「流出する」ことを前提とした情報漏洩対策ファイル暗号化ソリューションとは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

「流出する」ことを前提とした情報漏洩対策
ファイル暗号化ソリューションとは?

2016/07/11

 2015年5月、日本年金機構において大規模な情報漏洩が発生した。注目したいのはその「流出」の経緯だ。もともと基幹業務システムのデータベースには特定の端末からしかアクセスできず、端末にはファイルも保存できない仕組みになっていた。しかし、運用担当者がこうした制約をすり抜けて基幹業務システムから取得したファイルを共有ファイルサーバに保存していたため、そこから情報が流出してしまったのだ。どれだけシステムを強固にしていても、システムの外に中間的なファイルが作られてしまうと「セキュリティの鎖」はいともたやすく切られてしまう。
 ルールを徹底するセキュリティ対策も必要だが、「マルウェアなどの侵入を前提として、侵入されてもデータを利用できない仕組み」を取り入れることも重要だ。そこで今回は万が一侵入された場合でも、本丸である「データの中身」を利用できない仕組みとして、ファイル暗号化ソリューションの導入ポイントを考えてみよう。

暗号化

※「暗号化/「流出する」ことを前提とした情報漏洩対策ファイル暗号化ソリューションとは?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「暗号化/「流出する」ことを前提とした情報漏洩対策ファイル暗号化ソリューションとは?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1暗号化ソリューションとは?

 暗号化ソリューションはこれまでも「フルディスク暗号化」vs「ファイル暗号化」という構図で、可搬性のあるノートPCなどの紛失対策といった資産管理の面で注目されていた。しかし日本年金機構の事件以降、標的型サイバー攻撃などを原因とする情報漏洩対策としても注目を集めている。本稿の取材においても、暗号化ソリューションは「事件以降、官公庁を中心に引き合いが大変多い」という声を多く聞いた。

 企業内には、当然であるが「機密情報」がたくさんある。顧客情報や特許に関連するような情報に限らず、製造業においては部品/素材一覧や運用/製造マニュアルも流出すると企業に大きなダメージを与える。また、2016年より運用のはじまったマイナンバーも決して外部に漏らしてはならない情報。機密情報をいかにコントロールするかというのは企業にとって重要なポイントだ。

 暗号化ソリューションが情報漏洩対策として有効な理由は、PC内にある特定の拡張子/種類のファイルを基本的にはすべて「暗号化」することで、万が一社外の人間がファイルを盗み出したとしても、そのファイルを開くことができず「ファイルは漏洩しても、情報は漏洩しない」結果になるからだ。

 ほとんどの暗号化ソリューションでは、暗号化したファイルのアイコンも見た目を変化させないものが多い。違いは暗号化済みを示す小さなバッジ程度だ。操作感も通常時と変わらず、暗号化したファイルをダブルクリックするとOfficeやPDFビューアアプリが通常どおりに起動し、ファイルを保存すると自動で暗号化される。多くのソリューションが「これまでと使い勝手が変わらない」ことを目指して作っているため、操作感は変わらないと思ってよい。

図1 主なファイル暗号化ソリューションのイメージ
図1 主なファイル暗号化ソリューションのイメージ
ファイル保存とともに自動的に暗号化が行われる。Microsoft OfficeやAdobe Acrobatで作成されたファイルを保存した時点で自動的に暗号化。利用者が特別な操作をする必要がないので、従来と使い勝手が変わらない。
資料提供:アルプス システム インテグレーション(ALSI)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

暗号化/「流出する」ことを前提とした情報漏洩対策ファイル暗号化ソリューションとは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

暗号化」関連の製品

超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】 ALSI 情報漏洩対策シリーズ InterSafe ILP 【アルプス システム インテグレーション】 ランサムウェア対策ソフト 「AppCheck」 【Jiransoft Japan】
その他エンドポイントセキュリティ関連 DLP アンチウイルス
電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。 「ファイル暗号化」、「デバイス制御」、「ワークフロー機能」「セキュリティUSBメモリ作成」までトータルな情報漏洩対策を提供。 ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版ダウンロードにより試用もできる。

暗号化」関連の特集


初期投資を抑えたい、ネットワークを変更したくない。導入を検討する段階で直面するいろいろな悩みを、5つ…



モバイルデバイスの普及に伴い、柔軟なIT利用が可能になる一方で考慮しなければならないのが情報セキュリ…



インターネットバブル時代に活況を呈したEAI(Enterprise Application Inte…


暗号化」関連のセミナー

SANSコミュニティナイトセッション 【SANS Institute/NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 7月10日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

ランサムウェアの脅威が、ここ2〜3年で急増しています。この種の悪意のあるソフトウェア(マルウェア)は、システムのハードディスクドライブに保存されているファイルを…

HSMまるわかりセミナー なぜHSMが必要とされているのか? 【マクニカネットワークス】  

開催日 7月27日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

クレジットカード情報の保護とPCIDSS等のセキュリティ対応のニーズを受け、HSMへの関心が高まっております。そもそもHSMとは何なのか?という基礎から、今回は…

Zabbix 3.0 認定プロフェッショナルコース 【Zabbix Japan 】  

開催日 6月29日(木)〜6月30日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 10万8000円(税込)

Zabbixのプロフェッショナルを目指す本コースでは、Zabbixプロキシサーバーを使った分散監視や、Zabbixサーバーの内部的な動作、ローレベルディスカバリ…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

暗号化/ 「流出する」ことを前提とした情報漏洩対策ファイル暗号化ソリューションとは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「暗号化/ 「流出する」ことを前提とした情報漏洩対策ファイル暗号化ソリューションとは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30009039


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ