企業合併に海外拠点、Office 365利用の企業も活用事例で分かる「IDフェデレーション」の使い方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

企業合併に海外拠点、Office 365利用の企業も活用
事例で分かる「IDフェデレーション」の使い方

2016/07/27

 ビジネスシーンにおけるクラウドサービスの普及や、情報セキュリティ対策の更なる強化の必要性から、近年「IDフェデレーション」と呼ばれるITソリューションのニーズが高まっている。しかし既にその導入メリットを享受している企業がある一方で、具体的な利用イメージがなかなか湧かないために導入に二の足を踏む企業も少なくない。

 そこで今回は、IDフェデレーションが特に効果を発揮するであろう具体的なユースケースを幾つか挙げながら、その導入・活用メリットを紹介していこう。

IDフェデレーション

※「IDフェデレーション/企業合併に海外拠点、Office 365利用の企業も活用事例で分かる「IDフェデレーション」の使い方」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「IDフェデレーション/企業合併に海外拠点、Office 365利用の企業も活用事例で分かる「IDフェデレーション」の使い方」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1クラウドサービスのSSOを実現する手段として

 企業がIDフェデレーションのソリューションを導入する最も大きな動機が、パブリッククラウドサービスのユーザIDやパスワードの扱いを何とかしたいというものだ。Office 365やGoogle Apps、salesforce.comなど、今や多くの企業がパブリッククラウドサービスを業務において活用している。中には複数のクラウドサービスを導入していたり、あるいは情報システム部門の知らないところで現場の判断で独自にクラウドサービスを導入・利用していたりするケースも少なくない。

 通常のクラウドサービスはそれぞれにID/パスワードが存在するため、当然ながらユーザはサービスごとにそれを使い分ける必要がある。その場合、パスワードの管理やログイン操作が面倒であるばかりでなく、パスワード漏洩に起因するセキュリティリスクの温床ともなり得る。しかし、これまで社内システム向けに使われてきた統合ID基盤やSSOの製品では、クラウドサービスのようにインターネット上に存在するシステムのIDや認証を扱うことは基本的にできない。  

 そこでIDフェデレーション技術を利用し、複数のクラウドサービスのIDを連携させることによってクラウドサービス間をまたいだSSOを実現できるほか、既存の社内システムの統合ID管理基盤やSSO基盤とIDフェデレーション製品・サービスを連携させることで、社内外のシステムをまたいだSSOも実現できる。これによりエンドユーザの利便性が大幅に向上するのはもちろんのこと、情報システム部門にとっても社内各所で使われているクラウドサービスを棚卸ししてその利用実態を把握し、それらのIDを連携させることによって社内ITガバナンスをより一層強化する好機となり得る。

クラウドサービスとのSSO実現例
クラウドサービスとのSSO実現例
資料提供:日本CA

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

IDフェデレーション/企業合併に海外拠点、Office 365利用の企業も活用事例で分かる「IDフェデレーション」の使い方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IDフェデレーション」関連情報をランダムに表示しています。

IDフェデレーション」関連の特集


クラウドの普及や情報セキュリティの観点から、注目される「IDフェデレーション」。従来からあるID統合…



モバイルデバイスの長所を活用しつつ、情報漏えいを防ぐための企業ポリシーを踏襲し、セキュリティレベル保…



ユーザ管理やセキュリティ対策の根幹にあるID管理は、オンプレミスに閉じた環境からクラウドへの展開を加…


「ID管理」関連の製品

オープンソース統合ID管理 Unicorn ID Manager 【オープンソース・ソリューション・テクノロジ】 特権ユーザ管理ソリューション 【CA Privileged Identity Manager】 【CA Technologies】 ID管理ソリューション 結人・束人 【インテック】
ID管理 ID管理 ID管理
複数システムのID管理情報を一括管理するオープンソースの統合ID管理ソフトウェア。過剰な機能を抑え必要な機能に絞ることで、低価格での提供を実現している。 特権ID管理ソリューション。ゲートウェイ型/サーバー制御型の2つのアプローチにより厳格な管理を実現する。PCI DSSなどの要件に対応し、監査対応にも有効。 システムごとに存在するID情報の一元管理を実現する。異なるシステム間のデータ同期に加え、ID情報のライフサイクルを管理し、煩雑なID管理業務の負担を軽減する。

「ID管理」関連の特集


ID管理製品に対する企業の興味や期待が急速に高まり、「特権ID管理」「IDフェデレーション」といった…



 最近のIT業界は「クラウド」の話題ばかりであるが、アイデンティティ管理もクラウド環境において非常に…



2010年度、プラス推移となった「アイデンティティ管理ツール」市場。その理由とは?同製品のシェアデー…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IDフェデレーション/ 企業合併に海外拠点、Office 365利用の企業も活用事例で分かる「IDフェデレーション」の使い方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IDフェデレーション/ 企業合併に海外拠点、Office 365利用の企業も活用事例で分かる「IDフェデレーション」の使い方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30009044


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ