なぜ、BIツール業界で「セルフサービスBI」が躍り出たのか――BIツールの変遷を振り返る

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

なぜ、BIツール業界で「セルフサービスBI」が
躍り出たのか――BIツールの変遷を振り返る

2016/08/01

 最近よく耳にする「セルフサービスBI」という言葉だが、いまひとつピンと来ない人も多いのではないか。そこでセルフサービスBIとはどのようなものなのか、注目を集める理由や従来のBIツールとの違い、そして期待される効果や情報システム部門の役割などについて検証したい。

セルフサービスBI

※「セルフサービスBI/なぜ、BIツール業界で「セルフサービスBI」が躍り出たのか――BIツールの変遷を振り返る」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「セルフサービスBI/なぜ、BIツール業界で「セルフサービスBI」が躍り出たのか――BIツールの変遷を振り返る」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1「セルフサービスBI」って何?

 まずは「セルフサービスBI」とはどのようなものを指すのか、どういった経緯で登場し、そしてなぜいま注目されているのか、順を追って見ていきたい。

1-1セルフサービスBIの定義

 「セルフサービスBI」基本的な定義は、エンドユーザーが自らの手でデータを分析/活用することだと言っていい。ITや統計分析などに関する特別な知識やスキルを持たない経営者や営業部門、マーケティング部門のスタッフが、売上データや、顧客データ、在庫データといった社内のデータ、さらにはSNSなどのWeb上のデータや公的機関が公開している人口統計や地理情報などのオープンデータといった、さまざまなデータをリアルタイムに自在に組み合わせながら可視化することでビジネス判断に必要な知見を得ることができる──それがセルフサービスBIの根幹となる考え方だ。

 一方、従来ながらのBIというのは、IT部門が作成した紙の帳票やダッシュボードなどのようにレポートが主体であり、ビジネスの現場で意思決定を行うユーザーが自らの手でデータを選択して可視化しながら判断を下すといった用途には不向きであった。ビジネスを取り巻く環境がますますスピードアップする中、現場でのより迅速な意思決定が求められるようになっていることもあり、BIのトレンドはここに来て急速に「セルフサービス」へと移り変わっているのである。

 このような背景を受けて、調査機関のガートナーも2016年のBI市場の「マジック・クアドラント」(4つのブロックに分けて市場での各ベンダー間の相対的なポジションを示す図)の評価基準を大きく変更しており、「リーダー」に該当するBIベンダーは、2015年の9社からわずか3社に絞られることとなった。その3社とは、Tableau(タブロー)、QlikTech(クリックテック)、Microsoftで、いずれもいち早くセルフサービスBIに注力してきたベンダーである。また、3社が提供するセルフサービスBIツールはどれも、グラフィカルな表示機能や、ExcelやAccessを使ったことがあるユーザーであれば比較的容易に使いこなすことができるような分かりやすいインタフェースを備えている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

セルフサービスBI/なぜ、BIツール業界で「セルフサービスBI」が躍り出たのか――BIツールの変遷を振り返る」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セルフサービスBI」関連情報をランダムに表示しています。

セルフサービスBI」関連の製品

Excelをドラッグ&ドロップで分析を開始できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 BIの新たな進展:「セルフサービスBI」の次に来る潮流とは(Actionista!) 【ジャストシステム】 BIツール導入のロードマップ――データ分析ドリブンの意思決定を根付かせる方法 【Tableau Japan】
BI BI BI
専用クライアント不要。ブラウザベースで「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え分析結果を組織内で自由に共有することが可能。 BIの新たな進展:「セルフサービスBI」の次に来る潮流とは BIツール導入のロードマップ――データ分析ドリブンの意思決定を根付かせる方法

セルフサービスBI」関連の特集


IT業界の最前線で顧客に最善のIT環境を提案し続けるプロフェッショナル集団、NTTデータ先端技術。し…



錦織圭選手の試合データの分析結果は?福原愛選手の打球の軌跡は?業務部門がメインユーザーであるセルフサ…



セルフサービスBIは汎用性も高く機能も豊富だが、せっかく導入してもうまく活用できなければ意味がない。…


セルフサービスBI」関連のセミナー

【大阪】原因を可視化する瞬時販売分析QlikView無料体験セミナー 【グランバレイ】  

開催日 5月22日(火),6月19日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

■■実機を使った営業分析のセミナーを大阪で開催!!■■ 「QlikView」は多彩なユーザーインターフェースと連想技術により、新たな気付きを導き出す画期的な「セ…

DX対応統合型データ分析基盤「Sisense」無料体験セミナー 【グランバレイ】  

開催日 4月26日(木),5月24日(木),5月31日(木),6月14日(木),6月21日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

最新のBI・クラウド・IoT・AI・ブロックチェーンといった新たな技術を用いて、業務や情報のやり取りを高速化・効率化する「デジタル・トランスフォーメーション(D…

使いやすさを実感!LaKeel BI製品体験 無料セミナー 【レジェンド・アプリケーションズ】  

開催日 4月26日(木),5月15日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

LaKeel BIは、シンプルな操作性、豊富なテンプレート、徹底したサポートによって、「誰でも、簡単に使いこなすことができる」セルフサービスBIです。本セミナー…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

セルフサービスBI/ なぜ、BIツール業界で「セルフサービスBI」が躍り出たのか――BIツールの変遷を振り返る」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「セルフサービスBI/ なぜ、BIツール業界で「セルフサービスBI」が躍り出たのか――BIツールの変遷を振り返る」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30009045


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ