ビジネスロジックや画面定義をGUIで行いながらノンプログラミングで業務アプリケーションが開発できる製品を中心に紹介していく。なお、一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)では、超高速開発ツール群を「設計・コード生成型」「設計・実行エンジン型」「業務モデル支援」「テスト自動実行」「EAI」「UI生成・実行」に区分けし、それぞれ開発プロセスにおけるどの工程を支援してくれるのかを調査している。このマトリクス表は後述する。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

超高速開発/なぜ注目されるのか?超高速開発ツールの基礎知識」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「超高速開発」関連情報をランダムに表示しています。

超高速開発」関連の製品

Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】 超高速開発ツール「Web Performer」 【サンテック】 Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】
開発ツール 開発ツール 開発ツール
ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。 ノンプログラミングでWebアプリケーションを自動生成するマルチブラウザ対応の超高速開発ツール。Javaの知識不要で、基本設計情報を定義するだけでシステムを開発できる。 ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能

超高速開発」関連の特集


一見すると同じように見える「超高速開発ツール」ですが、開発するアプリケーションの種類によっても選択肢…



情シスと業務部門が持つジレンマの解決に貢献するノンプログラミング開発。その特徴や普及状況、導入事例ま…


「開発ツール」関連の製品

業務システム開発の部品組み立て型開発基盤 「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】 ビジネスとITの橋渡しをする Mendix App Platform 【ビルドシステム】 Excel関数入力ができるなら、もっと便利な業務アプリが作れる 【日本マイクロソフト】
開発ツール 開発ツール 開発ツール
データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。 デジタルイノベーションをビジネスに取り込み、アイデアを素早く形にするには、開発・運用体制が肝になる。アジャイル化、内製化を推し進めるプラットフォームとは。 Excelの式入力ができるなら、同じ手間でもっと便利な業務アプリ作成ができる

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

超高速開発/ なぜ注目されるのか?超高速開発ツールの基礎知識」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「超高速開発/ なぜ注目されるのか?超高速開発ツールの基礎知識」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30009047


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ