知っているようで知らない、もう1つの2025年問題とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2016/09/23
ウソ?ホント? ……みんなで投票!噂(うわさ)のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #091

「2025年になると、企業の“ある業務”が完全に止まる」って本当?

ちまたの諸説は

 2025年になると、日本では超高齢化社会が進むことで、いろいろと問題が発生するといわれている。そして、IT業界でも大きな問題が発生するというウワサが……。
 企業によっては特定の業務が完全に停止してしまうというが、これって本当?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当だと思うよ
電話関係でしょうか? そうであれば、停止されるサービスと提供される代替えサービスの内容によって、業務が止まることがあるように思います。
(40代・男性)

電算担当の私は50代後半で、部下がいないため、定年したら会社のサーバの管理は誰がするのだろうか?
(50代・男性)

結構重要な部品を町工場の職人が作っていて、若い人はその特殊な技術を継承できていないないそうなので。
(50代・男性)

「特定の技能職がいなくなる」という話ではないかと愚考します。
(40代・男性)

2025年が正しいかは不明だが、何らかの社会影響がある巨大なシステムが停止する可能性は高いと思う。
(50代・男性)
ウソだと思うよ
あの“ノストラダムス”の時でさえ、騒いだわりには何もなかったので、今回も“オオカミ少年”で終わるのではないでしょうか。
(50代・男性)

2000年も大した問題がなかったので、特にないと思う。
(50代・男性)

2025年、定年制度はなくなり、働きたい人は何歳までも働ける時代になってるでしょ。逆に、今より仕事が増えていたりして。
(60代・男性)

止まるのが分かっていて指をくわえて見ているようでは、止まっても差し支えない業務かな。
(50代・男性)
問題があっても乗り切れる
うるう秒やうるう年がなんとかなっているのですし、きっとなんとかなる……はず。
(30代・女性)

2000年問題のような感じでしょ? 対策をサボっている企業が被害を受けるという……。ITベンダーのある意味で“稼ぎ時”かな。
(40代・男性)

「2025年問題」というのは聞いたことありますが。とはいっても事前に対応しておおむね何とかなるものでしょう。
(30代・女性)

既に問題が顕在化しているのならば、2025年までには対策が進むでしょ。
(30代・男性)

それをITで解決するのです! AIやロボットが何とかしてくれる。頭のいい人たち、頑張って。
(30代・男性)
労働人口が低下するから?
どんどん高齢化が進んでいるので何かしら影響がありそうです。
(30代・男性)

2025年は高齢化進展の目安となる年らしい。あと9年でどこまで進むのか、自分も定年後になるので、なんとなく身につまされます。
(50代・男性)
引退してるから関心なし
2000年問題は俺たちが何とかしたんだ。2025年問題があるのなら君らが何とかしてくれ。
(40代・男性)

団塊の世代が……ということがあるのは知っていますが「企業の業務が」というのは知りません。
(50代・男性)

そのころには完全に引退しているので、多少のインフラ支障でもなんとか生きていると思います。あと10年か……。
(60代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「未来のお客さま」を見つけ、育てる「フルファネルマーケティング」のすすめ 【AdRoll】 「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目 【AdRoll】 標的型攻撃対策で注目のデジタルフォレンジック、効果を最大化する先進技術とは 【富士通株式会社】
CRM CRM その他ネットワークセキュリティ関連
展示会などでリードを収集してナーチャリングし、営業案件へ育てていく。そんなB2Bマーケティングが、最近頭打ちになっているという。打開策はどこにあるのか。 「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目 標的型攻撃対策で注目のデジタルフォレンジック、効果を最大化する先進技術とは

新着特集


車載プラットフォームのオープン標準を目指す注目のプロジェクト「Automotive Grade Li…



働き方改革をちゃんと展開するには? 必要な道具を最小限に減らしながら、利便性を高め、コスト効率を良く…



 ガートナージャパンは10月12日、「日本におけるロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)…


新着セミナー

「設計・計画・生産管理」製造業の基幹システム全て見せます 【日立ソリューションズ】  

開催日 11月15日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

生産・販売・原価管理統合パッケージ「mcframe」は500社以上の製造業様への導入実績を誇り多種多様なニーズにお応えできる基本機能と高い柔軟性・カスタマイズ性…

ホストもオープンレガシーも!モダナイゼーション徹底攻略 【システムズ】  

開催日 11月15日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ITモダナイゼーションはぜひ取り組みたい、しかし、どこから着手すべきか……。当社にはそういうご相談が増えています。システム再構築の方法論を考える前に、当社が最優…

基本機能無料の「SKUID」でクラウドのパスワードを1つに 【主催:GMOグローバルサイン/協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 10月26日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

【対象者】・中堅・中小企業の情報システム担当者。・Office365や、サイボウズ、SalesforceCRM、GoogleAppsなど、複数のクラウドサービス…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 知っているようで知らない、もう1つの2025年問題とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 知っているようで知らない、もう1つの2025年問題とは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30009031



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ