再燃する「ファイル暗号化ソリューション」で現状の仕事の運用を変えず、データを守るには?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

再燃する「ファイル暗号化ソリューション」で
現状の仕事の運用を変えず、データを守るには?

2016/07/13

 J-SOXや個人情報保護法対応の波を経て、再び「ファイル暗号化ソリューション」が注目を集めている。これまでは脅威の内部侵入を厳しく制御するセキュリティを重視していたが、もはや「悪意あるものは壁の内側にもいる」という考え方でなければ、重要な情報を守ることはできなくなった。そのため、壁の内側で作成されたファイルを、外に持ち出しても内容を漏洩させない仕組みとして「ファイルの暗号化」が注目されている。様々な暗号化の方法やクラウドとの親和性など、社内にどのような形でインプリメントするのが最適なのかを考えてみたい。  

暗号化

※「暗号化/再燃する「ファイル暗号化ソリューション」で現状の仕事の運用を変えず、データを守るには?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「暗号化/再燃する「ファイル暗号化ソリューション」で現状の仕事の運用を変えず、データを守るには?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1ファイル暗号化ソリューションの素朴な疑問と導入前のポイント

1-1ファイル暗号化ソリューションの基本は「運用を変えずに手軽に」

 ファイル暗号化ソリューションは、文字通り企業内で作られるファイルを「暗号化」することで、企業の外の人間がファイルの中に格納された様々な機密情報にアクセスできないようにする仕組みだ。ポイントは暗号化の強度よりも、暗号化に伴ってアクセスコントロール権を細かく付与することや、暗号化/復号を意識することなく、システム側で制御ができることにある。いくら強固な暗号が実現できるソリューションであっても、各従業員の裁量に任せれば少なからず暗号化忘れが発生してしまう。これでは意味がない。従業員が意識せずとも、重要なファイルに暗号化が施されるかどうかが重要なのだ。

 ファイル暗号化ソリューションは、従業員が利用するPCやファイルサーバなどにエージェントプログラムをインストールすることで機能する。このエージェントが“あるタイミング”でファイルを確認し、都度自動的に「暗号化」を施す(あるタイミングというのは、ファイルを保存したタイミングや、ツール利用時など製品によって異なる)。また、各従業員の「権限」や「認証情報」を基に実行されるため個別にパスワードを設定することなく暗号化が施される製品が多い。暗号化したファイルをダブルクリックすれば、エージェントが自動的に利用者の権限を確認し、認証できれば普段のファイルと同じように開くことが可能だ。細かい機能については第1回の記事を参照していただきたい。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

暗号化/再燃する「ファイル暗号化ソリューション」で現状の仕事の運用を変えず、データを守るには?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

暗号化」関連の製品

フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 システム連携/ファイル転送ツール「HULFT」 【セゾン情報システムズ】 アプリケーションデリバリコントローラ Array APVシリーズ 【アレイ・ネットワークス】
暗号化 ファイル転送 ADC/ロードバランサ
OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 多数の導入実績を持ち、80%という圧倒的シェアを誇るTCP/IP企業内・企業間通信ミドルウェア。データ連携やシステム連携を安全、確実かつ円滑に行う。 最先端のマルチコア処理、ハードウェア高速化モジュール、エネルギー効率のよいコンポーネント、10Gbitイーサネット接続等が特長のアプリケーションデリバリコントローラ。

暗号化」関連の特集


モバイル端末の普及で外出中にインターネットアクセスを行うため、急速に需要が高まっている「モバイルブロ…



国際通話が安い、音がきれい、P2P利用など話題満載のIP電話ソフト「スカイプ(skype)」。利用者…



災害や節電対策、生活と仕事の調和を図るワークライフバランスへの配慮等から、在宅勤務の必要性が叫ばれて…


暗号化」関連のセミナー

Zabbix 3.0 認定プロフェッショナルコース 【Zabbix Japan 】  

開催日 6月29日(木)〜6月30日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 10万8000円(税込)

Zabbixのプロフェッショナルを目指す本コースでは、Zabbixプロキシサーバーを使った分散監視や、Zabbixサーバーの内部的な動作、ローレベルディスカバリ…

SANSコミュニティナイトセッション 【SANS Institute/NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 7月10日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

ランサムウェアの脅威が、ここ2〜3年で急増しています。この種の悪意のあるソフトウェア(マルウェア)は、システムのハードディスクドライブに保存されているファイルを…

HSMまるわかりセミナー なぜHSMが必要とされているのか? 【マクニカネットワークス】  

開催日 7月27日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

クレジットカード情報の保護とPCIDSS等のセキュリティ対応のニーズを受け、HSMへの関心が高まっております。そもそもHSMとは何なのか?という基礎から、今回は…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

暗号化/ 再燃する「ファイル暗号化ソリューション」で現状の仕事の運用を変えず、データを守るには?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「暗号化/ 再燃する「ファイル暗号化ソリューション」で現状の仕事の運用を変えず、データを守るには?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30009040


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ