再燃する「ファイル暗号化ソリューション」で現状の仕事の運用を変えず、データを守るには?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

再燃する「ファイル暗号化ソリューション」で
現状の仕事の運用を変えず、データを守るには?

2016/07/13

 J-SOXや個人情報保護法対応の波を経て、再び「ファイル暗号化ソリューション」が注目を集めている。これまでは脅威の内部侵入を厳しく制御するセキュリティを重視していたが、もはや「悪意あるものは壁の内側にもいる」という考え方でなければ、重要な情報を守ることはできなくなった。そのため、壁の内側で作成されたファイルを、外に持ち出しても内容を漏洩させない仕組みとして「ファイルの暗号化」が注目されている。様々な暗号化の方法やクラウドとの親和性など、社内にどのような形でインプリメントするのが最適なのかを考えてみたい。  

暗号化

※「暗号化/再燃する「ファイル暗号化ソリューション」で現状の仕事の運用を変えず、データを守るには?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「暗号化/再燃する「ファイル暗号化ソリューション」で現状の仕事の運用を変えず、データを守るには?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1ファイル暗号化ソリューションの素朴な疑問と導入前のポイント

1-1ファイル暗号化ソリューションの基本は「運用を変えずに手軽に」

 ファイル暗号化ソリューションは、文字通り企業内で作られるファイルを「暗号化」することで、企業の外の人間がファイルの中に格納された様々な機密情報にアクセスできないようにする仕組みだ。ポイントは暗号化の強度よりも、暗号化に伴ってアクセスコントロール権を細かく付与することや、暗号化/復号を意識することなく、システム側で制御ができることにある。いくら強固な暗号が実現できるソリューションであっても、各従業員の裁量に任せれば少なからず暗号化忘れが発生してしまう。これでは意味がない。従業員が意識せずとも、重要なファイルに暗号化が施されるかどうかが重要なのだ。

 ファイル暗号化ソリューションは、従業員が利用するPCやファイルサーバなどにエージェントプログラムをインストールすることで機能する。このエージェントが“あるタイミング”でファイルを確認し、都度自動的に「暗号化」を施す(あるタイミングというのは、ファイルを保存したタイミングや、ツール利用時など製品によって異なる)。また、各従業員の「権限」や「認証情報」を基に実行されるため個別にパスワードを設定することなく暗号化が施される製品が多い。暗号化したファイルをダブルクリックすれば、エージェントが自動的に利用者の権限を確認し、認証できれば普段のファイルと同じように開くことが可能だ。細かい機能については第1回の記事を参照していただきたい。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

暗号化/再燃する「ファイル暗号化ソリューション」で現状の仕事の運用を変えず、データを守るには?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

暗号化」関連の製品

超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】
その他エンドポイントセキュリティ関連 バックアップツール 暗号化
電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。

暗号化」関連の特集


スマートフォンは"経営層"だけじゃない!多様なビジネスシーンでこそ活きる、特出した機能や活用法を「企…



アドレス変換の仕組みと、それを応用した資産管理ツールを解説!資格試験で腕試しもできる、新人必見のビギ…



情報漏洩の大きな原因であるメールのウッカリ送信ミスを防ぐ「メール誤送信防止ツール」の仕組みと最新動向…


暗号化」関連のセミナー

SSL通信環境におけるセキュリティ対策、ログ運用の提案ポイント 【マクニカネットワークス】  

開催日 9月6日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

WebサイトのSSL化が年々右肩上がりに増加しており、現在約半数のWebサイトがSSL化されていると言われております。本来安全を確保するためのSSL通信が、暗号…

Webと電子証明書〜TLSからCAまで〜 【日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 10月6日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 4万円(税込)

●概要: WebサーバにおけるPKIやTLS接続の意味を学びながら、 PKIに関わる操作を体験できるハンズオンコースです。本講座では、 サーバ設定・Webブラウ…

Zabbix 3.0 認定プロフェッショナルコース 【Zabbix Japan 】  

開催日 12月21日(木)〜12月22日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 10万8000円(税込)

Zabbixのプロフェッショナルを目指す本コースでは、Zabbixプロキシサーバーを使った分散監視や、Zabbixサーバーの内部的な動作、ローレベルディスカバリ…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

暗号化/ 再燃する「ファイル暗号化ソリューション」で現状の仕事の運用を変えず、データを守るには?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「暗号化/ 再燃する「ファイル暗号化ソリューション」で現状の仕事の運用を変えず、データを守るには?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30009040


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ